Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 関塚隆監督交代と長谷部茂利監督代行就任
« 2016年 J2 第25節 ジェフ千葉vs清水エスパルス 0-2からの逆転も痛恨の再逆転負け | メイン | 2016年なでしこリーグカップ 第9節 ジェフレディースvs日テレ・ベレーザ 点差以上の完敗 »

関塚隆監督交代と長谷部茂利監督代行就任

2016年7月29日

ジェフユナイテッド市原・千葉

日曜日の清水エスパルス戦の翌日に、関塚隆監督の交代が発表されました。清水戦では、一度は逆転しながらも最終的に負けてしまいました。

この負けをもって、今シーズンの残り試合数を鑑みての監督交代のようです。

スポンサードリンク

関塚監督は、川崎時代にJ2優勝、そしてJ1で2度の2位という躍進を果たしました。さらに、ロンドン五輪では4位入賞と輝かしい成績を残していました。

ただ、その翌年にジュビロ磐田の監督に就任したものの、J1残留を果たす事は出来ませんでした。翌年、ジェフの監督に途中交代で就任して3位にまで順位を押し上げました。最後は、山形とのプレーオフ決勝で敗れて、J1昇格はなりませんでした。今思えば、2014年のプレーオフで昇格していれば、少しは違ったかなとも思いますね

翌2015年は、J2陥落以来最低の9位という成績に終わりました。序盤は好調だったものの、後半戦は負けが多くなってしまいました。年間15敗は多すぎました。今シーズンも25試合を戦って既に8敗という事で、負け数が多い状況でした。

高橋GMなんかの話によると、清水戦の負けで交代を決めたようです。残りの試合数を考えて、これがギリギリのタイミングという判断だったようです。

ただし、関塚監督交代となり、長谷部茂利コーチは、監督代行という事のようです。これは、関塚監督の契約の関係もあるのだとか。ただ、監督代行のまま今シーズンはいくようです。目標としてはJ1昇格プレーオフ進出してのJ1昇格ではありますが、最低限はここから勝ち点27を積み上げるということだそうです。

来年監督を継続するかどうかは、その結果、手腕を見ての判断になるようで、来シーズン監督が代わる事もあるのだとか。

新米監督の長谷部監督代行がどの程度やれるのかは、まったくの未知数です。正直なところ、プレーオフ進出まで持っていければかなりの儲けものという気がします。今シーズン、残りの17試合がどのような結果になるかはわかりませんが、場合によってはなんの実りもない可能性もあります。来シーズンは新監督で一から作り直しになるかもしれません。

長谷部監督代行には、非常にハードルが高くなってしまいますが、プレーオフ進出まで持ち込めれば、J1昇格まで行けずとも、来シーズンには繋がるかもしれません。とにかく、残りのシーズンでどれだけ上まで上がれるか見守っていくしかないでしょう。

今回の監督交代劇で、気になったのが「犬の生活」の西部さんの記事です。

西部さんが気にしていたのは、今回の監督交代というよりも、今シーズンはじめに関塚監督を続投させた事のようです。昨シーズンはクラブ史上最低の成績だった訳なので、その監督を残してまで、選手を入れ替えるたのはどういう事なのだろうかという話です。

関塚監督の留任に関しては、現前田社長や、高橋GMは絡んでないんですね。既に就任時には決まっていた事のようです。それをふまえても、なぜなんだろうという疑問が残りました。

最後になりますが、関塚監督お疲れ様でした

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。