Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvsベトナム女子 五輪逃すも6発快勝
« 2016年 J2 第2節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 長澤追撃弾も追いつけず | メイン | リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvs北朝鮮女子 時代の終わりを見届ける »

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvsベトナム女子 五輪逃すも6発快勝

2016年3月 8日

リオ五輪女子サッカー アジア最終予選

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvsベトナム女子の試合をNHKの中継を録画してテレビ観戦しました。

この試合の直前に行われた、中国vs韓国の試合で中国が勝利したため、日本のリオ五輪出場は消滅しました。結果的に、消化試合とはなりましたが、この予選での初勝利を狙います。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこの先発は、GKに山下、CBに田中明日菜と岩清水、右SBに中島、左SBに有吉、ボランチに上尾野辺と川村、右SHに川澄、左SHに大野、2トップに高瀬と岩渕という布陣でした。

まずは前半3分、なでしこのFK。混戦になるがシュートには持ち込めず。前半5分には、ベトナムがFK。放り込んでこないで短くつないできたが、これはなでしこがボールを奪う。

前半11分、中島のシュートは相手に当たってCKとなる。このCKは、はねかえされるが、拾い直して、再度上尾野辺がクロスをあげる。最後は田中のスルーパスから岩渕がシュートもポストに当たってしまう。

前半15分、なでしこのFKは、はねかえされる。さらに、ミスからボールを奪われてカウンターとなるが、最後はなんとかボールを奪い返して、事なきを得る。

前半16分、大野のシュートは左に外れる。

試合途中から、中島がボランチに回って、上尾野辺が左SB、有吉が右SBに回る。

前半20分、大野の落としを、岩渕がシュートも相手に当たってCKに。このCKは、ショートCKから、中島がクロスをあげて、田中が頭で合わせるがGKに当ててしまいゴールならず。

前半27分、岩渕が右サイドからカットインしてシュートも左に外れる。前半33分、岩渕からのボールを川澄が受けて、落としたボールを高瀬がシュート。これは、川澄がオフサイドの判定となる。

前半39分、上尾野辺がカットしたボールから素早く縦にボールを入れる。中島が受けて左サイドからの低いクロスを岩渕がシュート。これが決まってなでしこが先制する。

だが、前半41分、岩清水がペナルティエリアでファウルの判定となりPKを与えてしまう。このPKを決められて、ベトナムに追いつかれてしまう。

前半44分、川村のミドルシュートは、GKが体になんとか当てて防ぐ。さらに、前半45分、川澄から戻したボールを有吉がひろってクロスを上げる。岩渕が受けたボールをひろった大野がシュート。これが決まって、2-1と勝ち越しに成功する。

前半は、このまま2-1で折り返す。

後半2分、右から岩渕がクロスも逆サイドに抜ける。これをひろった大野が折り返すが相手にあたってしまう。
後半3分、なでしこのCK。川村がニアですらして、大野がシュートも上に外れてしまう。後半4分、なでしこのCKは、GKが直接キャッチする。

後半8分、右サイドからの中島のクロスに、岩渕が頭で合わせるが、バーの上を越える。後半10分の中島のミドルシュートはバーに当ってしまう。

後半17分、なでしこのCK。ショートCKから川澄がクロスをあげるが、はねかえさえる。

後半21分、岩渕に代えて横山、高瀬に代えて大儀見を投入する。

後半22分、川澄からのクロスは、大儀見に合わず。後半22分、なでしこのCK。ショートCKからの上尾野辺のクロスに、大儀見がヘディングシュートもGKがキャッチする。

後半23分、左サイドからのクロスに、中島が受けるがトラップが長くなりGKが先にキャッチする。

後半28分、左サイドからの中島のクロスに、大儀見がヘディングシュートも上に外れる。後半29分、中島のスルーパスから大儀見がぬけ出すが、これはオフサイド。

後半31分、左サイドから横山が突破して折り返すが、GKがキャッチする。後半33分、なでしこがゴール正面からのFK。上尾野辺が直接狙うが上に外れる。

後半35分、左サイドでボールを受けた大儀見からのクロスに、川澄が頭で合わせてゴールを奪う。3-1と突き放す。

後半36分、横山のシュートはブロックされる。後半38分、中島のシュートは相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれる。

後半40分、ベトナムのFK。GKとDFの間に落ちるがそのままラインを割る。

後半40分、中島に代えて宮間を投入する。

後半45分、大儀見が前で受けてキープ。戻したボールを宮間がシュート。こぼれたボールを横山が押し込んでゴールを奪い5-1とする。

後半48分、宮間とのワンツーから川澄がクロスをあげると、大儀見がボレーで合わせて豪快にゴールを奪い6-1とする。

試合は、このまま6-1でなでしこジャパンが勝利した。

戦評

序盤からなでしこが圧倒的に攻める時間が長く放っていたものの、この予選を通じてみられるように、なかなかゴールが奪えない展開となりました。

ミスパスからベトナムにボールを奪われてピンチの場面もあったものの、シュートまで持ち込ませはしませんでした。やっと、ゴールを奪ったのが前半39分。岩渕がGKの股を抜くシュートでした。ただ、この直後にPKからベトナムにこの予選の初ゴールを献上してしまいます。主審の判定は厳しかったものの、ペナルティエリア内に簡単に侵入を許してしまったところから始まっていました。

それでも大野のゴールで前半のうちに勝ち越せたところで、後半は落ち着いて試合を進められました。

後半もなでしこが圧倒しましたが、追加点はやはり遅い時間。途中出場の大儀見から、川澄がドフリーで待ち受けてのヘディングでした。ここは、確実にGKの足元を狙って決めてくれました。

ここからは、ようやくのゴールラッシュ。中島、横山、大儀見と3ゴールを奪って、最終的には6-1と大差の勝利となりました。

リオ五輪への出場が消滅し、今大会限りで現体制は最後となる見通しとなりました。この試合は、次へ向けての第一歩となるべき試合でした。苦戦はしたものの、しっかりと勝ち切って最終戦に臨めるのはよかったと思います。

次戦のは、いよいよ最終戦となります。一つの時代が終わろうとしている今、最後の試合を白星で飾れるかどうかの大事な一戦となります。最後は、勝って笑顔で終わりたいものです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。