Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvsオーストラリア女子 痛恨の初戦敗北
« 2016年 J2 第1節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 千葉愛で負け試合を勝ちに持ち込む | メイン | リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvs韓国女子 勝ち点3逃し崖っぷちに »

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選 なでしこジャパンvsオーストラリア女子 痛恨の初戦敗北

2016年3月 1日

リオ五輪女子サッカー アジア最終予選

いよいよ、リオ五輪女子サッカーアジア最終予選が始まりました。

6チーム中、2チームがリオ五輪本戦に出場できる狭き枠です。女子サッカーでは、アジアは強豪国がひしめき合っている事もあり、なでしこジャパンとしても簡単な予選ではありません。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこの先発は、GKに山根、CBに岩清水と熊谷、右SBに有吉、左SBに鮫島、ボランチに阪口と宮間、右SHに川澄、左SHに中島、2トップに大儀見と大野という布陣でした。

開始3分、オーストラリアが右サイドから攻め込むがシュートは山根が抑える。

前半4分、なでしこのFK。低いボールを蹴るが、オーストラリアがクリアしてCKとなる。このCKは、はねかえされたボールを中島が展開して右に展開。宮間がクロスをあげるがはねかえされる。

前半7分、オーストラリアが裏にボールを通すが、鮫島が対応。倒されてファウルとなる。

前半12分、川澄からのクロスを阪口が受けて、大儀見を経由して中島に渡るがオフサイドとなる。

前半14分、オーストラリアが左からボールを入れるが、これは山根がキャッチする。

前半16分、鮫島が左サイドを抜けだして、中央の阪口へ。阪口がミドルシュートもこれは防がれる。

前半22分、オーストラリアが遠目からシュートも左に外れる。さらに、前半25分、オーストラリアが右サイドからのクロス。連続してシュートを打たれるが、なんとか防ぎきる。しかし、再度右サイドからクロスを入れられると、これをヘディングで合わせられゴール右上に決められてしまう。

前半26分、大儀見がミドルシュートも、ゴール右上に外れる。前半34分、オーストラリアのFK。直接狙うが左に外れる。

前半39分、大野に代えて横山を投入する。

前半40分、阪口からサイドを変える横パスが主審に当たって、これがオーストラリアにひろわれてしまう。このまま、ゴール前まで持ち込まれてシュート。オーストラリアに2点目を奪われる。

前半43分、なでしこのCK。ショートCKからつないで川澄がクロスもクリアされる。

前半47分、中島が左サイドからサイドを変えるパス。これを受けた川澄から裏へパスを通して有吉が折り返す。これを阪口がシュート。こぼれを大儀見が押し込んでゴールを奪う。

前半は、なでしこが1-2とリードを許して折り返す。

後半早々の2分、オーストラリアのシュートはバーの上を越えます。

後半3分、中島のクロスはクリアされてCKに。このCKは、大儀見がニアですらすが、はねかえされる。このボールを拾って、右サイドからのクロス。最後は、阪口がミドルシュートも防がれる。

後半6分、右サイドから横山が突破して折り返しを狙うがCKに。このCKは、はねかえしたボールを中島がシュートも、ブロックされる。

後半11分、オーストラリアが遠目からのFK。これは、なでしこがはねかえして、カウンターを狙うが攻めきれず。

後半12分、中島がミドルシュートもGKがキャッチする。さらに、後半13分、鮫島が縦にボールを出して、横山からの横パスを受けた中島がミドルシュートも枠を外れる。

後半16分、鮫島が左サイドからクロスもクリアされる。さらに、宮間がミドルシュートを狙うがGKのファインセーブで防がれる。
なでしこのCKは、ニアにボールを送るがクリアされる。

後半22分、なでしこは左サイドからのクロス。有吉が拾って折り返すが、シュートまで持ち込めず。

なでしこが攻勢に出ていたが、オーストラリアが選手交代からペースを取り戻す。そして、後半33分、オーストラリアが右サイドからのクロスを入れると、なんなく頭で合わせられてゴールを許してしまう。1-3と突き放される。

後半37分、左からの鮫島のクロスに、阪口がシュートもGKの正面となる。

後半39分、鮫島に代えて岩渕、川澄に代えて川村を投入する。岩渕が2トップに、横山が右SH、宮間が左SH、ボランチに川村が入って、中島が左SBに下がる。

後半41分、横山が右サイドからドリブルで突破も、はね返される。最後は、川村がミドルシュートもバーの上を越える。

後半44分、なでしこのFK。直接狙うがGKが防ぐ。さらに、なでしこのCK。川村が頭に当てるものの、はね返さえる。

後半48分、右サイドからボールを入れて、宮間がシュートもブロックされる。後半48分、大儀見のシュートはGKがキャッチする。後半49分、なでしこのFK。直接狙うが左に外れる。

試合は、このまま1-3でオーストラリアが勝利した。

戦評

非情に痛い初戦での敗戦となりました。2点目は審判にボールが当たって相手にボールが渡ってしまう不運なものでしたが、1点目と3点目は完全に相手にポジションを取られて頭で合わされました。GKとしても、とどかない位置でノーチャンスでした。

前半から、積極的にプレッシャーをかけて囲い込んではいたものの、中々取りきれないシーンが多かったように思います。うまくボールを奪っても、すぐに奪い返されたり、すぐに味方に展開できなかったりとリズムがつかめませんでした。

オーストラリアは、なでしこを相当研究してきたようで、宮間のところにはかなり厳しくやってきました。なでしこのストロングポイントを出させませんでした。さらに、ホーム開催ではありますが、寒風吹きすさむ中での試合で、なでしこにとってはやりにくい気候だったとも思います。

前半のATで1点を返して、後半も押している時間があっただけに同点に追いついていれば、試合はどうなったかわからなかったですね。それでかえに3失点目は悔やまれます。

さらに、交代も遅かったですね。岩渕は、かなり早くから準備していたんですが。横山がトップでボールが収まっていたことと、サイドで岩渕を使うとなると、守備面での不安があるという事もあったのでしょう。反撃するには時間がなさすぎました。

ただ、北朝鮮も韓国と引き分けて勝ち点1止まりという事で、次の韓国戦に勝てばまだまだ可能性はあります。悪い流れを断ち切るためにも次の韓国戦には絶対に勝たないといけません。一つ勝てれば、ここのところ相性のいい中国と、この中では少しレベルが下るベトナムとの対戦で連勝という筋書きも見えてきますから。

とにかく、次の試合が大事になります。切り替えて、なんとしても勝ちたい一戦です

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。