Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > ジェフユナイテッド2016
« 2016年シーズン J1順位予想 | メイン | 2016年シーズン J2順位予想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフユナイテッド2016



REVOLUTION NEXT 25

ジェフユナイテッド市原・千葉の2016年シーズンがいよいよ始まります。
今シーズンの補強動向の振り返りと今シーズンの展望を書いてみたいと思う。

移籍動向

それでは、移籍動向から振り返ってみたいと思います。

ご存知のように、2015-2016のオフは大量の入れ替えがありました。練習生から途中加入した、能登、河津、伊藤は1年で満了となりました。また、鈴木隆行が現役引退となっています。

スポンサードリンク

また、レンタルで加入していた、松田、高木、岡、安がそれぞれレンタルバックとなっています。松田や、高木は主力だっただけに痛いですが、J1でもう1度チャレンジしたいという気持ちもあるでしょう。

シーズン終了直後から噂されていたとおり、太亮が磐田に移籍となりました。太亮にとっては、再びJ1でチャレンジするいい機会だと思います。個人昇格1号となりました。

契約満了となった、田代と栗山がそれぞれ山形へ移籍となりました。この2人がCBを組む可能性もありますね。佐藤祥が水戸へ移籍。伊藤も水戸へ移籍となっています。祥くんに関しては、秋田が買い取るかとも思いましたが、水戸行きとなりました。

アカデミー出身という事もあり、残念がる人も多かった訳ですが、既に主力となっている井出に対して出遅れた感はありました。体格的なところで苦労した面もあったように思います。

佑昌は甲府へと移籍となりました。福岡復帰もあるかと思いましたが、甲府行きになりましたね。

金井は、念願でもあったと思う横浜復帰を決めました。昨シーズン終盤は先発から外れていたとはいえ、試合に出続けていたので功を奏した形になったと思います。

健太郎は京都へと移籍となりました。相手にするとちょっと嫌ですね。

森本が川崎へ、大岩と水野が仙台へ、ネイツが大宮へ、キムが福岡へとそれぞれ個人昇格を決めています。森本は地元でもある川崎への移籍ということと、得点王の大久保と同じチームになるという事で、今度こその再生が出来るかということですね。

大岩、水野はJ1チームで、チャレンジする事になりました。大岩は、CBとSBの両方が出来るという事も大きいのでしょう。水野は、柏、甲府時代にもJ1でプレーしていますが、怪我などの影響もあり出場機会が限られたので、今度はチームを引っ張っていく立場としてがんばってもらいところです。

ネイツはチーム得点王ではありましたが、J1昇格できなかった場合には、他チームからのオファーを受けるという条項があったようです。かつてのチームメイトもいて、やりやすいとは思います。1年Jリーグを経験した事で、順応は出来たでしょうし。

キムは、守備の柱として期待されましたが福岡移籍となりました。キムの移籍は予想外だったので、正直驚きました。

その他、谷澤がレンタルで町田へ移籍となりました。浦田が、短期レンタルでブラジルへ。パウリーニョが湘南へレンタル移籍となりました。

ここまで、大規模な移籍になった背景には、これまでの移籍金が財政を圧迫していたという影響があったようです。内情はわかりませんが、森本などは契約期間が残っている中での移籍で違約金が発生しているのではと思います。そこで移籍金の回収に当たっていたのでしょう。

ただし、キムや大岩などは、予定外の移籍ではあったようです。それも含めての大規模移籍となりました。

2015年のチーム編成

続いて、今シーズンのチーム編成をみてみたいと思います。チーム編成からみても、ほとんどの選手が移籍加入となりました。

まずはGKから。岡本が残留となったほかは新加入の選手となっています。今シーズンのキャプテンとなった佐藤優也、ルーキーの大野、レンタルで藤嶋が新たに加入しています。おそらく、優也が中心となる事に間違いはないでしょう。岡本にも、チーム生え抜きとして頑張ってもらいたいですね。

DFは、北爪と乾が残留しています。CBでは、近藤、多々良、大久保、若狭、イと候補が多いですね。若狭や多々良はSBでも使えるという事で誰が出場するかはわかりません。SBでは阿部と比嘉が加入となっています。阿部は左SBのレギュラーで間違いないでしょうね。

右SBは、北爪、比嘉の他に、多々良や若狭という候補がいます。ここは、どういった人選になってくるんでしょうか。

アカデミーから岡野が加入となっています。乾ともども、壁は大きいでしょうが、試合に出れるときがくればと思います。

MFは、勇人、富澤、井出、町田が残留、京雅くんがレンタルバックとなっています。山本、アランダ、小池、長澤が加入しています。

ボランチ候補はちばぎんでも出場した、アランダ、山本、勇人、富澤が候補となりそうです。練習では、町田も試しているようですが。
アランダが中心となりそうですが、相方はそれぞれ持ち味があってチョイスが難しいですね。また、アランダ不在時を考えても4人で刺激しあってくれればと思います。

SHとして、長澤、小池、井出、町田というメンバーが入りそうですね。町田は、SHではなかなか結果を出せていないので、どうなりますか。

FWは、阿道が残留となりました。エウトン、船山、吉田に、最後に菅嶋も加わりました。エウトン、船山には、ぞれぞれ2桁得点の期待がかかります。吉田、阿道といったところを含めて4人で30~40得点を稼いでくれるといいんですが。菅嶋は若いですが、練習試合ではゴールを決めていて、早いうちに出番がありそうです。

FPは、誰が出ても遜色のないメンバーがそろったと思います。ここまでは順調な仕上がりを見せていますが、J2はやはり始まってみないとわかりませんね。TMやPSMでは負け無しで来ましたが、そこまで引いてくるチームや、運動量で押し込んでくるチームとの対戦はなかったと思います。

序盤戦で早々に勝っていって欲しいですが、まずはGW明けくらいからの試合運びでしょうね。チームも研究されてくるでしょうから、それを上回るパフォーマンスを見せれるか。昇格争いは、夏以降で上位に残れているかを見てからではないと安心は出来ません。昨シーズンは、序盤で好調でしたがそのあと失速してしまいましたから。

なんだかんだで新シーズンの開始が楽しみに

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-06-15~2018-06-21

最近のエントリー

  1. 2018年W杯 グループリーグ一巡目終わっての順位表
  2. 2018年W杯 コロンビアvs日本 大迫の決勝弾で南米勢に歴史的1勝
  3. 2018年 J2 第19節 ジェフ千葉vs愛媛FC 前半戦ホームラストゲームを勝利で飾る
  4. ロシアW杯開幕 ロシアvsサウジアラビア/エジプトvsウルグアイ
  5. 日本vsパラグアイ 乾の活躍でW杯前最終戦を白星で
  6. 2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 セットプレーからの2失点で完敗
  7. スイスvs日本 得点奪えず完敗
  8. 2018年なでしこリーグ 第9節 ジェフレディースvs長野レディース 2点差を追いつかれ引き分け
  9. 2018年 J2 第17節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC 指宿2発も痛恨のAT被弾でドロー
  10. 日本vsガーナ 国内最終戦は希望なき敗戦
  11. 2018年 J2 第16節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 3発逆転で完勝
  12. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  13. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  14. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  15. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  16. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  17. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  18. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  19. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  20. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6