Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2015年 J2 第8節 愛媛FCvsジェフ千葉 厚い壁を破れず初黒星
« 2015年 J2 第7節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 若き才能の開花 | メイン | ACL2015 グループリーグ ラスト1 »

2015年 J2 第8節 愛媛FCvsジェフ千葉 厚い壁を破れず初黒星

2015年4月20日

一意専心

2015年 J2 第8節 愛媛FCvsジェフユナイテッド市原・千葉をスカパーオンデマンドで視聴しました。

ここまで7戦無敗で首位に立ちましたが、愛媛の監督は2012年にジェフの監督だった木山さんです。この関門を突破できるかどうか!?

スポンサードリンク

試合展開

ジェフの先発は、GKに高木、CBに大岩とキム、右SBに金井、左SBに太亮、ボランチに勇人とパウリーニョ、右SHに井出、左SHに佑昌、トップ下にネイツ、トップに森本という布陣でした。

金井が先発に戻って、佑昌が怪我のあった谷澤に代わって入っています。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第8節 vs愛媛FC. 先発フォーメーション
9.森本
11.ネイツ
26.井出
7.佐藤勇
5.パウロ
6.田中
13.金井
20.キム
2.大岩
17.中村
21.高木

愛媛は3バックだが、5バック気味、さらに3ボランチと守備的な布陣で挑んできた。

序盤、愛媛の速攻を回避するべくファウルとなり、愛媛にFKのチャンスとなるが、ここはしっかりと跳ね返す。

ジェフが徐々にボールポゼッションで上回るものの、愛媛のブロックが固くなかなか前にボールを入れる事が出来ない。

前半13分、この状況を打開すべくパウリーニョがミドルシュートもバーの上を越える。

なんとか、両サイドからボールを送るものの、決定機は作れないまま時間が過ぎる。

途中から、佑昌が右SHに、井出が左SHに回る。

前半30分、左サイドからのクロスに森本がヘディングで流すが相手に当たってゴールならず。
このCKから、連続してCKの場面となるが、シュートに持ち込めず。

愛媛は、終盤にシュートの場面があったが枠を外れる。

前半は、このままシュートも生まれず、0-0で折り返す。

後半、愛媛がやや攻勢にでてくるものの、チャンスは作られせず。

ジェフのCKのチャンスは、愛媛ディフェンスに跳ね返される。
逆に、愛媛にもCKのチャンスがあったが、ここは防ぎ切る。

後半13分、右サイド、ネイツからのクロスに金井が受けてシュートも枠を外れる。

後半13分、佑昌に代えて谷澤を投入する。

谷澤投入で、ジェフが主導権を握る展開となるが、決定機はなかなか作れない。

セットプレーのチャンスもゴールにはつながらず。逆に愛媛は後半23分、右サイドからのクロスを瀬沼にヘディングで合わせれてゴールを決められてしまう。

後半24分、井出に代えて水野を投入する。

水野は、連続してミドルシュートを狙うが、GKの正面となりゴールならず。

後半32分には、太亮がシュートを狙うがGKにキャッチされる。

後半37分、勇人に代えて阿道を投入する。パウリーニョの1ボランチとなる。

後半45分、阿道のシュートはバーの上を越える。さらに、終了間際の金井のシュートも防がれてしまい万事休す。

このまま愛媛が1-0で勝利した。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第8節 vs愛媛FC. 試合終了時フォーメーション
9.森本
11.ネイツ
19.オナイウ
29.水野
5.パウロ
8.谷澤
13.金井
20.キム
2.大岩
17.中村
21.高木

 

戦評

いやぁ、見事に木山さんの術中にはまってしまいました。愛媛の5バック+3ボランチの壁を破れませんでした。

前半は、なかなかボールを入れる場所がなくて、迷いがおおく見られました。その影響もあって、速い攻撃というのが出来ない状況でした。
愛媛の方も速攻時のミスもあって、攻撃としてはそれほど怖くはありませんでした。

前半終わってシュート数が1-2という試合なので、カッチカチの試合だなぁという印象でした。

後半になっても流れは大きく変わらず。後半の序盤は愛媛が少し布陣を変えて前に出てきましたが、途中からはもとに戻しています。

中盤では、パウリーニョを経由しての攻撃が出来ませんでした。なかなか、ボールを入れる事が出来なった事もあり、大きな変化がなかなか出せませんでした。

パウリーニョだけではなく、ネイツも愛媛のDFには苦しんでいたように思います。

後半、谷澤が入ってきて、攻撃が活性化してきたものの、先に愛媛に点を取られたのは痛かったと思います。最悪でも0-0で終えたいゲームでした。

ここまで無敗だったジェフですが、これまでも試合終盤まで無得点という試合があって、毎試合得点はしていましたが、そこまでの爆発力はありませんでした。

そういった事もあり、しっかり守られると得点が奪えないというのはハッキリしたように思います。

愛媛のように、ここまで割り切って守備に重点を置いてくるチームがどこまでいるかはわかりませんが、他のチームにとっても一つのヒントになったかもしれません。

このタイミングで1つ負けたのは、まだそれほど悪くはないと思います。次の試合でしっかり勝って連敗しない事が大事になってくるでしょう。
相手は、首位の磐田。昨年は結果的に1つも勝てなかったので、今年はぜひ勝ちたちところです。

愛媛のように守備を固めるようなチームではないので、愛媛戦の教訓というようなものは関係ないかもしれませんが、もう1度今シーズンの戦い方を整理しておきたいところです。

選手評価
GK 高木 6.0
DF 大岩 6.0
DF キム 6.0
DF 金井 6.0
DF 中村 6.0
MF パウリーニョ 5.5
MF 勇人 5.5
MF 井出 5.0
MF 谷澤 6.0
MF 田中 5.5
MF 水野 5.5
FW ネイツ 5.0
FW 森本 5.5
FW オナイウ 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。