Top > 話題別 > 日本代表 > アジアカップ2015 日本vsパレスチナ 4発快勝スタート
« 2014年 観戦記録まとめ | メイン | アジアカップ2015 日本vsイラク きっちりと勝利で決勝トーナメント王手 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップ2015 日本vsパレスチナ 4発快勝スタート



アジアカップ2015

アジアカップ2015 日本の初戦 日本代表vsパレスチナ代表の試合をNHK BS1の生中継でテレビ観戦しました。

少し間が空きましたが、振り返ってみたいと思います。

パレスチナは格下ではありますが、大会初戦という事もあり出来るだけ早く得点をして楽にしたいゲームでもありました。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と森重、右SBに酒井高徳、左SBに長友、アンカーに長谷部、CMFに香川と遠藤、右FWに本田、左FWに乾、トップに岡崎という布陣でした。

日本代表
アジアカップ2015 vsパレスチナ代表 先発フォーメーション
4.本田
9.岡崎
18.乾
7.遠藤
17.長谷部
10.香川
21.酒井高
22.吉田
6.森重
5.長友
1.川島

試合は序盤から日本が主導権を握る展開となりました。

開始早々の1分には、左サイドからの長友のクロスに岡崎が落として本田がシュートも、これはオフサイドの判定。

この後も日本が攻め続ける展開となり、前半8分。ぽっかりとフリーになっていた遠藤がグラウンダーのミドルシュートを左隅に決めて日本が先制します。

パレスチナは単発でのシュートはあるものの、ほとんど反撃ができない状態でした。

先制してしばらくは、なかなかシュートチャンスのなかった日本でしたが、20分を過ぎると再び攻勢に出ます。

前半23分には、ゴール前でのFK。本田が直接狙うものの落ち切らずバーの上を越えてしまいます。

前半25分には、左サイドから長友が攻め込み乾から香川にボールが渡ると思い切りの良いミドルシュート。このボールに岡崎が頭で合わせて日本が2点目を奪います。

日本はセットプレーのチャンスがあるもののゴールは奪えず。

前半35分、長友からの乾に強いパス。これを岡崎に渡すものの岡崎のシュートはバーの上を超えます。

さらに前半38分、日本のFKは遠藤から本田にわたり収まるものの、シュートに持ち込めず。

前半42分、日本のCK。遠藤からのショートCKで香川につなごうとしたところを倒されてファウルをとられPKとなります。
このPKを本田が追いついて決めて、3点目をあげます。

前半は3-0と日本がリードして折り返します。

ハーフタイムには、乾に替えて清武を投入し、そのまま左FWに入ります。

パレスチナが、思い切って遠目からシュートを狙うもののバーの上を超えます。

後半4分、遠藤のミドルシュートはGKが触ってCKとなります。
このCKから香川に渡り、クロスをあげると吉田が高い打点からのヘディングシュートを決めて4-0とします。

後半13分、遠藤に代えて武藤を投入します。武藤が左FWに入って、清武がインサイドハーフに入ります。

後半18分、清武のシュートは枠を外れます。

日本が攻め込むものの、なかなかシュートに持ち込めない展開が続きます。

後半25分にはゴール前で再びFKのチャンスも本田のキックはゴール上に外れてしまいます。

後半33分、清武がミドルシュートを狙うもののバーの上を越えます。

後半34分、岡崎に代えて豊田を投入します。

後半37分、パレスチナがFKから、ヘディングシュートも枠を外してくれて助かります。

後半ATには、左サイドから長友が折り返して清武がシュート。さらに、こぼれ球から連続シュートも相手GKの活躍もありゴールは奪えず。

さらに、CKのチャンスもゴールを奪えず、試合終了となります。

日本は大会初戦を4-0の快勝でスタートしました。

日本代表
アジアカップ2015 vsパレスチナ代表 試合終了時フォーメーション
4.本田
11.豊田
14.武藤
10.香川
17.長谷部
8.清武
21.酒井高
22.吉田
6.森重
5.長友
1.川島

戦評

まずは4-0と幸先の良いスタートを切りました。4点目を奪うところまではよかったと思います。

ただ、遠藤が退いてからは中々攻撃がスムーズに運びませんでした。攻撃的な香川と清武があのポジションに入ったことで、少し前がかりになりすぎたのかもしれません。

長谷部がボールの配給係に回るなどすればよかったと思うのですが、香川も清武も良くも悪くも前に重心がいっていましたから。

そのほかでは、本田もまだ本調子ではないかなという感じでした。2度のFKもあっさりと外してしまいましたし、少し判断が遅い場面もありました。

攻撃面では、遠藤のミドルシュートもさすがでしたが、岡崎の得点はすごかったですね。最初、岡崎が触ってるのに気づきませんでしたが、しっかりと頭でコースを変えてました。

次戦はグループリーグ最強といえるイラクが相手となります。日本よりも若い選手が多いものの、守備も安定していましたし、スピードもあって怖いチームです。

日本は、この試合に向けて、もう一つギアを上げていかないといけないでしょうね。

出来れば勝ってグループリーグ突破を決めてしまいたいところです。

選手評価
GK 川島 6.0
DF 森重 6.0
DF 吉田 6.0
DF 酒井高 5.5
DF 長友 6.5
MF 長谷部 6.0
MF 遠藤 7.0
MF 清武 5.5 
MF 香川 6.0
FW 本田 5.5
FW 岡崎 6.5
FW 武藤 5.5
FW 乾 6.0
FW 豊田 -

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. アジアカップ2019 日本vsウズベキスタン 逆転勝利でグループリーグ首位突破
  2. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  3. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  4. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  5. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  6. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  7. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  8. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  9. 2018年 観戦記録まとめ
  10. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる
  11. FCWC'18 準々決勝 鹿島アントラーズvsグアダラハラ 3発逆転で準決勝進出
  12. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  13. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  14. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  15. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  16. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  17. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  18. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  19. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  20. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6