Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsホンジュラス ベテラン復帰で6発圧勝
« 2014年 ナビスコカップ決勝 広島vsG大阪 ガンバが2度目の優勝 | メイン | 2014年 J2ラスト2 »

日本vsホンジュラス ベテラン復帰で6発圧勝

2014年11月15日

日本代表 vsホンジュラス,vsオーストラリア

日本代表vsホンジュラス代表の試合をテレビ朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。

ベテランの遠藤、長谷部らを招集。豊田や乾らの復帰組も含めて、どういう試合になるのかというところでした。

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と森重、右SBに内田、左SBに酒井高徳、アンカーに長谷部、CMFに香川と遠藤、右FWに本田、左FWに武藤、トップに岡崎という布陣でした。

スポンサードリンク
日本代表
vsホンジュラス代表 先発フォーメーション
4.本田
9.岡崎
14.武藤
7.遠藤
17.長谷部
10.香川
6.内田
22.吉田
6.森重
3.酒井高
1.川島

前半早々から、日本がペースを握る展開となる。

前半7分、武藤が左サイドで仕掛けてCKを奪う。このCK、ニアで岡崎が潰れて、内田が飛び込んできたところにファーサイドに流れたボールに吉田が頭で押し込んで日本が先制する。

その後も、日本がボールをもってペースを握る展開が続く。

それでも、20分すぎからはホンジュラスが攻勢に出てくる。ホンジュラスのミドルシュートには、ワンタッチあってCKに。そのCKは、防ぎきる。

前半27分、本田が右サイドから切れ込んでシュートも相手にあたって枠を外れる。

その後、日本が再びペースを掴み始めるがシュートに持ち込めない。

前半39分、左サイドで香川、武藤とボールが繋がって、クロスに内田が飛び込むがわずかに届かず。

前半40分、ホンジュラスのボールを長谷部がカットし、ボールは本田の元に。本田がそのまま独走してGKと1対1を流し込み2-0とする。

さらに、前半41分には、本田が右サイドからドリブル突破して香川へぱす。香川のシュートは、わずかに左に外れる。

前半44分、左サイドで、本田、岡崎、酒井高徳でボールを回して、最後は本田が戻したボールに遠藤が強烈なシュートを決める。

3-0と突き放して前半を折り返す。

HTに武藤に代えて乾を投入する。

後半早々の2分、乾が左サイドを持ち上がって中央の岡崎へ。岡崎から遠藤に戻して右サイドの本田に渡るとそのままドリブルで持ち上がり切れ込みながらクロスを送ると、走りこんでいた乾がワンタッチで流し込みゴール。乾の代表初ゴールで4-0とします。

この後は、ホンジュラスがセットプレーなどで、押し込む展開が続きます。

ホンジュラスのCKは、しっかりと防ぎ切ります。

後半18分、岡崎に代えて豊田を投入します。

後半24分、本田が右サイドを突破して、香川へ。香川はシュートに持ち込めなかったが、こぼれたボールを豊田が流し込んでゴールを奪う。豊田も代表初ゴールを奪う。

後半25分、遠藤に代えて柴崎を投入します。

日本のCKのチャンスもゴールには繋がらず。

後半30分、長谷部の縦パスからから本田、香川、豊田がからんで、最後は乾のシュートが決まって6-0とします。

後半33分、長谷部に代えて田口を投入します。

後半34分、香川が長いボールで本田に展開すると、本田がドリブルで持ち込みんでパス。走りこんできた豊田がシュートもGKに防がれてしまいます。

後半36分には、川島に代えて西川を投入します。

後半40分、日本のFKに、本田が直接狙うが相手GKが防いでゴールならず。

結局、このまま日本が押し切り、6-0で圧勝しました。

日本代表
vsホンジュラス代表 試合終了時フォーメーション
4.本田
11.豊田
8.乾
20.柴崎
13.田口
10.香川
6.内田
22.吉田
6.森重
3.酒井高
12.西川

戦評

思わぬ大勝となりました。前半早々に奪った、得点で全体的に落ち着いてプレーが出来ました。

途中、ホンジュラスに押し込まれる場面もありましたが、そこを凌ぎ切って前半のうちに勝負を決めてしまいました。

本田のゴールも、遠藤のゴールも素晴らしかったです。

おまけに、後半は乾、豊田に代表初ゴールが生まれて、攻撃面ではいいところが目立ちました。

気になったのは、香川ですかね。顔はあちこちで出してましたが、今日の試合では最後のボールの精度が欠けて自身のゴールは生まれませんでした。

アンカーに起用された長谷部はさすがでしたね。ドイツで様々なポジションを経験していたせいか、意外とフィットしてました。
遠藤は、少し前目のポジションだった事もあり、こちらもいきいきとプレーしてました。おまけに、遠藤らしくない弾丸シュートまで決めてくれました。

彼らベテランに刺激されたの、柴崎や田口もいいプレーでした。

今日の試合でいい結果が出た事もあり、次のオーストラリア戦では、サブだったメンバーが起用されそうです。本大会でも当たる相手だけに、手の内は隠しておきたいというのもあります。

とはいえ、オーストラリア相手でも勝ちたいですね。アジアカップ前最後の試合を白星で終えられるかどうかは大事になりそうです。

選手評価
GK 川島 6.0
GK 西川 -
DF 森重 6.0
DF 吉田 6.5
DF 酒井高 6.0
DF 内田 6.5
MF 長谷部 6.5
MF 遠藤 7.0
MF 柴崎 6.0 
MF 香川 5.5
MF 田口 -
FW 本田 7.0
FW 岡崎 5.5
FW 武藤 6.0
FW 乾 6.5
FW 豊田 6.0

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。