Top > 話題別 > Jリーグ > 2014年 ナビスコカップ決勝 広島vsG大阪 ガンバが2度目の優勝
« ホンジュラス、オーストラリア戦 日本代表発表 | メイン | 日本vsホンジュラス ベテラン復帰で6発圧勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年 ナビスコカップ決勝 広島vsG大阪 ガンバが2度目の優勝



2014年ナビスコカップ決勝

Jリーグヤマザキナビスコカップの決勝戦 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪の試合をフジテレビの生中継でテレビ観戦しました。

広島は初優勝を賭けて、ガンバは7年ぶりの優勝を賭けて戦います。昨年、J2で戦っていたガンバがこの舞台にやってくるとは思いもよりませんでした。

既に、リーグ戦と天皇杯を失っている広島に対して、ガンバはリーグ戦優勝と天皇杯の3冠のチャンスがあります。

試合経過

序盤は、やや広島が優勢に試合を進めます。開始4分には、寿人がヘディングシュートも枠を外れます。

スポンサードリンク

ガンバは、右サイドを中心に反撃に出ます。米倉が積極的に上がっていきます。

対して、広島はやや後方に重心をおきながらも、広島らしいパスワークで攻め立てます。

前半16分には、広島がボールをつないで、ゴール前まで迫るものの最後のシュートはGKがキャッチします。

さらに前半19分、ゴール前で岩下がハンドを取られて広島にPKのチャンス。これを佐藤寿人が決めて、広島が先制します。

同点を狙うガンバが攻め立てるものの、なかなかゴールが奪えません。

前半27分、ガンバがボールを繋いで、最後は阿部がシュートもGKが抑えます。

前半32分、広島は裏にボールをおくるものの寿人が東口と交錯し、ファウルを取られてしまいます。

前半33分、ガンバは宇佐見とパドリックのパス交換から阿部がループシュートを狙うものの、相手に阻まれてしまいます。

前半35分、広島は山岸からのクロス。一度は跳ね返したものの、最後は寿人が押し込んで広島が2-0と突き放します。

だが、前半38分、ガンバは左サイドから遠藤がクロスを送るとパドリックが頭で合わせて1点を返します。

前半は、このまま2-1で広島がリードして折り返します。

後半は、1点を追うガンバが押し気味に試合をすすめます。

後半5分のパドリックのシュートは、林が防ぎます。さらに、後半6分には阿部がシュートも林が抜群の反応で防ぎます。

しかし、後半9分の宇佐見のクロスに、パドリックが頭で合わせてガンバが同点に追いつきます。1点目と同じ形でしたが、広島は防げませんでした。

同点に追いついたガンバがさらに攻勢のまま試合を進めます。

広島も反撃に出るものの、なかなかシュートまで持ち込めません。

後半20分、山岸が切れ込んでシュートもバーの上を越えます。

後半26分、ガンバの攻撃。阿部のシュートのこぼれに大森が頭で押し込んで、ガンバが逆転に成功します。

広島は、山岸に代えて清水、寿人に代えて森崎浩二を投入して打開をはかるもののゴールに結びつきません。

後半33分、パドリックのヘディングシュートはGKの正面となります。

後半37分、広島が左サイドから折り返してシュート。相手に当たったように見えたがゴールキックの判定となります。

広島は、柴崎に代えて皆川を投入します。ガンバは疲れの見えてきた宇佐見に代えて、リンスを投入します。

広島は、長いボールを放り込んできて、同点弾を狙いますが、ガンバ守備陣に跳ね返されてシュートに持ち込めません。

結局、最後まで広島の攻撃を跳ね返し続けたガンバが勝利し、7年ぶりのナビスコカップ優勝となりました。

戦評

今回のこの決勝戦、サンフレッチェ広島には寿人や山岸、水本、そしてガンバ大阪には米倉、倉田と元ジェフの選手がいて、どちらも頑張って欲しいという感じで観ていました。

元ジェフ同士では、山岸とヨネのマッチアップは面白かったですね。まぁ、守備面ではヨネはかなり危うかったですが、テレビで観ている限りはPKを取られてもおかしくない場面もありました。

攻撃面、特に前半は米倉の攻めこむ場面が目立っていました。ガンバには宇佐見もいて、ヨネをフリーにしてしまう場面もありましたが、よく抑えましたね。

前半は、寿人の決定力というものが目立ちました。このまま広島がいくのかと思いましたが、パドリックの2得点で追いついてしまいました。

フィジカルコンディションがよいのか、ほとんどの場面でパドリックが競り勝っていました。広島としては、パドリックを抑えきれなかったのが敗因の一つでしょう。

ガンバは、前半中盤を菱型にする形でしたが、後半にいつものリーグ戦と同じくダブルボランチにして、大森を投入してから非常によくなりました。後半は、広島が攻撃でなかなか見せ場が作れなかったくらいに押し込んでいました。

宇佐見は要所要所でいい動きはしていましたが、パドリックの同点弾をアシストした場面以外はあまり目立った活躍はなかったように思います。
前半から、広島の守備陣に苦しめられていた感じでした。

個人的には、ジェフ時代にヨネにはタイトルを取らせてあげられなかったので、ようやく初タイトルを取ってくれてよかったかなと思います。

かつて、ジェフもガンバとナビスコカップを賭けて戦いましたが、その舞台にまた戻りたいという思いは毎年決勝の舞台を見ると思いますね。
来年、J1に上がれば、ジェフにもチャンスがあるわけなので、まずはJ1昇格の切符を手にしたいところです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-19~2018-04-25

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6