Top > 話題別 > 日本代表 > ホンジュラス、オーストラリア戦 日本代表発表
« 2014年 J2 第39節 ジェフ千葉vsジュビロ磐田 悔しい引き分けに成長を感じる | メイン | 2014年 ナビスコカップ決勝 広島vsG大阪 ガンバが2度目の優勝 »

ホンジュラス、オーストラリア戦 日本代表発表

2014年11月 5日

日本代表 vsホンジュラス,vsオーストラリア

ホンジュラス戦、オーストラリア戦の日本代表が発表となりました。

ちょっと、これまでのアギーレ監督の傾向からすると意外な人選もありました。

スポンサードリンク

それでは、メンバーを見てみましょう。

GK
川島 永嗣(スタンダール・リエージュ)
東口 順昭(ガンバ大阪)
西川 周作(浦和レッズ)
DF
森重 真人(FC東京)
太田 宏介(FC東京)
西 大伍(鹿島アントラーズ)
内田 篤人(FCシャルケ04)
吉田 麻也(サウサンプトン)
塩谷 司(サンフレッチェ広島)
酒井 高徳(VfBシュツットガルト)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
松原 健(アルビレックス新潟)
MF
遠藤 保仁(ガンバ大阪)
今野 泰幸(ガンバ大阪)
長谷部 誠(フランクフルト)
香川 真司(ボルシア・ドルトムント)
田口 泰士(名古屋グランパス)
柴崎 岳(鹿島アントラーズ)
FW
豊田 陽平(サガン鳥栖)
岡崎 慎司(1.FSVマインツ05)
本田 圭佑(ACミラン)
小林 悠(川崎フロンターレ)
乾 貴士(フランクフルト)
武藤 嘉紀(FC東京)

まず、内田、遠藤、今野といったブラジルW杯のメンバーが復帰しました。

内田は怪我などの影響で呼ばれていませんでしたが、このタイミングで遠藤、今野が呼ばれたのは意外でした。
ガンバで好調という事もあるのでしょうか!?

その他では、豊田、乾といったところが代表に復帰しました。

今回は、初選出のメンバーはおらず、前回から入れ替わったのは招集歴のある選手のみの構成となりました。

一方、引き続き招集されているメンバーでは、塩谷、田口、柴崎、小林、武藤といったところで、10月の試合でまずまずのインパクトを残した選手たちとなっています。

ベテラン勢が復帰してきて、1月のアジアカップに向けてどういったメンバー構成になるかわからなくなってきました。結果が求められる大会だけに、アギーレ監督も若手を呼ぶよりも力の判っている選手をという選考になってきたのでしょうか。

11月14日に豊田スタジアムでホンジュラス代表と、11月18日にヤンマースタジアム長居でオーストラリア代表との試合があります。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。