Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2013年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編
« 2013年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編 | メイン | 2013年 総括 ジェフ千葉 FW編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編



ジェフユナイテッド市原・千葉

2013年シーズンの振り返りのジェフ千葉編。今回は、MF(ボランチ、トップ下)編をやってみたいと思います。

ボランチ編

ボランチは、シーズン当初は、健太郎、勇人、兵藤がコンビを組む形でした。谷澤がトップ下に入る事が多く、兵藤がボランチをつとめるケースが多かったです。

スポンサードリンク

兵藤をボランチに置くことで、ボールをさばいてもらうという狙いだったとは思いますが、守備面ではやや不安もありました。そういう意味では、健太郎の方が潰してくれるので、まだよかった気もします。

シーズン途中から、ジャイールが先発から外れる事が多くなり、トップ下に兵藤を起用する事が多くなりました。ボランチは、勇人と健太郎のコンビに変わります。

勇人と健太郎のコンビはバランス的にはよかったですが、攻撃時は勇人辺りがあがっていってもらいたい場面もありました。ただ、米倉がSBに入った事もあって、サイドのケアもしなければならず。なかなか、ボランチが攻撃に絡む場面は少なかったように思います。

こういった部分が考慮されたのか、6月以降は健太郎と大介がコンビを組むようになります。大介は徳島戦でのゴールなど、この時期が一番良かった気がします。

8月に入って勝ち星から遠ざかると、勇人がボランチに復帰してきます。シーズンを通して健太郎の相棒が変わっていきました。

終盤戦、最後の6試合は健太郎と山口慶がコンビを組みました。慶は運動量も豊富で、サイドで米倉のケアをしつつ、ボールサイドに顔を出して潰してくれるので、いいリズムを作ってくれました。

この他、スクランブルのときは、町田がボランチに入る事もありました。守備面では不安はありますが、町田のボランチはボールがさばけて悪くはなかったと思います。

シーズンを通して、健太郎と兵藤、勇人、大介、慶とコンビが変わりました。それぞれに特色があるわけですが、逆に言えば最適なバランスが見つけられなかったというのもあったと思います。
これは、ボランチだけの問題ではなく、序盤戦ではジャイール、そして米倉が右SBに入ったところで、ボランチがどこまでケアするというがあったと思います。守備力を重視するのか、攻撃面も含めてトータルで考えるのかというところで中々最適解が見つけられなかったのだとは思います。

勇人は、2013年シーズンは出たり出なかったりでしたが、不本意な1年だったのでは!?と思います。最終的に、プレーオフも出場せずにJ2残留が決まってしまった訳ですから。ただ、逆に2014年シーズンはやってくれるのではないでしょうか!?

シーズン終盤、先発で活躍した慶は、ずっと出れなかった訳ですから、よく腐らずがんばったと思います。プロフェッショナルな活躍をみせてくれました。2014年シーズンは、米倉が抜けたので役割的には慶でなくてもというところが出てくるかもしれません。ただ、慶のような選手がサブでもベンチ外でもいてくれる事はチームにとっては重要だと思いますね。

トップ下編

トップ下もシーズンを通して変わっていきました。序盤戦では、谷澤がトップ下に入る事が多かったですが、その後兵藤が入るようになりました。

兵藤は、運動量が今ひとつというところはありますが、ボールがさばけるのでこれはこれで悪くはなかったと思います。ただ、ポジション的には、もう少しゴールが欲しかったかなという気はします。

兵藤が怪我で離脱すると、大塚がトップ下に入るようになりました。古巣のガンバ戦でゴールをあげるなど、ブレイクしかけました。

大塚にとって不運だったのは8月以降なかなか勝ち星を伸ばせなかった中で、天皇杯でいい動きをみせた町田にポジションを奪われてしまったところでしょうね。

大塚自身、それほど悪くはなかったのですが、町田がトップ下に入ってからチームにリズムも生まれたというところで出番が減ってしまいました。さらに、途中出場時になかなか大塚のいい面が出せなかった事でベンチからも外れる事が多くなりました。

大塚は、先発で出ていた方がリズムが作りやすいんでしょうね。町田と大塚を共存させるという事が出来なかったのは少しもったいなかった気がします。
町田の場合は、リンクマンとして広範囲に動くイメージですが、大塚の方はトップとの絡みでシュートも狙えるタイプでしたから、ポジションは同じでも役割は大分違うと思います。

この2人が先発で活躍してくれた事は、鈴木監督の功績の一つだとも思います。もちろん、江尻コーチが鍛えあげてくれた事もあるでしょう。

2014年シーズンは、キャンプでどちらがいい動きを見せるかでしょうね。町田がボランチに入れば、大塚トップ下という可能性もありますが、前線が2トップの場合はサイドでの起用になるでしょうか?!大塚は、サイドよりも中央の方が良かった気もしますから、使い方が難しいですね。

次回は、SHと1トップをやりたいと思います。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-17~2018-04-23

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6