Top > 話題別 > Jリーグ > 2013年 J1ラスト3 優勝争いをおさらい
« ベルギーvs日本 目指すべき道が見えた!!FIFAランク5位を撃破!! | メイン | Jリーグ観戦に行けば何かが変わるかもしれない »

2013年 J1ラスト3 優勝争いをおさらい

2013年11月21日

J.LEAGUE 20thロゴ

すっかりJ2に染まってますが、J1も残り3節という事で、架橋に入ってきました。

ちょっと、なかなかJ1の試合も観れてないので、あらためて順位表と優勝争いを確認しておきたいと思います。

首位の横浜Fマリノスが勝ち点59という事なので、残り3節で優勝の可能性があるのは6位の川崎までとなります。

スポンサードリンク

J1第31節時点での1位~6位のチームの勝ち点、得失点差、残り3節の対戦相手、勝ち点をどこまで積み上げられるかを表にしてみました。

  勝ち点 得失点差 32節 33節 34節 0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +9
横浜 59 +20 磐田 新潟 川崎 59 60 61 62 63 64 65 66 68
浦和 58 +18 川崎 鳥栖 C大阪 58 59 60 61 62 63 64 65 67
広島 57 +20 C大阪 湘南 鹿島 57 58 59 60 61 62 63 64 66
鹿島 56 +10 鳥栖 C大阪 広島 56 57 58 59 60 61 62 63 65
C大阪 53 +18 広島 鹿島 浦和 53 54 55 56 57 58 59 60 62
川崎 51 +10 浦和 大分 横浜 51 52 53 54 55 56 57 58 60

1位確定、 3位以上確定、 4位以下確定

残り3節の対戦相手をみてみると、最終節で6チームがそれぞれ直接対決となっています。おそらく、最終節前に脱落するチームもいるでしょうが、上位チーム相手との対戦という事で2位、3位チームにとっては勝てば逆転優勝の可能性もありおもしろい展開になりそうです。

勝ち点差を考えると、セレッソと川崎は1敗でもすれば脱落という事で、事実上は上位4チームの優勝争いとなるかもしれません。

首位の横浜は、磐田、新潟との対戦となり、比較的優位な状況だと思いますが、既に降格が決まっている磐田にしろ、新潟にしろ侮れないですね。

浦和は、川崎、セレッソと、広島は、セレッソ、鹿島との直接対決をそれぞれ残しています。ここで勝ち点を落とすと、横浜が優位になってきそうです。

鹿島は、鳥栖、セレッソと難敵が相手ですが、ここで2連勝すれば逆転優勝の可能性も十分ありそうです。

J1は今年も終盤まで優勝争いがもつれてきました、3位以上のACL出場権争いも合わせて目が離せない展開になりそうです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。