Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2013年 J2 第11節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 大逆転も勝ち点3を逃す
« ACL2013 浦和、仙台が最終節に望みをつなぐ | メイン | フクダ電子アリーナ周辺の商業施設への迷惑駐車はやめよう »

2013年 J2 第11節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 大逆転も勝ち点3を逃す

2013年4月30日

絶対J1!

J2リーグ 第11節 京都サンガF.C.vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をJ Sports3の録画中継を撮っておいてテレビ観戦しました。

試合自体は、TwitterのTL上で経過を追ってはいたのだが、前半はあまりいいイメージではなさそうという印象だった。特に、2失点目辺りは、絶望感漂うといった雰囲気だったのだが。

まさか、そこから2得点して折り返すとはという感じでしたね。後半は外出していたのでTLは見てなかったのでわからないが、これらも踏まえて観ていました。

スポンサードリンク

試合展開

ジェフの先発は、福岡戦と変わらず。GKに岡本、CBに智と竹内、右SBに米倉、左SBに大岩、ボランチに勇人と健太郎、右SHに佑昌、左SHに谷澤、トップ下に兵藤、トップにケンペスという布陣だった。

先週は連戦という事もあり、ジャイールを外してきたと思われたが、この試合もジャイールはサブに回った。また、ナムが怪我から復帰してベンチ入りしていた。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第11節 vs京都サンガF.C. 先発フォーメーション
6.田中
37.ケンペス
39.谷澤
7.佐藤勇
10.兵藤
16.佐藤健
11.米倉
3.竹内
5.山口
15.大岩
1.岡本

序盤、京都がボールを支配しジェフゴールに迫る展開。立ち上がりに久保にシュートを打たれる場面もあったが、なんとか凌ぎ切った。

ジェフも、ケンペスがボールカットからゴール前まで迫るなど、チャンスは何度かあり、ボールポゼッションでは京都が上回っていたがシュート数ではそれほど差がなかった。

ただ、ジェフの方は、中々前線のケンペスに収まらなくなり攻め手がなくなってきていた。京都もチャンスは作っていたが、ジェフがよく守っていて得点を許さない。

京都がペースを握る中で迎えた前半25分。京都がゴール前のFK。ボールを横方向にずらして、久保が放ったシュートがゴールに吸い込まれる。ジェフは壁をずらされて、ブロックにいけなかった。

ジェフは、右サイド、佑昌、勇人、佑昌と繋いでチャンスになりかかるがCKに逃げられる。CKのチャンスはゴールに繋がらず同点に追いつく事が出来ない。

逆に京都が34分、ジェフの右サイドを突破されて、この場面でオフサイドをアピールするが取りきれず、中央にボールを入れられると智と大岩もボールに触る事が出来ず。最後は横谷に押し込まれて2失点目。

オフサイドかとセルフジャッジしてしまった事もあるが、中央の2枚のところで止める事が出来なかったのも痛かった。

だが、ここからジェフの反撃が始まる。まずは前半40分。左サイドからのFKを大岩が大きく逆サイドに蹴ると、これに反応した米倉が右サイドを突破してゴール前に。そのままの勢いでゴールに蹴りこんで1点を返す。

さらに、前半43分には、GKからのボールを米倉が少しためてゴール前に浮き球のパス。これをケンペスがうまく頭で合わせてゴール。前半のうちに同点に追いつく。

後半、序盤はジェフがペースを握る展開となる。ただ、なかなかシュートまで持ち込む事が出来ない。

前半の終盤から、谷澤がトップ下に兵藤が左SHに回っている。

後半7分、右サイドから米倉がボールをいれてケンペスがヘディングで合わせるものの、相手GKのファインセーブでゴールならず。

その後も、ジェフが攻め続けるがゴールは生まれない。逆に、徐々に京都がチャンスの数を増やしてきた。

後半21分、大岩に代えて峻希を投入する。

ジェフは、後半24分CKからゴールに押し込んだかに見えたが、これはファウルを取られてノーゴール。

京都がカウンター気味に攻め込み、最後は宮吉がシュートも岡本が好セーブ。

後半28分、谷澤に代えてナムを投入する。そのナムがミドルシュートを放つなどチャンスはあったが逆転弾はならず。

それでも、後半36分、ケンペスが落としたボールを勇人がスルーパス。これに反応した佑昌がうまくコースをついたシュートで流し込む。ついにジェフが逆転に成功する。

その後、やや引き気味になってしまったジェフに京都が再三攻撃を仕掛ける。
後半42分、CKからの流れでゴール前が混戦に。岡本がハイボールを競り合って倒れていた事もあったが、最後はバヤリッツアが蹴りこんで京都に同点に追いつかれる。

さらに、智が足の違和感の為、キムと交代するアクシデント。

この後は、ゴールは生まれず。3-3の引き分けに終わった。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第11節 vs京都サンガF.C. 試合終了時フォーメーション
6.田中
37.ケンペス
10.兵藤
7.佐藤勇
23.ナム
16.佐藤健
11.米倉
3.竹内
20.キム
33.高橋
1.岡本

戦評

この試合、どちらかと言うと、京都の一人相撲的な試合だったなという印象がある。

前半、京都がらしいパスワークでジェフを押し込む展開が多かったが、流れの中ではゴールを奪う事が出来ず。ただ、先制点の場面は、ジェフ側からすれば完全に裏をかからてしまい、久保も落ち着いてシュートを打っていた事もあり、岡本もまったく届かない位置にゴールを決めた。

ジェフの2失点目は、TLを見る限りはかなり失望した声が多かった場面。ジェフのDF陣が一瞬反応が遅れた事もあったが、うまく引きつけて中央に折り返して横谷が流し込むだけの状況を作ったとも言える。

ジェフの2得点。いずれも、米倉がからんでのゴールだったが、スタートが逆サイドの深い位置のFKだったり、GKからのボールだったりという事もあってか、京都の選手が少し気を緩めていたような感じだった。

大岩のFKの場面は、米倉がゴールに近い位置まで既に走りこんでおり、しかもうまくボールをコントロールしてシュートまでの動作が速かった。京都の選手は少し反応が遅れていた。

2点目も、米倉がボールを受けた場面では、それほどプレッシャーがかかっておらず、右サイドを佑昌がダッシュした事もあり、そちらにも気をとられていた。米倉が簡単にゴール前にボールを入れたところをケンペスがうまくヘディングで浮かしてのゴールだった。

京都がボール回しで圧倒するのかと思いきや、少し気が緩んだようなプレーで簡単に同点に追いつかれてしまうなど、ここまでのリーグ戦同様に強いのか弱いのかよくわからないチームだなという感じがした。

ただ、2失点を喫してしまったジェフの選手たちが諦めてなかったというのが大きかっただろう。京都が隙を作るっていうのは折り込み済みだったのかもしれない。

前半はなかなかボールが回らなかったが、後半はジェフが優勢という展開となった。早い段階で逆転まで持って行きたいところだったが、逆転ゴールを奪ったのは終盤になってから。

京都の方も選手交代もあって、だいぶ攻勢に出てきている時間帯だったが、ケンペスが少し落ちてきて簡単に勇人にボールを預けたところを狙いすましたパスで佑昌のゴールをお膳立てした。勇人がいいところを狙っていたし、佑昌も落ち着いていた。

その後、ジェフが少し引き気味なってしまったが、逆転する前からも既に京都がボールを回しているときは一旦下がってブロックを作るような感じだったと思う。

失点場面は、CKからの流れで、京都に尽くボールを拾われたところからの失点だった。どこかで、大きく蹴り出せればよかったのだが、岡本が戻りきれないところを蹴りこまれてしまった。もったいないといえば、もったいないが、京都側の執念を感じたゴールでもあった。

ジェフが先制を許した試合で逆転まで持ち込んだのは昨年のアウェイ北九州戦以来という事らしい。それ以降、ジェフが勝った試合はいずれも先制点を奪ったゲームという事になる。

それを考えれば、一旦は逆転まで持ち込めたのは大きかった。しかも2-0でリードされた展開からの逆転というのは、久しく記憶に無い。

まだまだチーム状況とすればうまくいっているとは言いがたいが、こういった逆転を呼びこむような試合が出来れば、勝ち点3を取れるケースも多くなるだろう。
GW中の連戦でもあり、まずは次のホーム愛媛戦での勝ち点3。そして、連勝を狙ってもらいたい。

選手評価
GK 岡本 6.5
DF 竹内 6.0
DF 山口智 6.5
DF キム -
DF 米倉 7.0
DF 大岩 6.0
DF 峻希 5.5
MF 健太郎 5.5
MF 勇人 6.5 
MF 兵働 6.0
FW 田中 6.5
FW 谷澤 6.0
FW ナム 6.0
FW ケンペス 6.5

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。