Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > ジェフユナイテッド2013
« ACL 2013日程と中継予定 | メイン | ACL2013 Jリーグ勢は苦戦の船出 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフユナイテッド2013



絶対J1!

ジェフユナイテッド市原・千葉の2013年シーズン陣容が固まったところで、今シーズンの補強動向の振り返りと今シーズンの展望を書いてみたいと思う。

移籍動向

移籍情報 2012-2013

まずは、移籍動向だが、出て行った選手たち。

レンタル組の武田と荒田が返却。武田は鳥取に再レンタル、荒田は岡山に移籍となったので、今シーズンは敵として対戦する事になる。

武田は、渡邊が怪我で離脱中にレギュラーポジションを掴んでいたものの徐々に出場機会が減ってしまった。藤田とのコンビネーションも悪くはなかったが、ムラがあったのか木山監督の信頼を得るまでには至らなかったようだ。

荒田は木山監督が残れば完全移籍で迎え入れられてもおかしくなかったが、木山監督が続投しないという事もありレンタル延長もなく退団となった。シーズン当初は怪我で出遅れたりしたものお、藤田が怪我で離脱中には得点を取ってチームを救ってくれた事もあり残念だが新天地でがんばってほしい。

スポンサードリンク

孝太と益山はそれぞれ契約満了となってしまい、孝太は群馬へ、益山は岐阜へ移籍となった。両者ともに期待度が残念ながらジェフでは芽が出なかった格好になる。
自身のプレースタイルとチームとしての役割がなかなかマッチしなかった時もあり、伸び悩んでしまったのが悔やまれる。孝太は、アウェイの甲府戦でのゴールが忘れられない。野洲時代のチームメイトが活躍しているだけに、このままでは終われないでしょう。

オーロイは、すでに取り上げてるので割愛するが、どうやら古巣に戻る事が濃厚との情報。

Snart Aarøy-avklaring | Aftenposten.no

その他、佐藤慎之介が退団。岡本、櫛野の壁が厚かった事もあるが、同年代の大久保も入ってきており、4番手から脱却できず。ただ、すぐに移籍先が見つかったのはよかった。新天地で今一度再チャレンジしてもらいたい。

チームとしては予定外だったらしいが、藤田も移籍する事になった。監督が変わっても、軸になると思われていたという事もあり、藤田の抜けた穴を埋められるのか!?という事態になった。
その藤田は、ジェフとの練習試合でも得点を決めており、横浜でも2トップの一角としてチャンスを掴んでいるようだ。

2013年のチーム編成

続いて、加入選手について。

兵働が完全移籍で加入。本人も悩んだようだが、ジェフに移籍してくれた事に感謝したい。さらに、大塚も完全移籍で加入。大塚は、ガンバに戻るのかな!?と思っていたので、素直に驚いた次第。

藤本がレンタルから戻ってきたが、鳥取での怪我で出遅れていて、開幕には間に合いそうない。サイドバックの選手層を厚くするためにも、この人には活躍してもらいたい。
SBでは高橋峻希がレンタル延長。今年も右SBで活躍して貰いたい。

GKの碓井が加入。慎之介が退団した事もあって、4人目のGKをという事だろうが、清水時代の2011年には17試合に出場していて、櫛野、大久保と共に2番手争いに食い込んでくるかもしれない。

そして、何年ぶりだろうか!?という感じだが、開幕前に外国人選手枠が埋まるのは。

韓国のアンダー世代の代表経験のある、ナム・スンウとキム・ヒョヌン。そして、ブラジル人選手2人。ジャイールはKリーグにいたし、ケンペスは昨年セレッソでJリーグ経験もある。

藤田が抜けてトップの選手をどうするのか!?というのがあったが、ジャイール、ケンペスの加入で一応枚数は揃った形になった。

ポジション別にみると、GKは4人。岡本が今シーズンもレギュラーポジションをつかむ事になるだろう。怪我やサスペンドで出場できない事もあるかもしれないが、櫛野、大久保、碓氷と力のある選手が揃っていて安心できる。

DFライン。CBは、今年も山口智、竹内が軸になるだろう。大岩、良太、キムがここに絡んでくる事になるだろう。昨年、智が抜けた数試合で勝ち点を随分と落してしまったので、ここもレギュラー以外の選手がものすごく重要になってくる。

SBは、渡邊、峻希、山口慶、藤本、大岩、キム辺りか!?順当なら、右が峻希で、左が渡邊だが、渡邊は怪我が多いだけに、代わって入った選手が誰になるのか重要だ。

MFは、勇人、健太郎、大介、兵働に町田くん、佐藤祥くん、井手くんがいて、トップ下やSHだと谷澤やジャイール、佑昌、ヨネ、大塚、深井、ナムも入ってくる。
ここは選手層が厚く、いろいろな組み合わせが考えられそうだ。これだけメンバーが揃っていると、サブにも入れない選手が結構いて悩ましいところだ。

ボランチとしては、勇人、健太郎だろうが。トップ下の人材が多くいる事もあって、ちばぎんカップのように兵働がボランチに入るケースも多くなりそうだ。ちばぎんでは大きな穴にはならなかったが、守備面では兵働が入った場合に若干不安が残る。ちばぎんのときは勇人とのコンビだったが、健太郎とのコンビもみてみたい。

トップ下なのか2トップの一角なのかわからないが、ナム、大塚、町田くんが候補か!?兵働もできるし、ヨネも出来る。対戦相手との相性次第という事になるのか!?これだけのメンバーが揃っていると、祥くん、井手くんはなかなか出場機会を得られないのかな!?とも思ってしまう。練習試合なんかでは、がんばってるし、どっかのタイミングでサブに入れるくらいになれば面白いのだが。

両SHには、ヨネ、ジャイール、深井、大塚、佑昌、谷澤といったところか。ジャイールは2トップの一角でも出来そうだが、本人は左サイドが好きなようで、ちばぎんカップでもアシストも含めてよかった。
となると、深井はスーパーサブ的な役割が多くなるのかな、今年は!?シーズン通して戦う事を考えると、怪我人や累積警告で出場できない選手も出てくるだろうから、大塚、佑昌といったところが活躍してくれると助かるのだが。

トップは、ケンペス、戸島くん。場合によっては、谷澤やジャイールが入る事もあるだろう。
戸島くんは、背番号18を背負うわけだし、レギュラーポジションを取るつもりで頑張って欲しいな。

今シーズン、監督は変わったものの昨年からいる選手が多く、コミュニケーションのところではかなり取りやすいようだ。ちばぎんカップでは、DFラインの安定感は今年もありそうで、前の選手が点を取れるようならかなり期待出来るかもしれない。

何しろ、加入した外国人選手たちが、文字通りの助っ人になってくれそうな気配があり、元々いた選手たちもうかうかしていられないところ。
ただ、それでもJ2は難しいところがあって、ジャイールが引いた相手にどれだけやれるかとかまだ未知数だ。

キャンプ中から練習試合、PSMを振り返ると以下の様な成績となっている。

vsサガン鳥栖 4-2 (35分x4本)
vs済州ユナイテッドFC 0-4 (4本)
vs明治大学 4-1 (60分x2本) GOAL ジャイール、谷澤、大塚、米倉
vs柏レイソル 3-0 GOAL 米倉x2,ナム
vs関東大学選抜B 2-4 GOAL ケンペスx2
vs横浜Fマリノス 2-1 GOAL 米倉、大塚
vs仁川コレイル 3-0(4本) GOAL 米倉、深井、大塚

米倉の調子がすごくよさそうな気がする。ちばぎんでは出てなかったが、大塚もゴールが多くて期待できそうだ。

そろそろ、順位予想も多くされるようになってきていて、大方の予想ではガンバ大阪がやはり優勝候補の筆頭で、これに神戸、京都、千葉といったところがからんでくる予想が多いようだ。

プレーオフに進出した、横浜FCの評価も割と高い。ヴェルディも昇格争いには絡んでくるだろう。札幌は、監督が代わって選手も抜けてと厳しい予想をしている人が多いようだ。

3月3日の開幕戦で札幌と当たった後に、熊本、栃木という難敵とアウェイで対戦。ホームの鳥取戦をはさんで、アウェイのガンバ、ホームの北九州戦。3月だけで6試合をこなす事になる。GW前の4月21日までに10節が終わるという事で、序盤戦から早くも厳しい戦いの連続となりそうだ。

となると、アウェイのガンバ戦は序盤戦を占う一戦になるだろう。

GW辺りでのどのへんの順位につけているか!?なるべく上位にいたいところ。出来れば、首位に立っておきたい。

いよいよ、開幕間近。開幕戦のコンサドーレ札幌戦で勝利して勢い付けたい。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-17~2018-04-23

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6