Top > 話題別 > 国際試合 > ACL2013 Jリーグ勢は苦戦の船出
« ジェフユナイテッド2013 | メイン | Jリーグ初!!Googleストリートマップの撮影車がフクアリにやってくる!! »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ACL2013 Jリーグ勢は苦戦の船出



ACL2013

アジアチャンピオンズリーグ 2013年シーズンの第1節が行われ、Jリーグ勢は浦和レッズ,サンフレッチェ広島が負け、ベガルタ仙台がホームで引き分け、柏レイソルのみが勝利となった。Jでも優勝候補の浦和、広島が無得点で敗れ完敗。仙台もホームで引き分けともったいない試合となった。

録画を含めて中継観た3試合を簡単に振り返ってみる。

広州恒大vs浦和レッドダイヤモンズ

序盤、レッズが決定的チャンスも作っていた時間があったものの決めきれず。逆にカウンターからゴールを決められてしまった。

攻めるしかないレッズが、攻勢にでるがレッズの攻撃の仕方に慣れてきたのか、広州もなかなかチャンスを作らせなくなってきた。

後半もレッズのチャンスはあったが、またもカウンターからゴールを許してしまった。さらに、終了間際にもオウンゴールで失点。まさかの3-0完封負けとなった。

広州は、外国人選手3人だけでカウンターに持っていける強みがあり、まだJリーグも開幕前のレッズにとっては対処しきれなかった。

ポゼッションで上回っている事もあって、カウンターだけに注意すればいい状況でもあったが、頭で考えている以上にするどいカウンターだったのだろう。

シーズンが始まってしばらく経っていれば、リーグ戦でもカウンターでやられたりして慣れも出てくるのだろうけど、そこら辺のリスクマネージメントがまだ出来ていなかった。

ただ、広州は外国人選手以外も中国代表がずらっと揃っているようなチームなので、ほとんどナショナルチームと試合をしているようなもの。シーズン初戦としては、苦しい相手だったという事だろう。

ペトロビッチ監督がやりたいサッカーは出来てきているので、今後の巻き返しに期待したい。

スポンサードリンク

ベガルタ仙台vsブリーラム・ユナイテッド

雪の残る仙台での試合だったが、ブリーラムの動きが思ったよりよかった。寒さはあまり気にしてないようであった。

仙台が押し気味に試合をすすめてはいたが、今ひとつ乗り切れない。前半は膠着した試合展開になった。

後半、相手のハンドからPKをゲットし、梁勇基が決めて先制。これで、ようやく仙台がペースを握り始めてはいたが守りきれなかった。

CKからヘディングで決められて失点。この選手は、PKのときにハンドしてしまった選手で、見事にやり返された格好になった。

結局、1-1のドロー。ベガルタ仙台のアジアデビューは引き分け発進となった。

グループリーグ突破を考えれば、ブリーラム相手にホームで引き分けは痛すぎるが、アジア相手のゲームの難しさもわかったかもしれない。

昨シーズン出来ていた仙台のよさも残っていたし、Jリーグで試合をこなしていけばもっとよくなってくるだろう。

ただ、未経験の過密日程がどうでるかというのは気になるが。

サンフレッチェ広島vsブニョドコル

広島が、もう少しポゼッションで上回るかと思われたが、ブニョドコルもボールをかなり持てるチームで、両チームにチャンスがあるような展開だった。

一進一退の攻防だったが、広島はゴールを奪えず。逆にブニョドコルは前半終了間際にゴールを奪った。

後半、攻勢に出た広島だったが、ブニョドコルの守備も堅くゴールが奪えず。
逆に終盤カウンター気味に攻めこまれてゴールを決められてしまった。

Jリーグ王者の広島もホームで敗戦となってしまった。全体的には、少し慎重になりすぎたかなという感じがする展開だった。それでも前半を0-0で終えられれば違った展開になったかもしれないのだが・・・。

ブニョドコルも、ウズベキスタン代表の選手が大半で、こちらもナショナルチームと対戦しているような状況。対して、広島はJリーグチャンピオンではあるが、代表に選ばれている選手は西川、水本、寿人といった辺り。しかも、レギュラーではない。日本代表の主力が海外組で締められている事もあり、Jリーグのトップチームであっても代表勢で固められるケースは今やほとんどない状況。こればっかりはしようがないが、代表ではアジアでも勝てているのにクラブチームだと勝てないというところの要因の一つになっているのかもしれない。

関連エントリー
  • 2013年04月28日 ACL2013 浦和、仙台が最終節に望みをつなぐ
    ACLは第3節を終了。柏レイソルが3連勝を飾ったものの、他のJリーグ勢3チームは敗戦。昨年のJリーグ王者サンフレッチェ広島が3連敗の他、浦和レッズ、ベガルタ仙台も苦戦が続いている。今年もまたJリーグ勢の低迷している、なかなか勝てない状況だ。第3節を終えての順位表を確認してみる。
  • 2013年04月04日 ACL2013 柏レイソル3連勝もJリーグ勢の苦戦続く
    ACLは第3節を終了。柏レイソルが3連勝を飾ったものの、他のJリーグ勢3チームは敗戦。昨年のJリーグ王者サンフレッチェ広島が3連敗の他、浦和レッズ、ベガルタ仙台も苦戦が続いている。今年もまたJリーグ勢の低迷している、なかなか勝てない状況だ。第3節を終えての順位表を確認してみる。
  • 2013年02月26日 ACL 2013日程と中継予定
    いよいよ始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL) 2013年シーズンの日程とテレビ中継のグループリーグの日程とテレビ中継の放送スケジュールをおさらししておこうと思う。
  • 2013年05月01日 ACL2013 最終節 ムアントンvs浦和レッズ 浦和、仙台とも決勝T進出ならず
    ACLは第3節を終了。柏レイソルが3連勝を飾ったものの、他のJリーグ勢3チームは敗戦。昨年のJリーグ王者サンフレッチェ広島が3連敗の他、浦和レッズ、ベガルタ仙台も苦戦が続いている。今年もまたJリーグ勢の低迷している、なかなか勝てない状況だ。第3節を終えての順位表を確認してみる。
  • 2016年02月25日 ACL2016第1節 Jリーグ勢は1勝1分2敗
    ACL2016は第1節を終わって、Jリーグ勢は1勝1分2敗というスタートとなりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6