Topサッカー話 > ACL2013 最終節 ムアントンvs浦和レッズ 浦和、仙台とも決勝T進出ならず
« フクダ電子アリーナ周辺の商業施設への迷惑駐車はやめよう | メイン | ジェフ千葉 福岡戦番外編 »

ACL2013 最終節 ムアントンvs浦和レッズ 浦和、仙台とも決勝T進出ならず

2013年5月 1日

ACL2013

2013年シーズンのACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループリーグ最終節 CATVにて日テレG+のムアントンvs浦和レッズの試合をテレビ観戦した。

この試合、浦和が勝って、さらに裏の試合で全北が敗れれば、決勝トーナメント進出が決まる。

ムアントンvs浦和レッズ

序盤から、ボールを回すレッズだったが、思うように攻撃のスイッチが入らない。

しばしばムアントンにカウンターからチャンスを作られる展開になる。

長いボールから宇賀神を走らせるも、決定機は作れず。興梠が倒された場面はシュミレーションの判定。

さらに、興梠がボールを奪ってそのまま持ち込むも相手GKの判断がよくゴールを割る事が出来ず。

なかなかチャンスが作れなかった浦和だったが、前半の終盤にきてようやくシュートチャンスが訪れるが、ゴールを奪う事は出来ず0-0で前半を折り返す。

スポンサードリンク

後半、浦和がいきなり攻勢に出る。
森脇がミドルシュート。これは、相手GKが弾きだすが、このCKからゴールが生まれる。

CKは相手にクリアされるが、このボールを繋いで左サイドからのクロスに中央で那須がボレーで合わせる。これが決まり、浦和が先制する。

この後、浦和がムアントンを圧倒する展開となる。
FK、CKから連続してチャンスとなるが、追加点は奪えず。

後半22分には、興梠がGKにプレッシャーをかけこぼれたボールをマルシオが拾うがシュートは枠を外してしまう。

その後、試合は落ち着き、選手交代を交えて試合を優位に進める。
追加点こそ奪えなかったが、試合は浦和が1点のリードを守りきり勝利した。

浦和、仙台は決勝T進出逃す

ムアントンに勝利した浦和だったが、裏の試合で全北が広州と引き分け。全北と浦和の直接対決で負け越していた浦和が3位となり決勝トーナメント進出はならなかった。

同日、ユアテックスタジアム仙台で行われていた、ベガルタ仙台vs江蘇の試合は、仙台が先制したものの逆転をゆるし、こちらも決勝トーナメント進出はならなかった。

 

ACL2013 順位表

グループE
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 FCソウル 6 2 2 1 9 4 +5 11
2 ブリーラム 6 1 4 1 5 5 0 7
2 江蘇舜天 6 2 1 3 5 9 -4 7
2 ベガルタ仙台 6 1 3 2 5 6 -1 6
グループF
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 広州恒大 6 3 2 1 14 5 +9 11
2 全北現代 6 2 4 0 10 6 +4 10
3 浦和レッズ 6 3 1 2 11 11 0 10
4 ムアントンU 6 0 1 5 4 17 -13 1
グループG
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 ブニョドコル 6 2 4 0 6 3 +3 10
2 北京国安 6 2 3 1 4 2 +2 9
3 浦項スティーラーズ 6 1 4 1 5 6 -1 7
4 サンフレッチェ広島 6 0 3 3 2 6 -4 3
グループH
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 柏レイソル 5 4 2 0 14 4 +10 14
2 セントラルコースト 5 2 1 3 5 9 -4 7
3 貴州人和 5 1 3 2 6 7 -1 6
4 水原三星 5 0 4 2 4 9 -5 4

グループリーグ最終節前では、浦和レッズ、ベガルタ仙台に決勝トーナメント進出の可能性があったものの、いずれも敗退。
結局、日本勢で決勝トーナメントに進出したのは柏レイソルのみとなってしまった。

決勝トーナメント東アジア勢の組み合わせは以下のようになっている。

ブニョドコルvsブリーラム
柏レイソルvs全北現代
FCソウルvs北京国安
広州恒大vsセントラルコースト

内訳としては、韓国勢2チーム、中国勢2チーム、日本、オーストラリア、タイ、ウズベキスタンがそれぞれ1チームとなっている。

今季、ACLに向けてJリーグとしても遠征費補助などの対策をしたが、結果としては伴わなかった。グループリーグを勝ち上がったのが2年連続出場となる柏のみという事で、毎年コンスタンスにJリーグで結果をだいて出場し続けるのが大事になってきそうだ。

関連エントリー

関連するエントリ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。