Topサッカー話 > ACL2013 最終節 ムアントンvs浦和レッズ 浦和、仙台とも決勝T進出ならず
« フクダ電子アリーナ周辺の商業施設への迷惑駐車はやめよう | メイン | ジェフ千葉 福岡戦番外編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ACL2013 最終節 ムアントンvs浦和レッズ 浦和、仙台とも決勝T進出ならず



ACL2013

2013年シーズンのACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループリーグ最終節 CATVにて日テレG+のムアントンvs浦和レッズの試合をテレビ観戦した。

この試合、浦和が勝って、さらに裏の試合で全北が敗れれば、決勝トーナメント進出が決まる。

ムアントンvs浦和レッズ

序盤から、ボールを回すレッズだったが、思うように攻撃のスイッチが入らない。

しばしばムアントンにカウンターからチャンスを作られる展開になる。

長いボールから宇賀神を走らせるも、決定機は作れず。興梠が倒された場面はシュミレーションの判定。

さらに、興梠がボールを奪ってそのまま持ち込むも相手GKの判断がよくゴールを割る事が出来ず。

なかなかチャンスが作れなかった浦和だったが、前半の終盤にきてようやくシュートチャンスが訪れるが、ゴールを奪う事は出来ず0-0で前半を折り返す。

スポンサードリンク

後半、浦和がいきなり攻勢に出る。
森脇がミドルシュート。これは、相手GKが弾きだすが、このCKからゴールが生まれる。

CKは相手にクリアされるが、このボールを繋いで左サイドからのクロスに中央で那須がボレーで合わせる。これが決まり、浦和が先制する。

この後、浦和がムアントンを圧倒する展開となる。
FK、CKから連続してチャンスとなるが、追加点は奪えず。

後半22分には、興梠がGKにプレッシャーをかけこぼれたボールをマルシオが拾うがシュートは枠を外してしまう。

その後、試合は落ち着き、選手交代を交えて試合を優位に進める。
追加点こそ奪えなかったが、試合は浦和が1点のリードを守りきり勝利した。

浦和、仙台は決勝T進出逃す

ムアントンに勝利した浦和だったが、裏の試合で全北が広州と引き分け。全北と浦和の直接対決で負け越していた浦和が3位となり決勝トーナメント進出はならなかった。

同日、ユアテックスタジアム仙台で行われていた、ベガルタ仙台vs江蘇の試合は、仙台が先制したものの逆転をゆるし、こちらも決勝トーナメント進出はならなかった。

 

ACL2013 順位表

グループE
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 FCソウル 6 2 2 1 9 4 +5 11
2 ブリーラム 6 1 4 1 5 5 0 7
2 江蘇舜天 6 2 1 3 5 9 -4 7
2 ベガルタ仙台 6 1 3 2 5 6 -1 6
グループF
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 広州恒大 6 3 2 1 14 5 +9 11
2 全北現代 6 2 4 0 10 6 +4 10
3 浦和レッズ 6 3 1 2 11 11 0 10
4 ムアントンU 6 0 1 5 4 17 -13 1
グループG
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 ブニョドコル 6 2 4 0 6 3 +3 10
2 北京国安 6 2 3 1 4 2 +2 9
3 浦項スティーラーズ 6 1 4 1 5 6 -1 7
4 サンフレッチェ広島 6 0 3 3 2 6 -4 3
グループH
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 柏レイソル 5 4 2 0 14 4 +10 14
2 セントラルコースト 5 2 1 3 5 9 -4 7
3 貴州人和 5 1 3 2 6 7 -1 6
4 水原三星 5 0 4 2 4 9 -5 4

グループリーグ最終節前では、浦和レッズ、ベガルタ仙台に決勝トーナメント進出の可能性があったものの、いずれも敗退。
結局、日本勢で決勝トーナメントに進出したのは柏レイソルのみとなってしまった。

決勝トーナメント東アジア勢の組み合わせは以下のようになっている。

ブニョドコルvsブリーラム
柏レイソルvs全北現代
FCソウルvs北京国安
広州恒大vsセントラルコースト

内訳としては、韓国勢2チーム、中国勢2チーム、日本、オーストラリア、タイ、ウズベキスタンがそれぞれ1チームとなっている。

今季、ACLに向けてJリーグとしても遠征費補助などの対策をしたが、結果としては伴わなかった。グループリーグを勝ち上がったのが2年連続出場となる柏のみという事で、毎年コンスタンスにJリーグで結果をだいて出場し続けるのが大事になってきそうだ。

関連エントリー
  • 2013年04月28日 ACL2013 浦和、仙台が最終節に望みをつなぐ
    ACLは第3節を終了。柏レイソルが3連勝を飾ったものの、他のJリーグ勢3チームは敗戦。昨年のJリーグ王者サンフレッチェ広島が3連敗の他、浦和レッズ、ベガルタ仙台も苦戦が続いている。今年もまたJリーグ勢の低迷している、なかなか勝てない状況だ。第3節を終えての順位表を確認してみる。
  • 2013年04月04日 ACL2013 柏レイソル3連勝もJリーグ勢の苦戦続く
    ACLは第3節を終了。柏レイソルが3連勝を飾ったものの、他のJリーグ勢3チームは敗戦。昨年のJリーグ王者サンフレッチェ広島が3連敗の他、浦和レッズ、ベガルタ仙台も苦戦が続いている。今年もまたJリーグ勢の低迷している、なかなか勝てない状況だ。第3節を終えての順位表を確認してみる。
  • 2013年03月02日 ACL2013 Jリーグ勢は苦戦の船出
    ACL2013の第1節が行われた。日本勢は、浦和、広島が負け、仙台がホームで引き分けとなり苦しい出だしとなった。勝利したのは柏のみだった。
  • 2013年02月26日 ACL 2013日程と中継予定
    いよいよ始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL) 2013年シーズンの日程とテレビ中継のグループリーグの日程とテレビ中継の放送スケジュールをおさらししておこうと思う。
  • 2007年11月14日 レッズ ACL優勝
    浦和レッズvsセパハンの試合を、ビデオに撮ってみた。 前半、1点をリードしたとこ...
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6