Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2010年 J2 第34節 アウェイvs東京ヴェルディ 紙一重の勝利【J特】
« ジェフの残り火 | メイン | 江尻監督の退任 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年 J2 第34節 アウェイvs東京ヴェルディ 紙一重の勝利【J特】



味の素スタジアムまで、東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合を観に行ってきました。

味スタ来場

味スタに行ったのは、久しぶり。なんと、2008年の同じく東京ヴェルディ戦以来でした。
あの時は、0-3で負けちゃったけどね。

ヴェルディレジェンドと芸能人チーム

この日は、ヴェルディレジェントと芸能人チームで、エキシビションマッチが行われていました。まぁ、途中から観たので、ほとんど内容は観れませんでしたが。
久々の味スタはピッチが遠かったです。

スポンサードリンク

ゴール裏のジェフサポ達

この日の味スタは、バックスタンド側を中心にかなりの客入り。ジェフサポもかなり来ていたんですが、久しぶりに人数的にはアウェイ感がありました。
でも、メインスタンド側は結構ガラガラだったんですよね。ホームゴール裏は最終的に、アッパースタンドも開放したんですけどね。

試合前の選手整列

さて、試合です。ジェフの先発は、GKに岡本、CBに茶野と良太、右SBに坂本、左SBにアレックス、ボランチに山口と勇人、右WGに工藤、左WGに大介、トップ下に谷澤、トップに孝太という布陣でした。

JEF UNITED市原・千葉 (2010年 J2リーグ第34節 vs東京ヴェルディ 先発フォーメーション)
 29.青木(孝) 
28.伊藤10.工藤
 16.谷澤 
7.佐藤勇6.山口
3.アレックス2.坂本
33.茶野31.青木(良)
 1.岡本 

立ち上がり、なんとなくふわっと入ってしまった感じで、序盤に失点を喫してしまう。
人はいたんだけれど、最後平本のところまではついていけなくて、フリーでシュートを打たせてしまった。直前にブロックにまで入ってはいたんだが、勿体無い点だった。

だが、前半はむしろこの後が問題だった。いいところを探すのが難しいようなゲーム展開。
ボールはある程度持ててはいたのだが、シュートまで持って行けずに相手に逆襲を許してしまう展開。
守備への切り替えも遅いし、ボールの取り所に関する統一感がない。そのせいもあって、高い位置でボールを取ることが出来ずに、なんとか取れても自陣の深いところか、相手のシュートミスやパスミスでゴールキックになって、ようやくマイボールになるという感じだった。

ゴールキックからだと、どうしても攻撃を組み立てるのが難しくなってしまう。この日の前半は、セカンドボールもほとんど拾えなくて、非常に苦しい展開の前半だった。

この展開に手を打つべく、精彩を欠いていた大介に代えて、米倉を前半のうちに投入。前半はまだ効果が現れなかったが、これが後半効いてくる。

後半、状況としては前半と変わらないなという感じだった。
ただ、前半より少しアグレッシブにボールを取りに行けるようになった事、そしてセカンドボールへの反応も少しだけマシになってきた事もあり、徐々にジェフのリズムが出来てくる。

後半の5分過ぎ辺りからいいリズムとなってきていたところだった。この時間帯は、シュートまで持って行くケースもあり、なんとか同点に追いつきたい時間帯でもあった。

そうした中、後半15分のCK。本来ならアレックスが蹴るところだったが、坂本と勇人が機転を効かせて、素早いリスタート。坂本がシュートコーナーで、勇人へ繋ぐ。勇人がラインいっぱいからボールをあげる。逆サイドに残っていたアレックスがこれをボレーでたたく。このボールが相手GKの土肥の手を弾き飛ばす形になりゴール。
ジェフが同点に追いつく。

ジェフのCKのチャンス

ジェフのリズムになってきた辺りから、ヴェルディの方はミスが増えだし、バタバタしてきた印象がある。
さらに、同点に追いついた後、ジェフが押し気味に試合をすすめるようになる。

後半26分、こぼれたボールに勇人が反応。フリーでシュートを狙える位置。思いっきり打ちたい場面だったが、コンパクトに振り抜いてゴール右隅にシュートが決まって逆転に成功する。

後半31分には、谷澤に代えて、深井を投入。深井の切れ味あるドリブルは、この時間厄介だったと思う。

ジェフペースで試合はすすんでいたものの、安心してみていられないのが今のジェフ。ピンチもあったが、なのとか切り抜けていた。

ロスタイム直前には、孝太に代えてネットを投入。この後5分という長いロスタイムで、この交代が生きてくる。ネットが前線でボールを持てるので、同点に追いつきたいヴェルディにとっては非常に嫌な存在だったと思う。
長いロスタイム。耐える時間帯も、カウンターからチャンスもあったが、なんとか無失点で切り抜けて、見事に逆転勝利となった。

JEF UNITED市原・千葉 (2010年 J2リーグ第34節 vs東京ヴェルディ 試合終了時フォーメーション)
 20.ネット 
9.深井10.工藤
 22.米倉 
7.佐藤勇6.山口
3.アレックス2.坂本
33.茶野31.青木(良)
 1.岡本 

本当に、前半のジェフの出来を考えると、考えられないくらいの逆転劇だった。
実際、それほど、ジェフの出来が後半良くなったわけでもない。

ホントに、些細なところで、ちょっとづつ個々の選手が頑張った結果だった。ヴェルディは若い選手も多く、ジェフのリズムになってきたところでバタついてしまっというところもあり、その点では助かった部分もある。

同点弾のアシストとなった、坂本と勇人のプレー、そして逆転だった勇人のシュートは素晴らしいプレーでした。勇人の得点シーンは、"ここでシュートだ!!"というのと、"入れ!!"っていう思いが重なって、しかも見事に得点になったという事で久しぶりに感動した。

試合後の選手たち

この後の試合で、アビスパが大分にスコアレスドローになった為、勝ち点2縮める事となった。
甲府が昇格を決めて、残るJ1への椅子は一つ。ヴェルディを追い落とし、横浜FCも自滅。これで、アビスパとジェフのマッチレースの様相となってきた。
残り4節、ジェフは勝ち続けてアビスパにプレッシャーをかけるしかない。

次節は、再開北九州戦。ここで大勝することになれば、残りの試合に弾みがつく事は間違いない。

それでも、残り試合からすれば、可能性は低い状況だが、残り4節のところでまだJ1への可能性が残した状況でいられる事はよかった。まだ、もう少しだけかもしれないが、この状況を楽しめる。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキング ←押すと一票入ります。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 最終盤での失点で惜敗
  2. カタールW杯 アジア2次予選 キルギスvs日本 アウェイで大苦戦も2発
  3. 2019年 J2 第40節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 攻め合う展開もスコアレスドローに終わる
  4. 2019年 J2 第39節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 船山の1G1Aで快勝
  5. 2019年 J2 第38節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 アランのゴールで逆転も再逆転負け
  6. 2019年 J2 第37節 ジェフ千葉vs柏レイソル 順位通りの差で完敗
  7. カタールW杯 アジア2次予選 タジキスタンvs日本 南野の2発で突き放し勝利
  8. 2019年 J2 第36節 V・ファーレン長崎vsジェフ千葉 堀米ブーストで快勝
  9. カタールW杯 アジア2次予選 日本vsモンゴル 実力差をみせつけ完勝
  10. 2019年 J2 第35節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 1度は追いつくも大量失点で完敗
  11. 2019年 J2 第34節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 決定力に欠きスコアレスドロー
  12. 2019年 J2 第33節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 終盤の猛攻実らず引き分けに
  13. 2019年 J2 第32節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック クレーベの2発で7戦ぶりの勝利
  14. カタールW杯 アジア2次予選 ミャンマーvs日本 日本が圧倒も2点どまりの白星スタート
  15. 2019年 J2 第31節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 前半の2失点が重く敗戦
  16. 日本vsパラグアイ 大迫、南野で2発快勝
  17. 2019年 J2 第30節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 クレーベ弾で同点も引き分けに終わる
  18. 2019年 J2 第29節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 後半失速3失点で4連敗
  19. 2019年 J2 第28節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 前半の2失点を取り返せず3連敗
  20. 2019年 J3 第20節 ブラウブリッツ秋田vsカターレ富山 AT被弾で引き分けに終わる

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6