Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
« 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート | メイン | 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー



PASION

2018年 J2 第33節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsアビスパ福岡の試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。

曇ってはいたけども、なんだか蒸し暑い日でした。ジェフは、アウェイで2連戦。しかも2試合無失点で、ホームフクアリへ帰ってきました。この勢いを継続させるためにも勝ちたい一戦です。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsアビスパ福岡 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GK大野、CBに近藤と鳥海、右SBに溝渕、左SBに下平、ボランチに小島と熊谷、右SHに町田、左SHに矢田、トップ下に船山、トップに指宿という布陣です。

まずは、前半4分、ジェフのCK。ショートコーナーからのクロスは、跳ね返される。福岡は前半7分にFKも。これは大野が直接キャッチする。

ジェフは前半9分、溝渕が右サイドからクロスもはねかえされる。このボールを拾った下平がミドルシュートも、ブロックされる。

福岡は、前半13分、レオミネイロが右サイドから粘ってボールを戻すと、鈴木淳が鮮やかなミドルシュートを決める。福岡が先制する。しかし、その直後の前半14分、ロングボールに抜け出した町田が倒されてPKを得る。このPKを船山が決めてジェフが同点に追いつく。

船山のPK。

お互いに責めきれず試合は膠着状態となる。ジェフは、前半21分、船山がドリブルで抜け出して町田へパスも、シュートは打ち切れず。

福岡は、前半25分、ドゥドゥがシュートも、これはブロックする。さらに、前半32分にもミドルシュートも、これは上に外れる。

前半38分、町田が持ち上がってミドルシュートも上に外れる。前半41分にはジェフのFK。船山が無回転で狙うが落ちきれず上に外れる。

前半は、このまま1-1で折り返す。

ジェフはハーフタイムに、矢田に代えて為田を投入する。

後半1分、指宿が突破してシュートもブロックされるがCKに。このCKは、合わせきれずも、相手のハンドでFKを得る。このFKを船山が直接決めてジェフが2-1と逆転する。

福岡は後半6分、左からドゥドゥが突破してシュートも大野が防ぐ。こぼれたボールに石津が反応するが上に外れる。後半7分には、福岡が左からのボールを受けた石津が合わせるが上に外れる。

ジェフは後半9分、右から船山が折り返し為田が受けて熊谷へ。熊谷のシュートは枠に飛ばず。後半10分、小島からのスルーパスは相手が防ぐが、このこぼれを拾って指宿がシュートもGKが抑える。

後半17分、福岡のCK。ショートコーナーからつないだボールは船山が奪うものの、再び福岡ボールに。右からのクロスを受けたレオミネイロがカットインしてシュートもバーに当たる。さらに、後半18分、福岡は右から攻め込みシュートも大野が抑える。

ジェフは後半22分、為田が突破して折り返すが指宿は合わせられず。

ジェフは後半26分、町田に代えて茶島を投入する。

後半27分、福岡のFK。ヘディングで合わされて福岡が2-2の同点に追いつく。後半31分にも福岡のFK。直接狙うが上に外れる。

ジェフは、後半32分、指宿に代えてラリベイを投入する。

後半37分、ジェフは近藤のインターセプトから持ち上がり右に展開。茶島が持ち上がって折り返すと船山が足を伸ばして流し込む。ジェフが再び3-2と勝ち越す。

船山のゴール直後

しかし、後半47分。福岡は左サイドで山瀬が粘ってクロスをあげるが鳥海に当たってしまう。このボールを城後が頭で合わせる。大野が触るもののボールはゴールに吸い込まれる。福岡が土壇場で3-3の同点に追いつく。

試合は、このまま3-3の引き分けに終わりました。

vsアビスパ福岡 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の挨拶をする選手たち

単純に勝てる試合だったので悔しいですね。しかも、船山のハットトリックでしたらから勝たせてあげたかったなというのが正直なところです。

ジェフの守備については、よくはなっていますが、それでも福岡相手だとちょっとづつ粗が出てしまうところがあります。
福岡の先制点に関しては、シュートが見事としか言いようがないのですが、少しスペースを空けすぎましたね。ただ、その直後に追いつけたのは大きかった。町田がダイアゴナルの動きで抜け出してPKをゲット。これを船山がしっかりと決めてくれました。コースは読まれていましたが、スピードボールで触らせず。

そして圧巻だったのは、後半すぐの船山のFK。直前にトリックプレーで短く戻すボールを選択していたのですが、プレーを止められてのリスタートでした。同じ手は使えないので、思い切って狙ったのが良かったでようです。ただ、福岡も同じような場所からのFK。これは、駒野がいいところにボールを送りました。ゴールへ向かうような軌道でなかった事で少しマークがずれてしまいました。

それでも、この試合の船山はすごかった。この時間帯、同点に追いついた福岡に勢いがあったのですが、ここぞという場面での近藤の持ち上がり。茶島の折返しもギリギリのタイミングでしたが、船山が足を伸ばして決めました。これで勝てれば良かったのですが、福岡も城後を投入して、最後に追いつきました。鳥海に当たったボールが見事に城後のところに落ちてくるんですよね。大野もあの至近距離で反応しましたが、ボールは無情にもゴールへ。

両チームともJ1昇格を諦めていないという気迫と執念を感じさせるゲームでした。単純に試合としては面白かったとは思いますが、この時期だと勝ち点3がほしかったところではあります。

ただ、攻守にいい状態にある事は間違いなくて、この流れを続けられるか。次節はホームで横浜FC戦。しっかりと勝利して、いい流れを続けたいところです。

選手評価
GK 大野 6.0
DF 近藤 6.5
DF 鳥海 6.0 
DF 下平 6.0
DF 溝渕 5.5
MF 小島 6.0
MF 熊谷 6.0 
MF 矢田 5.5
MF 町田 6.5
MF 為田 5.5
MF 茶島 
FW 船山 8.0
FW 指宿 5.5
FW ラリベイ 5.5

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

最近のエントリー

  1. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  2. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  3. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  4. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  5. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  6. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  7. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  8. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  9. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  10. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  11. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  12. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  13. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  14. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  15. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  16. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  17. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  18. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  19. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  20. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6