Top > 話題別 > 女子サッカー > 第37回 皇后杯 決勝 INAC神戸vsアルビレックス新潟レディース 澤有終の決勝点でINACが優勝
« 第95回 天皇杯 ベガルタ仙台vs柏レイソル 激戦はPK戦で決着 | メイン | 第95回 天皇杯 準決勝 浦和レッズvs柏レイソル 延長後半の劇的ゴールで浦和が勝利 »

第37回 皇后杯 決勝 INAC神戸vsアルビレックス新潟レディース 澤有終の決勝点でINACが優勝

2015年12月27日

皇后杯2015

第37回 決勝 INAC神戸レオネッサvsアルビレックス新潟の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

澤穂希の引退ラストマッチとなった一戦、INACが優勝を果たすか、新潟が初優勝を果たすか!?。

スポンサードリンク

試合展開

前半は、一進一退の攻防となりました。両チームともに、厳しい守備で中々チャンスを作らせない展開となりました。

INACはCKで、澤に徹底的に合わせてきていましたが、ごーるは生まれず。
逆に新潟には、得意のCKを許さず。CK0本にしのぎます。

後半になって、徐々にINACが押し始めるものの、なかなか決定機とはいきませんでした。

それでも、澤を中心にINACがチャンスを何度か作り出します。

そして、後半33分、INACのCK。川澄からのボールを澤がヘッドで合わせてゴールを奪いINACが先制します。

追う新潟が反撃をしかけるも、INACの守備も集中力を切らさず、なかなかチャンスをつかめません。

終了間際のチャンスも上尾野辺のシュートは上に外れてしまいます。

試合は、このままINACが逃げ切り、1-0で勝利。優勝を飾りました。

戦評

まさに、澤の為の試合といった感じとなりました。INACは徹底的にCKでは澤に合わせてきました。その中で、見事にマークを外して、ドンピシャヘッド。さすがに、役者が違うなと感じました。

INACは、今シーズンもリーグ戦では優勝を果たせず、一時の勢いはなくなかったという印象もありましたが、皇后杯では失点0での優勝を果たしました。

来シーズンはINACがまた勢いを取り戻してくるかもしれませんね。

新潟は、粘り強い守備でINACの攻撃は防いでいたのですが、決定力に欠けたかなという印象でした。INACの守備を突破できませんでした。

引退した澤に関しては、何かまた書いてみようかと思います。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。