Top > 話題別 > 女子サッカー > 皇后杯決勝戦 新潟の追撃及ばずINAC神戸が4連覇
« 第93回 天皇杯 準々決勝 ベスト4出揃う。 | メイン | ジェフ千葉 音沙汰の少ない移籍動向 »

皇后杯決勝戦 新潟の追撃及ばずINAC神戸が4連覇

2013年12月23日

皇后杯

皇后杯 第35回全日本女子サッカー選手権大会 決勝戦は、INAC神戸レオネッサvsアルビレックス新潟レディースの対戦となりました。

この対戦は2年ぶり2度目の決勝戦での対決です。前回は、3-0でINACが勝利してますが、今回はどうなったでしょうか!?

NHK BS1の生中継でテレビ観戦しました。

試合経過

試合展開としては、やはりINACが押し気味に試合を進める展開となりました。

ただ、アルビレディースの方は、かなり厳しくプレッシャーをかけていて、なかなかINACの方もチャンスが作れず、シュートも打てない状況でした。

それでも、徐々に押し込んでシュートまで持ち込む回数が増えてきたINACだったが、ゴールは生まれず。
アルビレディースの集中した守りに手を焼きます。

アルビレディースは、守備ではハマっていたもののこちらもゴールを奪うまでには至らず。

INACが押し込んでいた展開でしたが、INACがバックパスしたボールをマッカーティが奪ってそのままゴール前まで持ち込むとDFの又を抜いてそのままスライディングシュート。これが決まってアルビレディースがリードを奪い前半を終了します。

スポンサードリンク

後半1点を追うINACが攻勢にでるものの、逆にアルビレディースの反撃にあい中々ゴールを奪えず。

後半20分、ここまでゴールが奪えなかったINACだったが、FKから近賀が押し込んでゴール。ようやくINACが同点に追いつきます。

ここで、勢いに乗りたいINACだったが、アルビレディースもペースを崩さず。これまでどおりの献身的な守備でINACに追撃を許しません。

アルビレディースは、上尾野辺のミドルシュートなどチャンスはあったもののゴールは奪えず。

結局、後半を終わって決着が着かず。延長戦に突入します。

その延長前半の3分。INACがまたもやセットプレーからゴールを奪います。CKからGKがファンブルしたボールをチ・ソヨンが押し込んでゴール。INACが勝ち越しに成功します。

これで、攻めなければいけなくなったアルビレディースだったが、中々ゴールが奪えず、苦しい展開に。

延長戦でリードを奪い、やや余裕をもった戦いができるようになったINACだったが、落とし穴があった。

延長後半の6分、アルビレディースの攻撃。最後は、またもやマッカーティがゴールを奪って同点に追いつきます。

両チームとも勝ち越しを狙うもの決着は着かず、優勝はPK戦で決まることになりました。

PK戦では、アルビレディースがゴーベル・ヤネズのシュートを止めたものの、その後シュート2本を止められてしまい、最後は川澄のゴールが決まりINACが優勝となりました。

戦評

これぞトーナメントという試合でした。昨年のジェフレディースもそうでしたが、リーグ戦とはまた違った戦いが観れました。

今年のなでしこリーグでは2戦2勝で、しかも圧勝といっていいスコアでアルビレディースに勝っているINACでしたが、決勝戦では簡単には行きませんでした。

アルビレディースは、ヤネズや、高瀬、川澄といったところには徹底して厳しくいって自由にさせませんでしたね。サイドにボールが入ったら前後で囲い込んで、ボールを奪うが、下げさせるかという感じだったのでINACとしてもやりにくそうでした。

この試合で2得点を奪ったマッカーティはかなり脅威になってました。あの突破力はなかなかなでしこリーグでも見れないものだと思います。

リーグ戦やリーグカップで対戦した時には、アルビレディースにマッカーティは入っておらず。今回が初対戦だったと思います。INACの選手でもやっぱりあの身体能力には手を焼いてしまいました。
調べてみたところ、マッカーティは6試合で4ゴールをあげていました。しかも、コンスタンスに点をとっている感じです。

守備面ではINACを自由にさせず、マッカーティが2ゴールという事で、アルビレディースとしてはかなり狙いに近いサッカーが出来ていたと思います。痛かったのはセットプレーで2失点してしまったところですね。特に2失点目はGKのファンブルから始まっていただけにもったいなかったです。

PK戦は、INACの選手のほうが落ち着いていたかなという印象です。そこは、さすがに王者INACというところでしょうか。

INAC神戸レオネッサは、今シーズン、なでしこリーグ、なでしこリーグカップ、モブキャストカップ、皇后杯と4冠を達成しました。皇后杯は4年連続4回目の制覇という事で、偉大な即席を残した事になります。

INAC神戸は、来シーズンは複数の選手がレンタルを含む移籍でチームを離れるようなので、このメンバーでやるのはこれが最後だと思います。それでも、相変わらず層の厚さは変わらないですが、来シーズンはより若手に頑張ってもらわないといけないでしょうね。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。