Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2015年 J2 第34節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 力負けで今季10敗目
« 2015年 J2 第33節 ジェフ千葉vs栃木SC 松田力様様で快勝 | メイン | 2015年 J2 第35節 ジェフ千葉vs愛媛FC 貴重な勝利 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年 J2 第34節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 力負けで今季10敗目



一意専心

2015年 J2 第34節 大宮アルディージャvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をJリーグオンデマンドで視聴しました。

現地観戦も考えていましたが、天気がいいのか悪いのか微妙だったりという事でやめておきました。

前節、久しぶりの複数得点で快勝となりました。首位、大宮に挑みます。

スポンサードリンク

試合展開

ジェフの先発は、GKに高木、CBにキムと冨澤、右SBに大岩、左SBに金井、ボランチに健太郎とパウリーニョ、右SHに水野、左SHにネイツ、2トップに森本と松田という布陣でした。

先発は前節から変わらずです。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第34節 vs大宮アルディージャ 先発フォーメーション
9.森本
38.松田
29.水野
16.佐藤健
5.パウロ
11.ネイツ
2.大岩
20.キム
15.冨澤
13.金井
21.高木

開始早々、大宮が左サイドからのシュートも、これは高木が難なくキャッチします。

両者ともに攻め手に欠く中、前半8分、冨澤のバックパスが高木に合わず。ムルジャに奪われてシュートを打たれるが枠を外して助かる。

前半9分、金井のクロスに松田が頭で合わせるが、GKが防ぐ。
このCKは、はね返されたボールを水野がクロスをあげる。大岩が足に当ててコースを変えるが、枠には飛ばず。

前半11分、水野のクロスは、ネイツに合わず。

前半12分、パウリーニョがミドルシュートを狙うがバーの上をこえる。
さらに、前半14分にも、再びフリーのパウリーニョがミドルシュートもバーの上を越える。

ジェフがいいリズムで試合を進める時間が長くなる。

前半19分、ジェフのCK。大岩のヘディングは左に外れる。さらに、前半23分、大岩から水野へ。水野の縦パスからネイツがワンタッチで落として、健太郎がシュートもGKに防がれる。

前半25分、ネイツのサイドチェンジから、水野がおりかえす。これは相手がはねかえすが、このボールをパウリーニョがシュートもブロックされる。

前半28分、大宮が左からクロスを入れるがはねかえす。前半29分には、パスミスから大宮の攻撃も、クロスは高木がキャッチする。

前半30分、水野が裏にふわりとしたボールを出すが、ネイツにはわずかに届かず。

前半35分、大宮が自陣でボールを奪うと、そのままボールをつながれてしまう。最後は、ムルジャが冷静に決めて大宮が先制する。

ここから、大宮に勢いが出てくる。家永のシュート。さらには、CKからとチャンスを作られる。

大宮の攻勢を凌ぎ切り、前半は1-0で折り返す。

後半4分、大宮のシュートは左に外れる。

後半5分、スローインから家長が中へ。家長のシュートは防ぐが、こぼれ球を詰められてゴールを奪われる。2-0とされる。

ジェフは後半8分、森本に代えて阿道、金井に代えて佑昌を投入する。3バックのような陣形となり、水野が右WB、佑昌が左WBとなる。

後半10分、ジェフのFK。冨澤が頭に当てるが枠には飛ばず。後半13分には、水野のクロスを松田が体に当てるが枠には飛ばず。

後半15分、阿道が受けたボールを戻して水野がクロスもはね返される。

後半18分、ムルジャのシュートは枠を外れる。

後半21分、健太郎に代えて、谷澤を投入する。パウリーニョがアンカーとなり、松田と谷澤がトップ下。ネイツと阿道の2トップとなる。

後半22分、松田のミドルシュートはバーの上をこえる。

後半28分、ネイツに当てたボールを谷澤がシュートも左に外れる。

後半29分、水野のクロスは、相手のクリアボールがバーに当たって外へ。このCKは、ネイツが当てるがGKにキャッチされる。

後半34分、ジェフのCK。ネイツがシュートも防がれる。こぼれたボールを冨澤がシュートもこれもGKが防ぎ切る。

この後も、CKからのチャンスが続くがゴールにつながらず。

後半43分、佑昌が松田とのワンツーの片井になり左サイドを突破してクロスをあげると阿道が頭で合わせてゴールを奪う。2-1と1点差とする。

後半45分、水野のクロスに松田が頭に当てるが、弱くなりゴールならず。

後半AT4分も、攻撃らしい攻撃をさせてもらえず。チャンスもなく、このまま2-1で試合を終える。

 

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第34節 vs大宮アルディージャ 試合終了時フォーメーション
11.ネイツ
19.オナイウ
29.水野
6.田中
38.松田
5.パウロ
8.谷澤
2.大岩
20.キム
15.冨澤
21.高木

 

戦評

前半のいい時間帯に先制点を奪えなかったのが響きました。大宮は、攻められながらもしっかりとチャンスを狙っていました。

先制点の場面は、見事につながれてしまいました。気が付いたらゴール前に運ばれてムルジャに決められてしまっていました。

ホームでの大宮戦では、ジェフの方が完成度が高かった印象ですが、このゲームでは大宮の方が上でしたね。ジェフの方は、あれから試行錯誤という状況がずっと続いている感じです。

後半、2点目を奪われてから、何度もチャンスをつくりましたが、ゴールを決めるのに時間がかかりすぎました。もう少し、早い時間に1点返せれば引き分けには持ち込めた可能性があるのですが。

大宮はATの時間の使い方もうまかったですね。ジェフは、攻撃させてもらえませんでした。

ここら辺は、先制したゲームは20戦全勝というだけの事はあります。ジェフは、この辺のゲーム運びがつたないですね。

守備はハマっている時間もありましたが、前節の栃木戦でもあったように、どうも中盤でボールを奪いきれず、ゴール前まで運ばれるケースがありました。寄せにはいってるのですが、そこで外されると簡単に前に運ばれてしまいます。

この辺の守備は、ジェフレディースの方が追い込み方はうまいんじゃないかと思いますね。ボールホルダーに対しての詰め方が全然違います。前に運べない状況を作って数的優位を作ってボールを奪えるのが、ジェフレディースの強みだと思います。

この試合に関して言えば、力負けという感じでした。これでシーズン2桁負け数となりました。ただ、大宮戦の負けというよりは、ここまでに落としてきた試合が多すぎたという感じがします。少なくとも、先制した試合で、勝ち点3を確実に取れれば大宮との差もここまで広がらなかったと思うのですが。

これで8位に順位を落としましたが、愛媛、福岡、東京Vとの直接対決も残しているので、6位以内に入るチャンスはあるでしょう。まずは、次節のホーム愛媛FC戦で、アウェイで今季初黒星を喫した愛媛に勝って勢いをつけたいところです。

選手評価
GK 高木 5.5
DF 冨澤 5.0
DF キム 5.5
DF 大岩 5.5 
DF 金井 5.5
MF 健太郎 5.5
MF パウリーニョ 6.0
MF 水野 6.0
MF 谷澤 5.5
MF 田中 6.0
FW 森本 5.0
FW ネイツ 5.0
FW 松田 5.5
FW オナイウ 6.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-05-15~2018-05-21

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  2. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  3. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  4. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  5. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  6. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  7. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  8. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  9. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  10. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  11. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  12. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  13. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  14. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  15. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  16. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  17. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  18. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  19. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  20. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6