Top > 話題別 > 日本代表 > ロシアW杯 アジア2次予選 日本vsシンガポール 苦難のドロースタート
« 2015年 J2 第18節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 会心の2得点も追いつかれる情けない試合 | メイン | 2015年 女子W杯 なでしこジャパンvsエクアドル女子 決定力不足も3連勝で1位通過 »

ロシアW杯 アジア2次予選 日本vsシンガポール 苦難のドロースタート

2015年6月16日

日本代表

ロシアW杯 アジア2次予選 日本代表vsシンガポール代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

いよいよ、ロシアW杯へ向けた予選が始まります。日本はこれが初戦ですが、シンガポールは1試合終えている状況になっています。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と槙野、右SBに酒井宏樹、左SBに太田、ボランチに長谷部と柴崎、右SHに本田、左SHに宇佐美、トップ下に香川、トップに岡崎という布陣でした。

イラク戦から長友に代えて太田を起用してきました。

日本代表
ロシアW杯 アジア2次予選 vsシンガポール代表 先発フォーメーション
9.岡崎
10.香川
4.本田
17.長谷部
7.柴崎
11.宇佐美
19.酒井宏
22.吉田
20.槙野
3.太田
1.川島

試合は序盤から日本がゲームを支配する展開となります。

開始早々、右サイドからの攻撃。こぼれたボールを宇佐美がシュートも相手に当ててしまう。
さらに、前半3分、本田がシュートを狙うがGKが抑える。

シンガポールは単発ながらシュートを遠目から放つものの枠には飛ばせず。

ややミスパスが目立つものの、日本のペースは変わらず。

前半12分、香川が右サイドからミドルシュートも、GKがわずかに触ってCKに。このCKは、跳ね返されたボールをひろって、香川がボールをあげるもののファウルとなる。

さらに、前半15分のCKは、跳ね返されたボールを拾ってクロスもGKがキャッチする。

前半17分、長谷部のボールカットからのカウンター、右サイドの本田へ渡しての折り返しも、岡崎は枠に飛ばせず。

その後も日本のチャンスが続くがゴールは奪えず。

前半22分、香川がドリブルで仕掛けてミドルシュートも左に外れる。

前半30分、長谷部の縦パスから本田、宇佐美とつながって岡崎のシュートはGKが防ぐ。

日本の時間は続くが、シンガポールのGKの壁を崩せない。

前半38分、日本のCK。槙野が頭で合わせるが枠を外れる。

日本が攻め続けるもののゴールは奪えず。0-0で前半を折り返す。

後半も日本がペースを握る展開となる。

後半3分、左から宇佐美がシュートも枠を外れる。

後半11分には太田からのクロスに岡崎が頭で合わせるが、GKがライン上からボールをかきだす。これを拾った本田がシュートもゴールならず。

後半14分、宇佐美が切れ込んでシュートも枠を外してしまう。

後半16分、香川に代えて大迫を投入。大迫と岡崎の2トップとする。

後半18分、宇佐美が左サイドからクロス。GKがさわって浮いたボールを本田がヘディングも、ボールはGKの元にわたってしまう。

日本は立て続けにCKのチャンスとなるが、どうしてもゴールを奪えない。

後半26分、柴崎に代えて原口を投入する。原口がトップ下に入る。

後半27分、日本のFK。本田が直接狙うがバーに当たってしまう。跳ね返りを宇佐美がシュートもGKがおさえる。

本田が果敢にシュートを狙うが枠をとらえきれず。

後半33分、宇佐美に代えて武藤を投入する。

その後も日本の攻撃が続くがどうしてもゴールが奪えない。

セットプレーのチャンスもみのらず。最後までゴールが奪えず、試合はスコアレスドローに終わった。

日本代表
ロシアW杯 アジア2次予選 vsシンガポール代表 試合終了時フォーメーション
9.岡崎
18.大迫
4.本田
8.原口
14.武藤
17.長谷部
19.酒井宏
22.吉田
20.槙野
3.太田
1.川島

 

戦評

どういう訳か、アジア予選の初戦は苦しむ事が多いです。これまでは、土壇場でゴールを上げたりしてきましたが、得点奪えず引き分けに終わってしまいました。

もちろん、日本の攻めにも問題はありましたが、シンガポールのGKが当たっていました。それによって、日本も余裕をもってシュートを打てなくなっていたところもあります。

シンガポールは完全に自陣にひいていた事もあり、そこから崩していくという手間があり、スピードにのった攻撃をするには無理がありました。

ここまで3連勝のハリルホジッチ監督ですが、アジアで戦ううえでの難しさがわかったのではないでしょうか!?

ハリルホジッチ監督自身経験のないような戦いだったようです。確かに、GK当たっていた事や運がなかったという事もありますが、こういう戦いはこれからもあるでしょうから、きっちり対策はとってもらいたいところです。

2次予選の相手からすれば、これが予選全体に大きく影響を及ぼす事はないでしょうが、非常にいい教訓になった試合ではないでしょうが。

2次予選は9月にホームでカンボジア戦、アウェイでアフガニスタン戦がありますが、ここできっちり勝ち点6を積み重ねていけば問題はないとは思います。

選手評価
GK 川島 6.0
DF 吉田 6.0
DF 槙野 6.0
DF 酒井宏樹 5.5
DF 太田 6.0
MF 長谷部 5.5
MF 柴崎 5.5
MF 香川 5.5
FW 本田 6.0
FW 岡崎 5.5
FW 宇佐美 6.0
FW 原口 5.5
FW 武藤 5.0
FW 大迫 5.0

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。