Top > > 2014年 J2 第29節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 勝ち点3だけが取れた
« アギーレ監督 日本代表初陣メンバー発表 驚きと楽しみと | メイン | 日本vsウルグアイ アギーレ初陣はミスミス敗戦 »

2014年 J2 第29節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 勝ち点3だけが取れた

2014年9月 1日

FUN

2014年 J2 第29節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs水戸ホーリーホックの試合をフクダ電子アリーナまで観戦してきました。

雨の予報もありましたが、結局空は晴れてきてました。暑すぎず、過ごしやすいコンディションとなりました。

ジェフは、関塚監督就任後無敗を続けていましたが、前節の岡山戦に敗れて黒星を喫しました。それまでも、引き分けが続いており8月に入ってからリーグ戦は未勝利という状況です。

8月未勝利で終えるわけにもいかないので、ぜひとも勝利がほしいところです。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ?!

試合展開

それでは、試合です。ジェフの先発は、GKに岡本、CBに智とキム、右SBに大岩、左SBに太亮、ボランチに健太郎と兵藤、右SHに井出、左SHに谷澤、2トップに森本とオナイウという布陣でした。

ケンペスが前節に負傷を負ったこともあり、ベンチ外となっています。 2トップの一角にオナイウ阿道くんがリーグ戦初先発となりました。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第29節 vs水戸ホーリーホック 先発フォーメーション
11.森本
19.オナイウ
26.井出
10.兵藤
16.佐藤健
8.谷澤
2.大岩
20.キム
5.山口智
17.中村
1.岡本

序盤は、ジェフが攻勢に出る展開になります。左サイドのスローインからクロスをあげて、森本と阿道がそれぞれシュートを狙いますがタイミングが合わずに打ち切れません。

それでも6分、太亮からのボールを受けた谷澤がスルーパス。これに抜けだした、森本がシュートモーションに入るものの足がかかってPKの判定となります。

このPKを森本が決めて、ジェフが早々に先制点を奪います。

森本のPK

先制点を奪ったジェフですが、その後は水戸に攻め込まれる展開となります。ただ、水戸の最後のシュートの精度が悪く、助かっています。

ジェフは、前半19分森本がクロスから頭で合わせるものの、枠には飛ばせず。逆に、水戸にボールを回せれてシュートに持ち込まれるものの、これも枠に飛ばずに助かります。

前半25分、相手のバックパスに先に追いついた森本が角度のないところからシュートを狙うものの、枠にはとばず。追加点が奪えません。

水戸の攻撃に押し込まれる展開となりますが、ジェフにもチャンスがあり、このまま1-0で前半を終えます。

後半4分、阿道がシュートも枠を外れてしまいます。

さらに、ジェフがボールをつないで水戸陣内に攻めこむものの、なかなかシュートに持ち込めず。最後は、クロスがラインを割って終わってしまいます。

この後は、水戸が攻勢に出て、ジェフは防戦一方となります。

水戸のシュートは枠を外してくれたり、岡本が体に当てて止めたりとなんとか食い止めてはいました。

後半18分、森本に代えて山中を投入します。

健太郎がアンカーとなり、その前に井出と兵藤となり右SHに谷澤、左SHに山中が入って、阿道の1トップとなります。

後半23分、ジェフがボールを回して、戻したボールに健太郎がミドルシュートを狙うものの相手にあたってしまいます。

その後も水戸のペースが続き、岡本のファインセーブなんとか失点せずに済んでいるという状況です。

後半29分、兵藤に代えて町田を投入します。

後半30分、ゴール前、ボールが水戸の選手の前にこぼれるものの、転んでしまう形になりシュートを打たれずに済みました。

後半36分、ジェフがゴール正面のFK。これは山中が直接狙いますが、枠に飛ばせません。

ジェフのFK

この後も水戸の攻撃を跳ね返し続けたジェフがなんとか凌ぎ切ります。最後は、谷澤に代えて竹内を入れて逃げ切りをはかります。

アディショナルタイムも、岡本がファインセーブで切り抜けて、なんとかこらえ切りました。このまま1-0でジェフが修理しました。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第29節 vs水戸ホーリーホック 後半途中のフォーメーション
19.オナイウ
8.谷澤
26.井出
16.佐藤健
28.町田
22.山中
2.大岩
20.キム
5.山口智
17.中村
1.岡本

戦評

試合終了後

立ち上がりは、それほど悪くはなかったと思います。阿道や、井出など若い選手がいてプレッシャーにもいけていたと思います。

森本も積極的に守備に走り回ってくれました。この辺は、ケンペスがいるよりは機動力では上だったと思います。

ただ、先制した後は、水戸が攻撃する回数が増えてしまいました。中盤で、ボールを奪ってもなかなかスピードをあげれず、遅攻になってしまう場面が多かったように思います。

前半、水戸の攻撃はよくしのげていました。シュート自体も枠にあまり飛ばなかったので助かりました。

ジェフの方は、攻撃自体は悪くなかったとは思いますが、あまり決定機とよべる場面は少なかったと思います。森本が相手陣内でボールを奪ってシュートがありましたが、角度がなさすぎました。もう一度持ち直して、角度を作ってもよかった気もします。

後半は、序盤こそジェフがボールを回す場面もありましたが、水戸が攻撃し続ける展開となりました。後半は、ボールが枠に飛ぶ回数も多くなり、岡本がなんとかセーブし続けてくれて助かったという展開です。

4-1-4-1にかえて、打開をはかりましたが、水戸の勢いは衰えず。森本が下がって、ますます前線での収まりも悪くなってしまい、得点チャンスが作れなくなりました。

山中もシュートチャンスがつくれなくて、井出と兵藤のところからもチャンスにつながらず苦しい展開でした。

終わってみればシュート数は7-22と大差をつけられてしまいました。よく、勝ったものだなぁというくらいに打たれました。

とはいえ、これで8月未勝利で終わらずに済みました。岡山には敗れたものの、守備ではなんとか失点を少なくする事ができています。後は、攻撃面で改善されれば、勝てるようになると思うのですが。なかなか、うまく行きませんね。

阿道くんが先発したりと、選手層は厚くなっています。あと、もう少し時間があればというところでしょうか。

9月はホームゲームが3試合、アウェイ2試合なので、どんどん盛り返していきたいところですね。

選手評価
GK 岡本 7.0
DF 智 6.0
DF 大岩 5.5
DF キム 6.5
DF 中村 5.5
DF 竹内 -
MF 健太郎 6.0
MF 兵藤 5.5
MF 井出 6.0
MF 山中 5.5
MF 町田 5.5 
FW 森本 6.0
FW オナイウ 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。