Topサッカー話 > 2014年シーズン JFL 新入会チームが決定 来季は14チームで開催
« Jリーグの面白さは世界一ィ | メイン | 君は米倉恒貴を知っているか?! »

2014年シーズン JFL 新入会チームが決定 来季は14チームで開催

2013年12月 4日

|JFL

JFLで来季より新規に参加を希望していたチームの中から、来季JFLで戦う事になった6チームが発表になりました。

【JFLオフィシャルサイト】お知らせ「第16回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!」
本日行われた2013年度 第3回 日本フットボールリーグ(JFL)理事会にて、次の6チームの入会が承認されたことを、お知らせします。 ...

今回、各地域リーグから来季のJFL入りを決めたのは以下のチームです。

  • ファジアーノ岡山ネクスト(岡山県岡山市)
  • 鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島県鹿児島市)
  • ヴァンラーレ八戸(青森県八戸市)
  • アスルクラロ沼津(静岡県沼津市)
  • マルヤス工業サッカー部(愛知県岡崎市)
  • レノファ山口(山口県山口市)
スポンサードリンク

来季のJFLは全14チームで開催される事になります。

東北2チーム、関東2チーム、東海3チーム、関西2チーム、中国2チーム、九州3チームと比較的バランスのよい配分となりました。北海道と四国にはないですが、これから上がってくるクラブもあるでしょう。

ファジアーノ岡山ネクストと、鹿児島ユナイテッドFCは全国地域リーグ決勝大会に進んだチームで上位枠としてすんなりの入会が決定しました。

その他の4チームは希望枠の中から選ばれた事になります。うち3チームがJ3入りを目指していたチームです。

東北勢の中では出遅れてしまいましたが、青森県からJリーグ入りを目指していたヴァンラーレ八戸がついに全国リーグであるJFLにまで駒を進めてきました。

東北一部リーグでは、優勝したグルージャ盛岡がJ3入り、2位のヴァンラーレ八戸がJFL入りで一気に2チームが抜ける事となりました。
ちなみに、東北二部北リーグではラインメール青森が優勝、ブランデュー弘前が2位で青森県勢がワンツーフィニッシュを飾っています。

東海一部リーグからは2チームが参加する事になりました。優勝したマルヤス工業と、J3ライセンスを取得しているアスルクラロ沼津が参加する事になりました。

四国からは、ファジアーノ岡山ネクストの他に、レノファ山口も選ばれました。J3ライセンスを取得しているという事なのでしょう。

参加希望があった中で、関東、北信越、関西、四国から選ばれたチームはありませんでした。

参考情報

J3発足により、立ち位置が微妙になっているJFLですが、アマチュアリーグの最高峰であり地域リーグ、都道府県リーグと続くピラミッドの頂点に立つというところは変わりありません。

将来のJリーグ入りを目指すチームは徐々にJ3へ参加していくでしょうが、アマチュアのトップクラスが高いレベルであり続けてくれるという事は、JリーグとしてもJFAとしても望むべきものだと思います。

関連エントリー

関連するエントリ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。