Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2013年 J1昇格プレーオフ準決勝 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 PV観戦 届かなかった1点届かなかった国立への切符
« 2013年 J1昇格プレーオフ準決勝前日 | メイン | グルージャ盛岡がJ3入り!!東北から5チーム目のJチーム誕生 »

2013年 J1昇格プレーオフ準決勝 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 PV観戦 届かなかった1点届かなかった国立への切符

2013年12月 1日

絶対J1!

2013年 J1昇格プレーオフ準決勝 徳島ヴォルティスvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をパブリックビューイングで観戦できるというのでフクダ電子アリーナまで行ってきました。

KickOFF 1時間前の会場でしたが、それなりに人は集まっていました。

ガマさん、道代ちゃんも来て、いつものホームゲームの雰囲気でゲームを迎える事が出来ました。

スポンサードリンク

フクアリパブリックビューイング

試合経過

ジェフの先発は、GKに岡本、CBに智とキム、右SBに米倉、左SBに峻希、ボランチに慶と健太郎、右SHに兵藤、左SHに谷澤、トップ下に町田、トップにケンペスという布陣。
J2最終節から、谷澤が先発に入りました。佑昌は怪我の影響もあるのでしょうか!?

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J1昇格プレーオフ vs徳島ヴォルティス 先発フォーメーション
37.ケンペス
28.町田
10.兵藤
13.山口慶
16.佐藤健
39.谷澤
11.米倉
20.キム
5.山口智
33.高橋
1.岡本

序盤は、お互いに様子を探りあるような展開。ケンペスとドウグラスを使ってシンプルに攻めようという感じではあった。

シュートこそ徳島が先に打ったが、徐々にジェフが攻勢に出て行くようになる。

徳島は長いボールで津田やドウグラスを走らせるが、なんとか凌ぎ切っている。

ジェフが攻めて、徳島がカウンターを狙うという図式になる。

だが、前半36分、津田が抜けだしたところをキムがファウルで止めてしまいPKの判定。このPKをドウグラスに決められて徳島が先制する。

プレーオフ決勝進出の為に2点を取らないといけなくなった、ジェフが猛攻を開始する。

前半39分、ジェフのCKのチャンス。兵藤のボールに山口が頭で合わせてゴール。前半のうちに同点に追いつく。

徳島はドウグラスが前半終了間際に負傷退場となってしまう。
ドウグラスに代わって高崎が投入されたところで前半終了。

後半は、ジェフが圧倒的にゲームを支配する展開となる。

序盤から、CK、FKのチャンスが立て続けにあったものの、ゴールを奪えず。

それでも、ジェフペースは変わらず。徳島のカウンターにもよく対処できていて、サイドで追い込んでボールを奪える状況になっている。

攻めてはいるが得点が奪えないジェフは、後半25分健太郎に代えて大塚を投入する。兵藤がボランチに下がって、町田が右にトップ下に大塚となった。

さらに、後半34分には町田に代えて深井を投入する。深井はそのまま右サイドに入った。

後半39分には峻希に代えて森本を投入し2トップに。

CKから森本がヘッドで合わせるものの、ボールはわずかに右に外れる。

最後は、智も前線に上がってパワープレーをしかけるものの最後までゴールは上げる事が出来ず。
試合はこのまま1-1の引き分けに終わった。

レギュレーションにより、徳島ヴォルティスがJ1昇格プレーオフ決勝へ駒を進める事となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J1昇格プレーオフ vs徳島ヴォルティス 試合終了時フォーメーション
37.ケンペス
30.森本
14.大塚
39.谷澤
10.兵藤
9.深井
11.米倉
20.キム
5.山口智
13.山口慶
1.岡本

パブリックビューイング観戦の人たち

戦評

何度も言った事がある気がするが、試合全体としては悪くなかった。

実際、ジェフが押しこむ時間が長かった試合だと思う。チャンスも多く作って、後はゴールが生まれるのを待つだけという状況だった。

結局、そのチャンスのところでシュートが枠に飛ばずにゴールを奪えなかった事が最後まで響いてしまった。

昨年は、下位の順位のチームが全て勝ち上がる事となったが、今年はそうはいかなかった。引き分けでもOKというレギュレーションを最大に活かして徳島が勝ち上がる事となった。

前半でドウグラスが退いた事がどう影響するかと思われたが、ジェフに取っては悪い方に作用してしまったかもしれない。

徳島は前線の得点源が退いた事によって、ジェフに攻められる時間が長くなってしまった。ロングボールで攻めるにしても、津田と高崎では脅威が違っていたという部分もある。

そういう部分で、徳島は守備に対する集中力が強まってしまったところがある。徳島が攻め込んでくれば逆にカウンターという場面もあっただろうが、ジェフとしては徳島のまもりをこじ開けるしかなくなった。

そして、ジェフにとっての得点源であるケンペスがほぼ封じられてしまったのも痛い。米倉もいいクロスは何本かあげていたが、後半はアレックスにうまく対処されてクロスが中々上げられなかった。

結局のところ、最終節でなんとかプレーオフ進出は果たしたものの、プレーオフを勝ち上がるには実力不足だったのだろう。

昨年のように決勝で試合終了まで数分というところでJ1昇格を逃したときのショックは大きかったが、今回はそういうショックはない。
悔しさは残るものの、やはり終盤戦で勝てなかったところでの勢い不足もあり、納得できる敗退でもあった。

これで、オフシーズンが一週早まってしまったなというところ。クラブとしては、来季に向けての動きが出てくるだろう。
J2 5年目のシーズンとなる。今のジェフではプレーオフを勝ち抜くのは難しい。自動昇格圏でに入ってJ1へ上がる事を目指した方がいいのかもしれない。初めてJ2を経験した2010年は南アフリカW杯が行われた年。気づけば次のW杯が行われる年になってしまったという事に、時間の経過を感じる。

今言えるのは、また来年もフクアリには行くだろうという事だけ。

PV観戦の為、選手評価は割愛します。余裕があったら、NHKの録画放送を観てから、もう1度アップしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。