Top > 話題別 > 日本代表 > 日本代表vsオランダ代表 勝ち逃した!!
« ジェフレディース 上野紗稀がなでしこリーグ新人賞を獲得 | メイン | 2013年 J2 第41節 ジェフ千葉vs栃木SC 痛恨の失点でPO進出決めれず »

日本代表vsオランダ代表 勝ち逃した!!

2013年11月17日

日本vsオランダ

日本代表のベルギー遠征 日本代表vsオランダ代表の試合をテレビ朝日の生中継でテレビ観戦しました。

10月の欧州遠征で2連敗を喫した後の試合という事で、どういう試合を見せるのか注目された一戦。

試合経過

日本の先発は、GKに西川、CBに吉田と今野、右SBに内田、左SBに長友、ボランチに長谷部と山口螢、右SHに岡崎、左SHに清武、トップ下に本田、トップに大迫という布陣だった。

川島、香川、遠藤、柿谷といったところがベンチスタートとなった。

スポンサードリンク
日本代表
vsオランダ代表 先発フォーメーション
18.大迫
4.本田
9.岡崎
17.長谷部
16.山口
8.清武
2.内田
22.吉田
15.今野
5.長友
12.西川

序盤は日本が押し込む展開となる。

今野の縦パスに本田がからんで山口螢がフォロー、ここでファウルを受けてFKに。
本田の最初のキックはやりなおしとなって、2回目のキックはバーの上を越えてしまう。

さらに、左サイドからのクロスに大迫が合わせるが相手に当たってCKに。が、このCKはオランダにクリアされる。

その後も、日本が攻勢に出る展開が続くがゴールは上げられず。

次第にオランダが徐々にペースを掴み始める。
その矢先の前半13分、オランダのロングボールを内田がヘッドで落としたボールが短くなり、これをファン・デル・ファールトに拾われて、西川が飛び出すものの上を抜かれてしまいゴールを許す。オランダが先制点をあげる。

その後、オランダがペースを握る展開になる。日本はなかなかチャンスを作れなくなる。

オランダの速くて長い間隔のパスに中々プレッシャーがかけられず、後手にまわる展開が多くなる。
それでも、なんとかオランダに追加点を与えずに凌ぎきる。

日本は、岡崎が中に入ってシュート。さらに、右サイドからの内田のパスを受けて大迫がシュートも相手に防がれる。

前半39分、オランダは、日本の右サイドから一気に逆サイドに展開。ロッペンが中に切れ込んできてシュート。これが決まってオランダが2点目をあげて突き放す。

中々いいところがなかった日本だったが、前半44分、吉田が高い位置でボールをカットて長谷部へ。長谷部がドリブルで持ち上がって大迫へパス。大迫がワンタッチでゴール左に流し込む。これが決まって日本が1点を返す。

前半は、このまま1-2で終了する。

ハーフタイムに、日本代表は2人が交代。清武に代えて香川、長谷部に代えて遠藤を投入する。

前半の1点で勢いをつけた日本が反撃を開始する。

後半5分、右サイドからのクロスに香川が胸トラップからシュートもGKに防がれる。
さらに、後半7分には香川が落として遠藤からのパスを受けた本田がシュートもバーに当たる。

オランダは、日本のプレッシャーの前に中々前にボールを運ぶ事ができなくなり、セカンドボールも日本に拾われて苦しい展開となる。

そして、後半15分、香川からの落としを受けた内田が大迫へ縦パス。大迫がヒールで戻したところを本田がダイレクトシュート。これが決まって日本が同点に追いつく。

日本の攻勢が続く、後半22分、左サイドからの香川のシュートはGKのファインセーブで惜しくもゴールならず。

攻めながらも逆転ゴールが奪えない日本は、後半28分に大迫に代えて柿谷、長友に代えて酒井高徳を投入する。

後半34分には、香川のスルーパスを受けた柿谷が狙いすましたシュートも、ゴール右に外してしまう。

日本は内田に代えて酒井宏樹を投入する。

その後も攻め続ける日本だったが、ゴールを奪うことは出来ず。試合はこのまま2-2で引き分けに終わった。

 

日本代表
vsオランダ代表 試合終了時フォーメーション
11.柿谷
4.本田
9.岡崎
16.山口
7.遠藤
10.香川
21.酒井宏
22.吉田
15.今野
3.酒井高
12.西川

戦評

日本がオランダ相手に後1歩で勝利を逃したという試合になった。

ただ、前半序盤こそペースを握っていたもののゴールを奪えず、オランダに主導権を渡すと中々ペースを戻せずに2失点を喫してしまった。

1点目は内田の判断ミスというべきか、味方との意思の疎通が合わなかったのか残念な失点だった。

オランダが広くピッチを使ったパスに中々対応できなかった。ボールスピードがあるので、大きくサイドを変えられると付ききれなくなり後手に回ってしまう。
プレッシャーをかけるにも前からいっても、大きく動かされてしまうので追い切れない。取りどころがはっきりせずに苦しんだ。

2失点目、ロッペンのシュート自体は凄かったが、長谷部辺りがもう少しアプローチ出来なかったかな!?ドイツでやってるわけだし。

正直、これはまずいなと思っていたところで飛び出したのが大迫のゴール。あの場面は、高い位置でボールを取れて長谷部からのパスを受けてダイレクトで打ったのがよかった。

後半、香川、遠藤が入ったことで一気に日本ペースに変わった。香川はマンUでも出場時間が増えていて、かなりキレも戻っていた。そして遠藤はやはりいいところに顔を出してくる。

この交代で、前半はなかなかいい所がなかった本田が生き返った。単純に本田へのプレッシャーが分散したという効果もあるが起点が増えた事で本田がフィニッシャーになる事が出来るようになった。

そのいい流れの中で生まれたのが日本の2得点目。これは、日本が非常にいいパス回しをして、最後は大迫、本田とワンタッチでゴールを奪った。今シーズンの日本代表のゴールの中ではベストゴールと言っていいゴールではないだろうか!?

そして、山口螢が、長谷部、遠藤のパートナーとして十分出来る事がわかったのは収穫だった。ボール奪取力では長谷部以上だし、ボールも回せるし、自分で前に出てボールを受ける事が出来る。運動量が多いので、至るところで味方を助ける事が出来た。
長谷部、遠藤が代表から漏れるのは考えにくいが、細貝などの2番手メンバーは危なくなるかもしれない。

後半、再三オランダを押し込んでおきながら、勝ち越し点を奪えなかったのは今後の課題だろう。

遠藤辺りは後半だけの出場だったので、ペース配分考えずに動けたのでそれほど問題はなかったが、90分フルにあの動きはできないかもしれない。
コンディション次第では、今のサッカーが出来るという事はわかっただけに、W杯本番ではコンディション調整がやはり重要になってきそうだ。

次の相手は、FIFAランク5位のベルギー。ベルギーとは、最近やってないのでどういう試合になるのかわからないが、オランダ戦でみせたいい部分がまた出せるようにしてもらいたい。
ベルギー戦は日本時間の朝5時開始なので、起きるのはともかく全部観れるかはわからないなぁ。

選手評価
GK 西川 6.0
DF 吉田 6.0
DF 今野 5.5
DF 内田 5.5
DF 長友 6.0
DF 酒井高 5.5
DF 酒井宏 -
MF 長谷部 5.5
MF 山口 7.0
MF 遠藤 6.5
MF 本田 6.5
FW 岡崎 5.5
FW 大迫 6.5
FW 香川 6.5
FW 柿谷 5.5

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。