Topサッカー話 > 2013年 J2ラスト2 熾烈なプレーオフ進出争い
« 天皇杯 ジェフ千葉vsFC東京 番外編 | メイン | モキモキ騒動 »

2013年 J2ラスト2 熾烈なプレーオフ進出争い

2013年11月13日

J.LEAGUE 20thロゴ

J2も残るところ2節となりました。前節のガンバ大阪に続き、ヴィッセル神戸が1年でのJ1昇格を決めました。

自動昇格を逃した京都サンガF.C.もJ1昇格プレーオフ進出が確定しました。

いよいよ佳境となったJ1昇格プレーオフ進出を巡る争い。いったい、どこが6位以内に入ってくるんでしょうか。

なお、第40節の結果で11位のファジアーノ岡山以下のプレーオフ進出がなくなりました。

スポンサードリンク

第39節時点での3位~12位のチームの勝ち点、得失点差、残り3節の対戦相手、勝ち点をどこまで積み上げられるかを表にしてみました。

  勝ち点 得失点差 41節 42節 0 +1 +2 +3 +4 +6
京都 70 +24 水戸 栃木 70 71 72 73 74 76
長崎 66 +10 松本 徳島 66 67 68 69 70 72
千葉 64 +19 栃木 鳥取 64 65 66 67 68 70
徳島 63 +4 東京V 長崎 63 64 65 66 67 69
札幌 60 +8 岐阜 北九州 60 61 62 63 64 66
松本 60 -2 長崎 愛媛 60 61 62 63 64 66
栃木 59 +5 千葉 京都 59 60 61 62 63 65
山形 58 +14 G大阪 東京V 58 59 60 61 62 64

3位確定、 4位以上確定、 6位以内確定、 7位以下確定

第40節で、長崎、徳島が勝利した事で、J1昇格プレーオフ進出へのハードルが少し高くなりました。最低でも、徳島の勝ち点63に追いついて得失点差で上回る必要が出てきました。

松本山雅FCはV・ファーレン長崎との直接対決で、これに敗れると得失点差もあり非常に厳しくなりそうです。長崎はプレーオフ進出が確定します。

栃木は、千葉、京都と直接対決ですが非常に厳しい状況ですね。山形は、調子自体はよさそうですが首位ガンバとの直接対決があり、徳島、千葉が勝ち点を積み上げた時点でプレーオフ進出出来ないので難しそうです。

コンサドーレ札幌は、岐阜、北九州とカード的には他のチームより優位な状況ですが、天皇杯があり日程的には苦しい状況です。下位チーム相手とはいえ勝ち点を取りこぼせば途端に苦しい状況になりそうです。

徳島は最終節に長崎戦を残しているので、東京ヴェルディ戦に勝ってプレーオフ進出を確実にしておきたいところ。ここで勝ち点を取れないと、逆転でプレーオフ圏外という自体にもなりかねません。

ジェフは、まずは栃木戦に勝つことでしょう。2連敗してしまった事もあり、とにかく勝って状態をあげたいところ。2連勝すれば逆転で4位以内に入る事も十分可能なので、そういう意味でも栃木戦は重要になります。

長崎は、松本、徳島との直接対決。栃木、千葉に勝って状態はいいでしょうが、2連勝出来るかどうかはわかりません。

プレーオフ進出を決めた京都はあと1勝で3位が確定となります。昨シーズンは最終節で3位転落だっただけに、今年のほうが準備はしやすいでしょう。

7位以下のチームにとってはプレーオフ進出をかけた最終局面。そして、4位以内でのプレーオフ進出を巡る争いもどう転がるかわからない状況で、最終節までもつれそうです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。