Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > ジェフ千葉 残りの4試合の勝手テーマ
« 2013年 ナビスコカップ決勝 浦和vs柏 ネルシーニョの罠 レイソルが2度目のナビスコ制覇 | メイン | ジェフレジェンドvsヴェルディレジェンド 楽しい時間 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフ千葉 残りの4試合の勝手テーマ



ジェフユナイテッド市原・千葉

2013年シーズンも残り4試合となりました。ジェフ千葉は自動昇格は逃したものの、今年もJ1昇格プレーオフ圏内の4位に位置しています。

残りの4試合はプレーオフに向けて、状態をあげていきたいところではありますが、7位以下のチームとの勝ち点差もありプレーオフ進出確定も目前です。

残りの試合の対戦相手は、プレーオフで直接当たる可能性の当たるチームだったり、J2残留争いをしているチームで気が抜けない相手ではあります。

もちろん一戦一戦がプレーオフに向けて大事なゲームとはなるんですが、チーム状態を上げるだけではなくて、プレーオフで勝ち上がるにはあらゆる想定を考えておく必要があると思います
昨年のプレーオフにしても、ジェフの状態はよかったと思いますが、0-0で有利な状態から苦杯を喫しています。今年は同じ轍を踏まない為にも用意周到にいきたいものです。

スポンサードリンク

そこで、残りの4試合はそれぞれ試合毎にテーマを決めて戦ってみたらどうかと思っています。現在3連勝でチーム状態自体はいいと思いますが、いい意味でもっとチャレンジしてみてもいいと思ってます。

もちろん、鈴木監督自体はそこまで考えてないかもしれませんが、手前勝手にどういうテーマで行くかを考えみました。

vsコンサドーレ札幌

ジェフはコンサドーレとの相性があまりよくなくて、勝っている印象がありません。さらに、札幌ドームでの対戦では全敗といいところがありません。

コンサドーレ自体もまだJ1昇格プレーオフに進出する可能性を残しているので、かなり気合をいれて望んでくるでしょう。

プレーオフのレギュレーションでは引き分けの場合はリーグ戦での上位チームが勝ち抜けになる為、負けないサッカーというのも大事になってきます。今の順位どおりなら、このレギュレーションが適用されるのはホームフクアリとなるので、すこしシチュエーション的には違いますが苦手とするコンサドーレ相手というのは一番試しがいがあると思います。

という事で、コンサドーレ札幌戦のテーマは、「負けないサッカー」です。何が何でも勝ち点1以上を持ち帰る事。昨年のプレーオフでも経験済みの選手も多いでしょうが、引き分けでもOKというのは意外と心理的には難しいものです。0-0の場合、1-0で勝ってる場合、0-1で負けている場合でどう試合をすすめていくかをこの試合で感じ取ってもらいたいですね。

vsV・ファーレン長崎

これまた、今の順位どおりならばホームフクアリでプレーオフの準決勝で当たる相手です。いわば、プレーオフ前の前哨戦という事になります。

相手が高木監督というところもあって、あまり手の内を全て見せたくはないというのはありますが、下手に消極的な試合もして欲しくありません。
フクアリ開催で手の内を過くすようなサッカーというのは逆に難しい試合になってしまう気もします。

ならば、逆にいつも以上にイケイケサッカーをしてもらいたいと思います。V・ファーレン長崎戦のテーマは、「限界へのチャレンジ」です。

ある意味、オーバーペース気味でやってもらいたいです。その結果どこまで出来るかを図るのはこの機会しかないと思います。どうせ、プレーオフ本番では慎重な試合運びをせざるを得ないと思いますから。場合によっては弱点がモロに出る可能性もありますが、相手に取ってはおいしく見える点はむしろ難しくさせればいいと思います。ジェフにとっては、本番までに修正出来る時間もあるわけで、むしろ相手が食いついてくれればラッキーくらいな感じにしておけばいいのです。

弱点というのもありますが、気温自体は下がってきているものの、いまの状態でどれだけ走りきれるのかというところも見てみたいところです。あえてペース配分をしないで多いっきりやってみてほしいですね。

vs栃木SC

プレーオフ圏外にはいますが、逆転でプレーオフ進出もありえる相手です。直接対戦する可能性もあります。

栃木とはJ2に落ちてからの対戦で1勝1敗5分で非常に拮抗しています。なので、この試合でのテーマはもちろん「勝ちきるサッカー」です。

今季のJ2リーグではホーム最終戦になるので、そういう意味でも勝って終わりたいところです。そういう意味でも、いかに得点を奪うかというところを試してほしいところです。拮抗した相手に勝ちきれるかが最大のポイントです。

vsガイナーレ鳥取

相手は、J2残留争いをしているチームで、最終節で降格か残留かが決まる可能性もあります。

通常であれば、下位のチームならジェフ相手に守備的にいきたいところもあるでしょうが、勝たないといけない状況なら少し違った戦いをしてくるでしょう。

ジェフからすれば格下という事にはなりますが、簡単な試合にはならないでしょう。昨年のとりスタでも負けてますし。
この試合のテーマは”コントロール”です。90分間いかにゲームをコントロールできるかという事を考えながらゲームをしてほしいところです。

相手が守ってくるのか出てくるのか、今行くべき時間か自重するべきか、今がどういう時間帯なのか、当たり前の事を当たり前に出来るかどうかをみておきたいです。
もちろん、プレーオフ進出が決まっていれば、プレーオフ前最後の試合でもあり、なるべく良い状態で終えたいところでもあります。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6