Topサッカー話 > J3に参加を表明した19クラブの概要
« ドイツ女子vsなでしこジャパン 高く大きなドイツの壁 | メイン | 2013年 J2 第23節 ジェフ千葉vsガンバ大阪 今シーズンのベストゲーム 会心の勝利!! »
このエントリーをはてなブックマークに追加

J3に参加を表明した19クラブの概要



J.LEAGUE 20thロゴ

スポーツ紙など、各紙新聞社の報道によると、来季に発足するJ3に19クラブが参加意思を示しているそうです。

来季発足のJ3への参加、19クラブが表明 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
来季発足するJ3に計19クラブが参加意思を示していることが分かった。 ...

今季JFLに所属していて、Jリーグ準加盟している6チーム。

FC町田ゼルビア、S.C.相模原、ツエーゲン金沢、カマタマーレ讃岐、AC長野バルセイロ、ブラウブリッツ秋田

準加盟申請するのがJFL所属の6チーム

福島ユナイテッドFC、栃木ウーヴァ、Y.S.C.C.、藤枝MYFC、MIOびわこ滋賀、FC琉球

地域リーグ所属の7チーム

ヴァンラーレ八戸、グルージャ盛岡、tonan前橋、アスルクラロ沼津、鈴鹿ランポーレ、奈良クラブ、レノファ山口

となっています。

スポンサードリンク

それでは1チームずつ見て行きたいと思います。

FC町田ゼルビア

ホームタウン: 東京都町田市
所属リーグ: JFL(3位 6/30時点)
ライセンス: J2
ホームスタジアム: 町田陸上競技場
サイト: http://www.zelvia.co.jp/

2012年シーズンはJ2に所属。来季もJ2昇格候補の一角

S.C.相模原

ホームタウン: 神奈川県相模原市
所属リーグ: JFL(8位 6/30時点)
ライセンス: 準加盟
ホームスタジアム: 相模原麻溝公園競技場
サイト: http://www.sc-sagamihara.com/

クラブの代表に元日本代表の望月重良氏が就任している。神奈川県から5番目のJクラブ誕生となりそうだ。

ツエーゲン金沢

ホームタウン: 金沢市、野々市市、かほく市、津藩町、内灘町を中心とする石川県全域
所属リーグ: JFL(5位 6/30時点)
ライセンス: 準加盟
ホームスタジアム: 石川県西部緑地公園陸上競技場
サイト: http://www.zweigen-kanazawa.jp/

久保竜彦が加入していた時期もあった。JFL4年目を迎える。

カマタマーレ讃岐

ホームタウン: 高松市、丸亀市を中心とする香川県全域
所属リーグ: JFL(1位 6/30現在)
ライセンス: 準加盟
ホームスタジアム: 香川県丸亀競技場
サイト: http://www.kamatamare.jp/

四国から3番目のJリーグ入りを目指す。J2ライセンス取得ならば一気にJ2入りも。

AC長野バルセイロ

ホームタウン: 長野県長野市
所属リーグ: JFL(2位 6/30現在)
ライセンス: 準加盟
ホームスタジアム: 南長野運動公園総合球技場
サイト: http://parceiro.co.jp/

同じ長野県で松本山雅FCのライバルチーム。J2ライセンスを取得していない為、まずはJ3で足場を固めたい。

ブラウブリッツ秋田

ホームタウン: 秋田市、由利本荘氏、にかほ市を中心とする秋田県全域
所属リーグ: JFL(9位 6/30時点)
ライセンス: 準加盟
ホームスタジアム: 秋田市八橋運動公園陸上競技場、秋田市八橋公園球技場
サイト: http://blaublitz.jp/

旧TDKサッカー部。スタジアムの整備の関係で今年ようやく準加盟申請が通った。東北から3番目のJクラブ入りへ。

福島ユナイテッドFC

ホームタウン: 福島県福島市
所属リーグ: JFL(12位 6/30時点)
ライセンス: 未申請
ホームスタジアム: 福島市信夫ヶ丘競技場
サイト: http://fukushimaunited.com/

悲願のJFL昇格を果たした。震災・原発事故による苦難を乗り越えて、復興の星になれるか!?

栃木ウーヴァFC

ホームタウン: 栃木県栃木市・足利市
所属リーグ: JFL(18位 6/30時点)
ホームスタジアム: 栃木県総合運動公園陸上競技場
サイト: http://www.tochigi-uva.com/

栃木県から2番目となるJリーグ入りを目指す。足利市をホームタウンに加え、チーム名の改称も視野に入れている。

Y.S.C.C.

ホームタウン: 神奈川県横浜市
所属リーグ: JFL(16位 6/30時点)
ホームスタジアム: ニッパツ三ツ沢球技場、三ツ沢陸上競技場
サイト: http://www.yscc1986.net/

正式名、横浜スポーツ&カルチャークラブ。横浜市に拠点を置くNPO法人。かつての全日空横浜SCの選手たちが立ち上げたクラブで、横浜フリューゲルスの後継チーム候補にもなった。

藤枝MYFC

ホームタウン: 静岡県藤枝市
所属リーグ: JFL(11位 6/30時点)
ホームスタジアム: 藤枝市総合運動公園サッカー場
サイト: http://myfc.co.jp/

サッカー王国静岡県からのJ3入りを目指す。元清水エスパルスの斉藤俊秀が選手権人監督を務める。

MIOびわこ滋賀

ホームタウン: 滋賀県
所属リーグ: JFL(17位 6/30時点)
ホームスタジアム: 布引グリーンスタジアム等
サイト: http://fcmi-o.com/

佐川急便京都サッカー部が母体となり、地元のジュニアユースクラブチームを元に結成されたチーム。

FC琉球

ホームタウン: 沖縄県全域
所属リーグ: JFL(7位 6/30時点)
ホームスタジアム: 沖縄県総合運動公園陸上競技場
サイト: http://fcryukyu.com/

かつて沖縄かりゆしFCを対談した選手を母体に結成された。スタジアム改修の目処が立たず、Jリーグ準加盟申請の壁がある。悲願のJリーグ入りなるか!?

ヴァンラーレ八戸

ホームタウン: 青森県八戸市
所属リーグ: 東北1部 (1位 6/30時点)
ホームスタジアム: 八戸市南郷陸上競技場等
サイト: http://www.vanraure.com/football/

今年、東北1部リーグ昇格を果たしたばかりだが、首位を走っている。東北6県の中では出遅れていた青森県からのJクラブ誕生なるか!?

グルージャ盛岡

ホームタウン: 盛岡市を中心とする岩手県全域
所属リーグ: 東北1部 (2位 6/30時点)
ホームスタジアム: 盛岡南公園球技場
サイト: http://www.grulla.jp/index.html

将来のJリーグ入りを目指して結成されたが、東北1部リーグ優勝からのJFL昇格を果たせずにいる。悲願のJリーグ入りなるか!?

tonan前橋

ホームタウン: 群馬県前橋市
所属リーグ: 関東1部 (3位 6/15時点)
ホームスタジアム: NTT図南スーパーグランド
サイト: http://tonan.sc/

前橋商業高校サッカー部のOBを中心に結成された。群馬県から2番目のJクラブ入りを目指す。

アスルクラロ沼津

ホームタウン: 静岡県沼津市
所属リーグ: 東海1部 (6位 6/23時点)
ホームスタジアム:
サイト: http://azul-claro-sports-club.jp/

ジュビロ磐田と業務提携をしている。今年、東海2部からの再昇格を果たしたばかりだが、J3入りを表明している。

鈴鹿ランポーレ

ホームタウン: 三重県鈴鹿市
所属リーグ: 東海1部(1位 6/23時点)
ホームスタジアム: 鈴鹿スポーツガーデン
サイト: http://fcsuzuka.net/

鈴鹿市を拠点とするスポーツクラブ。東海1部昇格から3年目で1位になっている。

奈良クラブ

ホームタウン: 奈良県奈良市
所属リーグ: 関西1部 (5位 6/30時点)
ホームスタジアム: 鴻ノ池陸上競技場
サイト: http://www.naraclub.jp/

奈良県の強豪クラブだったが、関西リーグ入りまでに年月がかかっている。2011年に関西1部リーグ優勝を果たしている。関西から5番目のJクラブ入りを目指す。

レノファ山口FC

ホームタウン: 山口県
所属リーグ: 中国 (3位 7/1時点)
ホームスタジアム: 維新百年記念公園陸上競技場
サイト: http://www.renofa.com/

山口県サッカー教員団を母体に作られたクラブ。中国リーグの壁を超えられずにいたが、一気にJ3参入を目指す。

10~12クラブでJ3初年度はスタートということなので、JFLの準加盟組6チーム+残りの6チームが有力候補だろうか!?ただ、スタジアムや財政状況などで、準加盟申請が通らないチームや、J3ライセンスが発行されないチームも出てくる可能性もある為、地域リーグ所属のチームにもチャンスはあるかもしれない。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-19~2018-04-25

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6