Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2013年 J2 第15節 ジェフ千葉vs松本山雅FC ジャイール&谷澤で4連勝
« 2013年 J1 第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 両チームに痛いスコアレスドロー | メイン | ジェフ千葉vs愛媛FC 番外編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年 J2 第15節 ジェフ千葉vs松本山雅FC ジャイール&谷澤で4連勝



絶対J1!

J2 第15節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs松本山雅FCの試合を観戦しにフクダ電子アリーナまで行って来ました。

試合前

前日までは雨の予報だったが、当日は晴れ。途中から雲行きが怪しくなったものの最後まで雨は降らずに済みました。

この日は、南房総市の物産展があったようだったが、忘れていたため参加せず・・・。

この日は、松本山雅FCのサポーターがかなり来ていて、アウェイ側ゴール裏は満員。バックスタンドのSA自由席にもかなりの人数が来てました。

スポンサードリンク

試合経過

試合前の握手をする両チームの選手たち

ジェフの先発は、GKに岡本、CBに智と竹内、右SBに米倉、左SBに大岩、ボランチに勇人と健太郎、右SHに兵藤、左SHに佑昌、トップ下に谷澤、トップにケンペスという布陣だった。

先発は前節と変わらず、ベンチにキムに代わって良太が入った。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第15節 vs松本山雅FC 先発フォーメーション
10.兵藤
37.ケンペス
6.田中
7.佐藤勇
39.谷澤
16.佐藤健
11.米倉
3.竹内
5.山口
15.大岩
1.岡本

序盤、ケンペスがいきなりミドルシュートを放つなど悪くない出だし。
だが、攻勢に出たのは松本。ただ、最後の精度に欠きジェフとしては助かっている。

徐々に、ジェフがボールを持つ時間が長くなる。決定機こそ少なかったが、勇人や谷澤が積極的にミドルシュートを狙う場面もあり、相手を押し込む事になる。

米倉の上がりからのクロスもあったが、中と合わない事が多くチャンスに繋がらなかった。

この日は、逆サイドの大岩も積極的に上がってチャンスを作ろうとしていたが、後一歩決定機になりきれず。

全体的に流れは悪くなかったものの、得点は生まれないまま0-0で前半を折り返す。

ジェフのCKのチャンス

後半の開始早々、カウンターから兵藤が抜け出すビッグチャンスとなったが、シュートは力が弱くGKにセーブされる。

松本にも何度もチャンスを作られるようになり、お互いにチャンスを作り合う展開となる。

前半同様、勇人や兵藤がミドルシュートを狙う場面もあったが、ゴールには繋がらず。

少しずつ、松本が押し込むようなるが、失点は許さない。

後半25分、勇人に代えてジャイールを投入。兵藤がボランチに下がって、ケンペスとジャイールの2トップのような形になり、谷澤が左、佑昌が右に入る。

後半32分、右サイドに出たジャイールがボールを持つと相手の又を抜いてペナルティエリア内に仕掛ける。ジャイールの送ったボールに谷澤が頭で合わせてゴール。ジェフがようやく先制点を奪う。

谷澤の得点直後

この後、1点を追う松本が攻勢にでて押し込まれる展開となる。

後半44分、兵藤に代えて山口慶、アディショナルタイムには佑昌に代えて良太を投入する。

苦しい展開となったが、なんとか最後までゴールは許さず。1-0で勝利。これで4連勝となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第15節 vs松本山雅FC 試合終了時フォーメーション
37.ケンペス
22.ジャイール
11.米倉
13.山口慶
16.佐藤健
39.谷澤
4.青木
3.竹内
5.山口
15.大岩
1.岡本

戦評

試合終了後、バックスタンドに向かって挨拶をする選手たち

相手の松本は水曜日にゲームがあった中での試合だったが、それでもかなり中盤では厳しく当たってきた。
ジェフの選手も、もう少しいなせればよかったのだが、中々パスが回せない場面も多かった。相手に寄せられてボールを奪われそうになったり、かすめ取られたりという場面もあったが、よく粘ってボールを奪い返したり、攻撃に繋げない守りをしていたと思う。

目立ったのは、この日は前半からミドルシュートを狙うケースが多く、これまで中々みられなかった形。ただ、遠目で狙うものの大きく外れてしまう場面も多く、相手に冷やりとさせるシーンを多く作りたい。
遠目からのシュートを警戒して相手が前に出てくるのを利用したかったが、なかなかサイドからボールが合わずに決定機に繋がらなかった。それでも、これまでの試合の中ではチャンスが多く作れた方だったと思う。

パス回しでもだいぶ、スムーズに回せるようになってきたが、ボール1個分ずれたり、逆足にパスしてしまってタッチ数が多くなる場面が多く、ここで流れを止めずにボールを回せるようになればスムーズになってくるのだが。

とにかくこれで4連勝。首位神戸、2位のガンバが勝ったため勝ち点差は縮まらなかったが、3位に浮上した。昨年も5月が全勝で調子がよかったが、その後なかなか波に乗り切れない試合が多かっただけに、この勢いを止めずにいきたい。

まだまだ、攻守ともに課題もあり、胸のすくような試合がなかなかないだけに、もっともっと上積みを期待したい。

まずは6月に首位争いが出来るくらいに、そして課題の夏場を乗り切って終盤戦で脱落しないようにしたい。

次節は上位争いをしている長崎との試合。昨年の天皇杯では勝っているが、まったく別なチームと思った方がいいだろう。

選手評価
GK 岡本 6.5
DF 竹内 6.5
DF 山口智 6.0
DF 米倉 6.0
DF 大岩 6.0
DF 良太 -
MF 健太郎 6.0
MF 勇人 6.0
MF 山口慶 -
MF 兵働 6.0
MF 谷澤 7.0
FW 田中 5.5
FW ケンペス 5.5
FW ジャイール 6.5

この試合もジェフが勝利したので、試合後ゴール裏で動画を撮っておきました。本家、俺達ジェフは久しぶりでしたね。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6