Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsラトビア スタートアップ2013
« 元日本代表 吉原宏太が現役引退 | メイン | ジェフ千葉 「2013サポーターズフェスタ」 その1【J特】 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsラトビア スタートアップ2013



日本代表vsラトビア代表

日本代表の2013年最初の試合、キリンチャレンジカップ2013 日本代表vsラトビア代表の試合をフジテレビの中継を録画して観戦した。

Jリーグ開幕前という事もあり、ほとんどのメンバーを海外組が占めるというチーム編成。昨年のW杯予選以来の試合という事で、どうなるだろうか!?

試合経過

日本の先発は、GKに川島、CBに今野と吉田、右SBに内田、左SBに長友、ボランチに長谷部と細貝、右SHに清武、左SHに香川、トップ下に本田、1トップに岡崎という布陣だった。

日本代表 vsラトビア代表 先発フォーメーション
9.岡崎
10.香川 8.清武
4.本田
13.細貝 17.長谷部
5.長友 6.内田
15.今野 20.吉田
1.川島
スポンサードリンク

主導権を握ったのは日本だったものの、久しぶりの試合という事でやや様子を見ながらという展開になった。

攻めこみはするものの、中々シュートまで持ち込む事が出来ず。

前半13分に清武が倒されて得たFKは、本田が蹴るものの壁に当たってしまった。さらに、前半17分清武のクロスに香川が合わせるがボールは枠に飛ばず。

なかなか、シュートが生まれない展開だったが、前半21分、吉田からのボールを岡崎がヘディングで落して長谷部が遠目からシュートを狙う。
これは、枠を外したものの、ここから徐々にシュートの意識が高まっていく。

23分に本田がミドルシュートを狙うと、今度は内田や長友からのクロスでチャンスを作る。

そして、前半40分、右サイドでゲームを組み立てて清武が粘ったボールを繋いで最後は内田がシュート。このボールに岡崎が足を出してゴールに吸い込まれる。日本が岡崎のゴールで先制点をあげる。

前半は、日本が1点をリードして終える。

ハーフタイムに、清武に代えて前田、細貝に代えて遠藤が投入される。

後半になると、日本が勢いが出始める。

後半3分、香川のクロスに前田がヘディングで合わせるがポストに当たってしまう。

さらに香川がドリブルでしかけてシュート。この流れから連続CKとなるが、ゴールは奪えず。

中盤でボールカットして前田からのスルーパスを受けた内田からのパスを受けた本田がシュートを打つがゴールならず。

後半14分、香川がドリブルで左サイドからしかけて、最後は本田にパス。このボールを本田がダイレクトでシュートを放ちループ気味にゴール右上に吸い込まれる。日本が2-0とリードを広める。

さらに、その直後には前田からのボールを受けた香川のスルーパスに岡崎が抜け出す。岡崎はGKも抜きさってのシュート。これが決まって3-0とする。

この後、本田に代えて乾、内田に代えて酒井高徳を投入する。香川がトップ下に入って、乾が左SHに入った。

乾が左サイドから再三攻め込み、積極的にシュートを放つもののわずかにゴールを外れる。

後半20分には、今野に代えて伊野波を投入。

その後、日本が何度となくゴールに迫るが、後1歩でゴールにならず。

後半35分、岡崎に代えて大津を投入。いきなり右サイドでドリブル突破。相手に押し込まれるが粘ってCKを取る。

その後も終始日本が主導権を握り、最後までゴールチャンスがあったものの追加点は奪えず。結局、3-0で日本が勝利となった。

日本代表 vsラトビア代表 試合終了時フォーメーション
18.前田
14.乾 19.大津
10.香川
7.遠藤 17.長谷部
5.長友 3.酒井高
2.伊野波 20.吉田
1.川島

戦評

毎年のことながら、年頭の試合は調整試合の意味合いが強い。この試合は、海外組中心ながらも3月のW杯予選に向けて、今一度代表としての試合勘を取り戻すというのがあったと思う。

前半こそ、なかなかシュートまでもっていけない展開が多かったが、それでもゲームの組立の部分ではこれまでの代表らしさが見えてくたと思う。

前半のうちに岡崎のゴールが生まれた事もあり、後半はよりアグレッシブに仕掛ける事が多くなった。全体的に流動的な動きが増えてきて、ラトビアの守備陣もだいぶ混乱するようになった。

本田、岡崎の連続ゴールで突き放して、まだまだ勢いはあったものの追加点は生まれなかった。

途中交代の乾が積極的にゴールを狙っていったが、1点を奪う事が出来なかった。欧州遠征のフランス戦以来香川にもゴールは生まれず。

ただ、年頭の試合としては、かなりうまくいったと思う。海外組も、それほど運動量が落ちる事なく最後まで戦えたし、順調なスタートを切った形になった。

この後は、3月のW杯前にカナダと親善試合を行なって、アウェイのヨルダン戦となる。ここで勝利すれば、ブラジルW杯出場が決まる。

関連エントリー
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs韓国代表の試合をフジテレビの中継で生中継で観戦しました。試合は、日本がPKで早々に先制するものの、韓国に前半だけで3失点。後半にも1点を失い、1-4で敗れました。
  • 2017年12月13日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs中国代表の試合をフジテレビの中継で録画して観戦しました。試合は、日本がボール支配率で圧倒していたもののゴールがなかなか奪えず。それでも終盤に小林のゴールで先制すると、昌子のロングシュートで突き放し、PKの1失点に抑えて2-1で勝利しました。
  • 2017年12月10日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継で観戦しました。試合は、日本がボール支配率では上回っていたものの、再三北朝鮮に攻め込まれる苦しい展開。しかし後半ATに井手口のゴールで先制し1-0で勝利しました。
  • 2017年11月15日 ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗
    ベルギー代表vs日本代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半を0-0で折り返すが、後半27分にルカクにゴールを決められて1-0で敗戦となりました。
  • 2017年11月11日 日本vsブラジル 悔やまれる前半で完敗
    日本代表vsブラジル代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。前半のPKで先制されると、さらに2失点。後半に入ると、セットプレーから1点を返したものの1-3で完敗となりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-19~2018-04-25

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6