Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 J2 第20節 ジェフ千葉vsギラヴァンツ北九州 攻守に停滞しホーム初黒星
« 2016年 J2 第19節 清水エスパルスvsジェフ千葉 苦しみながらも勝ち点1を拾う | メイン | U-23日本vsU-23南アフリカ 国内最終戦を快勝で終える »

2016年 J2 第20節 ジェフ千葉vsギラヴァンツ北九州 攻守に停滞しホーム初黒星

2016年6月27日

REVOLUTION NEXT 25

2016年J2第20節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsギラヴァンツ北九州の観戦でフクダ電子アリーナまで行ってきました。

日中は、かなり気温も上がり暑くなりました。試合開始の頃になって日も傾いて、ようやく気温も下がりはじめたところでした。

スポンサードリンク

試合前に発表されていた先発メンバーからアランダが外れていました。ウォーミングアップ中の怪我で急遽欠場となったそうです。

円陣ダッシュ

試合経過

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤とジュヨン、右SBに多々良、左SBに阿部、ボランチに富澤と長澤、右SHに山本、左SHに船山、トップ下に町田、1トップにエウトンという布陣でした。

アランダの負傷で、富澤が先発に回りました。山本は、右SHとしての出場です。累積での出場停止明けのエウトンが先発復帰です。

vsギラヴァンツ北九州 先発メンバー

開始早々に、近藤がふくらはぎを痛めて、負傷退場する事になる。近藤に代わって、大久保が出場する。

前半6分、北九州のCKは、優也がパンチングで弾き返す。前半7分の北九州のFKは、オフサイドとなる。

前半13分、優也のキックがミスとなり、小松に当ててしまう。小松が持ち込んでおりかえしたボールをシュートも上に外れて助かる。

前半14分、船山が中に入りながらクロスを入れるがGKがキャッチする。

前半18分、北九州のFK。跳ね返したボールを、川島がミドルシュート。ブロックしたボールはそのままラインを割ってCKに。続く、CKは、ジェフが守り切る。

前半21分、ジェフのCK。北九州が跳ね返しきれず。大久保が蹴りこむが上に浮いてしまう。これは、クリアされる。

前半22分、北九州が右サイドからクロスも、優也がキャッチする。前半25分、北九州が右サイドで裏をとって折り返す。優也が、弾いたところを原に蹴りこまれて、北九州が先制する。

前半28分、船山からのパスを受けた町田がシュートも、相手に当たってGKがキャッチする。前半32分、ジェフのFK。左サイドの山本へパスを送ってクロスを上げるが、はねかえされる。さらに、前半33分、ジェフのCK。エウトンが頭で合わせるが枠を外れる。

前半のCKのチャンス

前半37分、北九州が自陣からボールをつないで一気に前線へ。原が持ち込んでシュートも右に外れる。

前半38分、長澤から右に展開。多々良のクロスは流れて、逆サイドの船山が折り返すが誰も合わせられず。
前半44分、阿部のクロスはクリアされる。ジェフのCKとなるが、エウトンのヘディングは防がれる。

前半は、このまま0-1で折り返す。

後半3分、町田、山本、長澤、山本と繋いで、長澤のクロスは合わせられず。阿部がひろって中に入れるが、クリアされる。さらに、スローインから阿部がクロス。エウトンが頭に当てるがGKがキャッチする。

後半8分、山本に代えて阿道を投入する。エウトンと阿道の2トップとなる。

後半9分、北九州は、川島が遠目からシュートも上に外れる。

後半13分、北九州のFK。左に展開されるが、クロスは優也がかきだす。続く、北九州のCK。ニアに低いボールを入れるが、クリアして再度CKに。再度のCK。パンチングしたボールが相手に当たってラインを割る。

後半15分、町田に代えて井出を投入する。

後半17分、井出が左から右サイドへサイドチェンジ。船山が受けて裏にスルーパスを送るが、誰も反応できず。さらに後半18分、井出からエウトンに当てて、落としたボールを阿部がクロス。阿道が頭で折り返すが、誰にも合わず。

後半20分、エウトンからのパスを受けた船山が前を向いてシュートも、わずかに左に外れる。後半24分には、阿部のクロスにエウトンが狙うがファウルとなってしまう。後半26分、井出が苦し紛れに強引にシュートも上に外れる。

後半28分、北九州はペナルティエリアで、風間から小松がスライディングシュートも優也が止める。しかし、後半31分、北九州は中にクロスを入れると、原が右サイドへ。クロスを上げるとニアに風間が飛び込んでゴールを奪う。0-2とされる。

後半38分、多々良が右サイドからクロス。エウトンが頭で合わせてゴールを奪う。ジェフが1点を返す。

エウトンのゴール後

後半40分、阿部のクロスから阿道が競る。落としたボールを自らシュートも右に外れる。その後もジェフが攻め続けるが、ゴールは奪えず。

試合は、1-2で北九州が勝利した。

vsギラヴァンツ北九州 試合終了時メンバー

選評

試合終了後の握手を交わす選手たち

久々に、情けない試合を見せられました。確かに、試合前、試合直後と相次いで負傷者が出るアクシデントがあったものの、終始低調な内容に終わりました。

全体的に運動量が少なかったですね。どうしても、判断に時間がかかってパスが速く回りませんでした。読まれてしまっていたのか、パスミスも多かったように思います。北九州も、中央はかなりしっかりと固めていたので、中々中にボールを入れられませんでした。

北九州のゴールは、いずれも同じようなパターンでした。1失点目は、船山の裏を取られて、そのまま折り返されたところからの失点でした。原がいいところに詰めていました。ジェフのDF陣よりいち早く反応しました。

2失点目は、単純なクロスでしたが、そこから外ボールを持ちだされてジュヨンが釣り出されました。大久保と多々良も中にいましたが、風間に入り込まれてしまいました。2失点目は非常にもったいなかったと思います。

その後、エウトンが1点を返して、終盤になってようやく勢いが出てきたのですが、同点に追いつく事が出来ませんでした。最後まで、どこかチグハグな攻撃と鳴ってしまいました。

これで、北九州相手に6連敗という事になりました。さらに、今シーズンのホーム無敗も途切れました。9戦無敗も途切れて、10試合ぶりの負けとなりました。しかし、前半戦で、早くも5敗目は非常に痛いですね。

前半戦でいえば、昨シーズンよりも、成績は悪くなりました。もっとも、昨シーズンは、後半戦でかなり負け数が増えてしまったので、これから巻き返せば上位に行ける可能性は十分に残されています。少なくとも、前半戦よりも、勝ち点を増やさないといけませんね。

まずは、次節の折り返しのアウェイ愛媛戦で勝つ事。ここで連敗するわけには行きません。昨シーズンは、木山さんに研究されて初黒星を喫した試合でしたが、同じ轍を踏むわけには行きません。元々、愛媛とは相性がよかったので、ここは勝ち点3を持ち帰って後半戦に弾みをつけたいところです。

それにしても、アランダと近藤の負傷が心配です

選手評価
GK 優也 5.5
DF 近藤 -
DF 大久保 5.0 
DF イ 5.0
DF 多々良 5.0
DF 阿部 5.5
MF 長澤 5.5
MF 富澤 6.0 
MF 山本 5.5
MF 井出 5.5
MF 町田 5.5
FW 船山 5.5
FW エウトン 6.0
FW 阿道 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。