Top > 話題別 > 国際試合FCWC > FCWC '15 3位決定戦 サンフレッチェ広島vs広州恒大 Jリーグ王者の意地で3位獲得
« 第37回 皇后杯 準々決勝 ジェフ千葉レディースvsアルビレックス新潟レディース 1点が奪えず敗退 | メイン | AFCU-23選手権2016(リオ五輪アジア最終予選) U-23日本代表発表 »

FCWC '15 3位決定戦 サンフレッチェ広島vs広州恒大 Jリーグ王者の意地で3位獲得

2015年12月21日

CLUB WORLD CUP JAPAN 2015

FCWCの3位決定戦 サンフレッチェ広島vs広州恒大の試合を日テレの中継でテレビ観戦しました。

広島はACLに出場していなかったので、今年は初対戦です。Jリーグのチームを撃破してACLチャンピオンになっている広州に対して、Jリーグ王者が挑みます。

試合経過

開始2分、広州のFKはクリアします。続く、前半4分の広州のCK。シュートは林が弾き返したが、これをシュート性のボールを蹴りこまれてパウリーニョがコースを変えてゴールを奪われる。開始早々に、広州が先制する。

スポンサードリンク

前半5分に、ミキッチが右サイドからボールを入れるが、はねかえされる。

その後は、広州の攻撃に広島は防戦一方となってしまう。

前半9分、広島はミキッチが右サイドを突破して、カットインからシュートもバーの上を越える。

前半13分には、清水からのクロス。こぼれたボールをミキッチがシュートもブロックされるが、跳ね返りをミキッチが拾ってクロスをあげる。寿人が頭に当たるが防がれる。

前半19分、青山のミドルシュートはブロックされるが、右のミキッチにわたりクロスをあげるが、はねかえさえる。

前半20分、広島はクロスから寿人が頭に当てるが、防がれてしまう。

前半21分、広州のミドルシュートは、ブロックしてCKに。このCKは、はね返して、広島がカウンターを仕掛けるが、最後のパスは通らず。

前半23分、左サイドからのクロスに寿人が合わせるが、GKのファインセーブに防がれてCKに。このCKは、はねかえされてしまう。

前半24分、広島は左サイドからの横パスを受けた寿人がシュートも左に外れる。

前半26分、右サイドからの浅野のシュートはGKがキャッチする。

前半32分、広州のシュートは、選手に当たってコースが変わるが、ポストに当たり助かる。

前半37分、清水のミドルシュートはGKがキャッチする。さらに、茶島がカットインからシュートも、枠を外れる。

前半42分、青山からのパスから、走りこんだ丸谷がシュートもDFが防ぐ。

前半44分、広島はショートCKから、青山がクロスをあげるがGKがキャッチする。

前半48分、青山からのパスを受けた浅野が抜け出すが、シュートは打てず。

前半は、このまま0-1で折り返す。

後半3分、浅野がミドルシュートもGKが防ぐ。

後半7分、広州が右サイドからクロスをあげると、ヘディングシュートは左に外れるがCKに。このCKから、ヘディングシュートは枠を外れる。

後半13分、寿人に代えてドウグラスを投入する。

後半14分、広州の攻撃。シュートはブロックするがCKに。このCKは、はねかえす。

後半21分、広州のCK。ヘディングはバーの上をこえる。

後半22分、広島のCK。ドウグラスのシュートは相手に当たってCKに。

後半22分、ミキッチに代えて柏を投入する。

後半25分、広島のCK。逆サイドに抜けてきたボールをドウグラスが頭で押し込んでゴール。広島が同点に追いつく。

後半27分、青山が裏にパスをだすと、浅野が抜け出すがハンドの判定。

後半30分、清水のクロスははねかえされる。後半31分、柏の折り返しに茶島が後ろから飛び出すが、シュートは右に外れる。

後半34分、柏のクロスは抜けるが、逆サイドからのクロスにドウグラスがヘディングで合わせるがブロックされる。

後半37分、浅野が抜け出すがシュートには持ち込めず。

後半38分、柏のクロスに、浅野がヘディングで合わせるがバーに当たってしまう。この跳ね返りをドウグラスが決めて広島が逆転に成功する。

後半40分、広州のFKは、そのままゴールラインを割る。

後半41分、広島は、清水に代えて佐々木を投入する。

この後も広州の攻撃が続くが、広島が最後までゴールを許さず。試合は、2-1で広島が競り勝った。

戦評

序盤の広州の猛攻では完全に後手に回ってしまった広島だったが、それでも徐々にペースをつかみなおせる辺りは、今の広島の強み。

相手は中2日という事で後半に疲れが出ていたが、広島も連戦続きだった事を考えれば、大差はないはず。広島の方が、うまく選手をローテーション出来たというところだろう。

広州は、疲れからか精彩を欠く選手もあったが、その中でもパウリーニョだけは別格だった気がする。ボール奪取力、読み、ゴール前での迫力すべてでワールドクラスでした。

広島は、今大会はあまりいいところがなかったドウグラスが爆発。最終戦で2発と結果を残しました。

広島は、今シーズンはACLの出場を逃していますが、選手の入れ替えが多い事もありACLではなかなかいい成績を残せていません。チームの習熟度が上がる後半以降であれば、広島の強さは見せれるのかもしれませが、こればっかりは仕方がないところもありますね。

来季のACLでの対戦があるかもしれない広州戦での勝利は一応の自信にはなるでしょう。大陸王者ではなく、開催国王者としての参戦でしたが、アジアNo1の相手に勝った意義は大きいですね。

CWCの3位と言っても、世界3位と言うのはどうかと思いますが、広州に勝ってアジアNo1という言うくらいは許してもいいでしょう。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。