Top > 話題別 > Jリーグ > FUJI XEROX SUPER CUP 2015 ガンバ大阪vs浦和レッズ 決定力で上回ったガンバが一冠
« ACL2015第1節 Jリーグ勢は未勝利スタート | メイン | 2015年シーズン J1順位予想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJI XEROX SUPER CUP 2015 ガンバ大阪vs浦和レッズ 決定力で上回ったガンバが一冠



FUJI XEROX SUPER CUP 2015

FUJI XEROX SUPER CUP2015の中継を録画してテレビ観戦しました。

スーパーカップが開催されて、いよいよJリーグも開幕間近となってきました。昨年のJリーグ王者・天皇杯覇者のガンバ大阪とリーグ戦2位の浦和レッズの対戦となりました。

昨年のJリーグで優勝争いをしましたが、最終的にガンバがうっちゃった形になりました。

試合展開

レッズがボールを動かしていく展開となるが、最初のチャンスはガンバ。ゴール前でのFKのチャンスは西川がしっかりとキャッチして難を逃れる。

その後、交互に攻めあう展開となるが、お互いに決定機は作れない。

前半6分、レッズは、ボールをつないで最後は関根がシュートもブロックされる。さらに、槙野がミドルシュートを狙うがバーの上に外れる。

スポンサードリンク

ガンバは、宇佐美がサイドからクロスをあげるものの中には合わず。

レッズがボール支配率で上回る展開が続くが、なかなか決定機が作れない。13分のFK、さらにCKのチャンスもガンバがしっかりと守りきる。

22分、ガンバは前線の宇佐美にボールが入ったところからボールがつながり最後は倉田がシュートもブロックされてしまう。

レッズは、FK、CKのチャンスがあったもののいずれもゴールにはつながらず。さらに、終盤には再び槙野がミドルシュートも、これもバーの上をこえてしまう。

ガンバはATのFKのチャンス。丹羽がヘディングも枠を外れてしまいゴールならず。前半は、このまま0-0で折り返す。

後半も、レッズがボールを支配する展開となるが、チャンスを作ったのはガンバ。後半8分、ガンバがボールをつないで、最後は明神がミドルシュートを放つ。西川のファインセーブでゴールならずも、いい攻撃だった。

後半11分、レッズは高木に代えてズラタンを投入する。1トップの李がシャドーの位置に回る。
レッズはそのズラタンにボールを集めるが、なかなかチャンスとならない。

ガンバは、後半17分に赤嶺に代えてパトリックを投入する。

後半19分、ゴール前で森脇が浮き球のパスを送ると、関根が裏に飛び出すもののシュートはバーの上を越えてしまう。

ガンバは、後半23分にCKのチャンス。パトリックが競ったボールに宇佐美が反応しシュート。これが決まってガンバが先制点を奪う。

その後、レッズが連続攻撃も、ガンバがしのぎ切る。

後半27分、レッズは梅﨑に代えて武藤を投入する。ガンバは、後半33分に宇佐美に代えてリンスを投入する。

後半34分、リンスが左サイドを突破して、倉田がシュートも防がれる。さらに、35分のガンバのFKは、西川が抑える。

後半41分、レッズは那須に代えて鈴木啓太を投入する。

レッズは、ズラタンを中心に攻撃をしかけるが、ゴールを奪う事が出来ない。

後半45分、ガンバは大森に代えて阿部を投入する。

AT、リンスのシュートは右に外れる。さらに、ガンバのCKは、ヘディングで当てるもバーの上を超える。

レッズの攻撃のチャンスから、ガンバのカウンターとなりパトリックがドリブルで仕掛ける。最初のシュートは相手に当たるが、戻ってきたボールがパトリックに渡り冷静に流し込みゴールを奪う。

パトリックのダメ押し点もあり、このままガンバが2-0で勝利した。

戦評

全体的にはレッズがボール支配率で上回る展開でした。ただ、ガンバはそれでもいいという感じの戦い方だったと思います。

守るところはしっかり守って、攻めるところは攻めるという割り切った戦い方でした。

両チームともACLの初戦では敗れていますが、より影響が大きかったのはレッズの方のような気がします。ACLでもあったセットプレーからの失点は、この試合の失点の場面でも同じような感じでした。

ACLから間隔も短かったという事で、両チームともメンバーを入れ替えてきました。レッズはズラタン、ガンバはパトリックを温存してましたが、流れが変わったのはガンバの方でした。
ただ、全体的には両チームともに、ちょっとした意思の疎通が出来ていない場面が見受けられました。特にレッズはつないでいるところでの小さなミスは結構あったと思います。

まずはガンバが一冠というところですが、これからのACLの戦いもあり、安心はできません。昨年は、スーパーカップを戦った広島と横浜が優勝争いに加われないという展開でしたから。

ただ、今年は2ステージ制という事もあり、ACLグループリーグの影響が大きい1stステージで出遅れても2ndステージで優勝すればという腹積もりはあるのでしょう。

という事でJリーグ開幕まで一週間となりました。楽しみではあります。

関連エントリー
  • 2016年02月25日 ACL2016第1節 Jリーグ勢は1勝1分2敗
    ACL2016は第1節を終わって、Jリーグ勢は1勝1分2敗というスタートとなりました。
  • 2016年02月22日 ACL 2016日程と中継予定
    アジアチャンピオンズリーグ(ACL) 2016年シーズンの日程とテレビ中継のグループリーグの日程とテレビ中継の放送スケジュールをおさらししておこうと思う。
  • 2015年02月24日 ACL 2015日程と中継予定
    いよいよ始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL) 2015年シーズンの日程とテレビ中継のグループリーグの日程とテレビ中継の放送スケジュールをおさらししておこうと思う。
  • 2016年02月21日 FUJI XEROX SUPER CUP 2016 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪 広島が3発快勝
    FUJI XEROX SUPER CUP 2016 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪の試合をテレビ観戦しました。前半は両チームともに無得点でしたが、広範囲入って広島が寿人のゴールで先制。さらに、PKから1点を追加。ガンバは宇佐美の得点で1点を返すが、広島が追加点を上げて3-1で勝利した。
  • 2016年01月02日 第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪 パトリックの2ゴールでガンバが連覇
    第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪の試合をテレビ観戦しました。試合は、ガンバが先制するも、浦和がすぐさま追いつきます。後半にガンバが勝ち越すと、そのまま1-2で逃げ切り勝利し連覇を飾りました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-19~2018-04-25

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6