Topサッカー話 > ジェフ千葉移籍動向その2 両翼はもがれたんじゃない、生え変わったんだ
« 2013年 アクセスの多かった記事トップ20 | メイン | 日本の総合力が試されるグループに W杯2014グループC »

ジェフ千葉移籍動向その2 両翼はもがれたんじゃない、生え変わったんだ

2014年1月 7日

ジェフユナイテッド市原・千葉

前回、なかなか移籍動向が活発でなかったという感じだったので、途中経過という形でジェフ千葉の移籍動向を取り扱ったのですが、その直後から急に慌ただしくなってきました。

という事で、前回以降の移籍動向を追ってみたいと思います。

契約満了

スポンサードリンク

米倉の移籍に関しては既に取扱ましたが(ジェフの至宝 米倉恒貴がガンバ大阪へ移籍)、それ以外の選手に関しても主力級だったり、サブで重要な位置を占めている選手が移籍してしまいました。

久保はレンタルで鳥取に移籍していましたが、戻ってくるのではなく完全移籍で岡山に移籍する事になってしまいました。ケンペス、森本という軸がいるとはいえ、ケンペスもシーズン中に波があるので、久保の存在は大きくなると思っていたのでざんねです。

良太も、契約満了となっていましたが、移籍先が無事に決まりました。おりしも、元チームメイトの孝太といっしょにザスパに所属する事になりました。

GK玉突き移籍というのが話題になっていましたが、まさかジェフにも余波がくるとは思いませんでした。択生が移籍する事になりました。第2GKとして盤石の地位を築いていましたが、リーグ戦の出場が0という事で移籍もやむを得ないというところでしょうか。櫛野も引退して、GKは層が一気に薄くなった感じです。

そして、移籍リストに掲載されていたので、ジェフを出る事が濃厚だと思われていた大介は大分トリニータに行く事になりました。シーズン終盤はベンチ外になっていたとはいえ、先発で出場していた時期もあり必要な選手ではあったのですが、出場機会を求めてというところなんでしょうかね。

峻希は、レッズに戻っても使われるのかどうか怪しいなというところだったんですが、ジェフには残らず、ヴィッセル神戸に移籍する事になりました。神戸には木山さんもいるし、峻希の特徴はわかっているでしょうからね。今年は左SBもやって、プレーの幅を広めたと思うのでジェフへ完全移籍でとも思ってましたが、金銭面で苦しいのでしょうかね。まともに、取り合いになったら神戸には勝てないですね。

米倉も移籍という事で、両SBがJ1の関西勢に移籍という事になりました。SBは攻守に重要なポジションなだけに、結構痛い移籍だったと思います。

峻希は、Twitterに挨拶を残してくれましたね。チャントは結構気に入っていたようです。

新規加入

まさかの択生移籍で、玉突き移籍で高木がやってきました。レンタルですが、GKはとりあえず3人体制には出来ました。出来れば、4人体制にしたいところでしょうが、少し難しいでしょうか!?岡本が通年で働いてくれれば問題ないでしょうが、不測の事態はいつなんどき起こるかわかりませんからね。

中村は昨年山形でレギュラーを張っていただけに完全移籍での加入は以外でした。さらに、柏で有望な選手である山中をレンタルとはいえ移籍してきたのも驚きです。

今年に入って、田代、天野が横浜Fマリノスから加入しました。田代はCB、天野は右SBが本職なようです。

まとめ

ヨネ、峻希が抜けて両翼がもがれたと言われてしまっているジェフですが、新しい両翼が誕生したとも言えます。

左SBには、中村、山中が出来るみたいですし、右SBは天野が入るという事で、頭数的には目処が立ちました。実際、チームとして機能するかはやってみたいとわかりませんが、バランス的には昨年よりいいのかもしれません。

幸い、センターラインはケンペス、町田、健太郎、勇人、慶、智、キム、竹内、岡本と残ってくれそうなので、SBとSHの部分が変わるイメージになるでしょうか!?

まだ、チームの新体制発表会までは時間があるので、もう少し追加で加入選手があるかもしれません。最終的な、チーム編成の振り返りはいづれしてみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。