Top > 話題別 > Jリーグ > 2013年 J1 第34節 FC東京vsベガルタ仙台 前哨戦は東京に軍配
« 日程くんの奇跡 2013年 J1最終節 | メイン | 2013年 J1昇格プレーオフ決勝 京都サンガF.C.vs徳島ヴォルティス 四国にJ1クラブが誕生 »

2013年 J1 第34節 FC東京vsベガルタ仙台 前哨戦は東京に軍配

2013年12月 7日

ベガルタ仙台

2013年 J1第34節 FC東京vsベガルタ仙台の試合を観戦しに味の素スタジアムまで行ってきました。

J1リーグはこれが最終節だが、優勝争いとはまったく関係ない試合。ジェフのアウェイ東京ヴェルディ戦が駒沢開催だった為、今年味の素スタジアムに来るのは初めてとなる。

昨年の天皇杯鹿島アントラーズ戦以来なので約1年ぶりとなった。昨年もこのカードを観戦しているが、同じく最終節だった気がする。

味の素スタジアム

試合前

会場入りしたのは14時半過ぎ。バックスタンド上段のU自由席だったので、ベガルタゴール裏を通過してバックスタンドへ。
途中ベガッ太くんに出くわしたが、あっという間に行ってしまった。

アウェイゴール裏はベガルタサポーターでぎっしりと埋まっていて、開放予定ではなかった上段にも人がいた。後で開放されたのだろうか!?

スポンサードリンク

ベガルタゴール裏

バックスタンド上段は比較的空いていて、両ゴール裏の雰囲気とは大分違っていたが、落ち着いて観るには悪くない環境だった。

お昼ごはんも食べてなかったので、軽く食事をとって落ち着いた頃には選手入場の時間となっていた。

試合経過

両チームにとっては優勝もかかっていない試合ではあったが、FC東京はポポビッチ監督、ルーカスが退団、ベガルタ仙台も手倉森監督が退団するという事で、Jリーグ最終戦で花道をという一戦ではあった。
さらに、両チームは天皇杯でも対戦が決まっており(ユアスタ開催)、その前哨戦としても勝ちたい試合だった。

序盤は、東京が攻勢にでる展開となる。CK、ミドルと仙台を攻め立てる。10分を過ぎた辺りから仙台も反撃を開始する。カウンター気味ではあったが、チャンスに近づくようになる。

前半14分からの仙台の連続CKも、東京が守り切る。それでも、その後は仙台が攻勢に出る時間が多くなる。

前半20分のFKは跳ね返される。その流れからファウルがあり、再度のFKも東京が防ぎきる。

ベガルタ 前半のFKのチャンス

東京はなかなかペースがつかめなかったものの、少ないチャンスもシュートまで持ち込む。

流れは仙台にあったものの得点が奪えず。東京のチャンスもあり気が抜けない。

結局、前半はゴールが生まれず。0-0で折り返す。

後半は、立ち上がりから東京が攻勢に出る展開となる。仙台もなんとか反撃に出たいところだったが、パスミスなどもあり東京に攻め込まれる時間が長くなる。

後半7分には、長谷川のクロスにルーカスが合わせる。やや距離はあったがコースを突くかたちとなりゴールに吸い込まれる。東京が後半の早い時間に先制点を上げた。

東京に傾いた流れはなかなか変えられず。CKで単発のチャンスがあった以外はチャンスが作れない。

仙台は太田に代えてヘベルチを投入する。

仙台は後半25分を回った頃から徐々にチャンスが作れるようになるが、東京も何度もチャンスをつくって五分五分の展開に。

ベガルタ 後半のFKのチャンス

後半34分、蜂須賀に代えて中原を投入し、ロングボールを多く入れるようになる。

仙台は中原が絡んでシュートまで持ち込むもののゴールが奪えない。

逆にアディショナルタイム、ルーカスに代わって入っていた平山が、石川のクロスに頭で合わせてゴールを奪う。

これで、勝負ありとなった。試合はこのまま東京が2-0で勝利を飾り、ルーカス、ポポビッチ監督に花道を作った。

戦評

試合終了後の握手をする両チームの選手たち

前半は仙台、後半は東京がペースを握る形ではあったが、全体としては五分五分の試合だったと思う。

仙台は、チャンスをゴールに繋げられなかったのが痛かった。

逆に、東京はルーカスがいい時間帯にゴールを奪って、平山がとどめを刺すという理想的な展開になった。

仙台のボール回しは、ショートパスというよりも、やや広い間合いでパスを回していく形になっていてJリーグの中でも趣が違うところがある。
元々手倉森監督が堅守からの攻撃というのをやっていた事もあり、細かくパスを回してカウンターをくらうような形は避けたかったというのはあるのだろう。結果的には、ピッチを広く使って攻撃をしかけるという形が出来てきたように思う。
もう少しパススピードがあがれば、相手の対応も難しくなっておもしろいとは思うのだが、そこは個々のスキルの問題もあるのだろう。

東京は、天皇杯でジェフと当たった時もそうだったが、攻勢に出ているときは迫力のある攻撃で怖さもあるが、受け身にまわったときに中々押し返せないところがある感じがした。
この日も前半仙台に押し込まれる展開になってからは、単発でチャンスを作るのが精一杯という状況だった。

天皇杯はユアテックスタジアム仙台での開催という事で、仙台がホームスタジアムで戦えるという点では地の利がある。
ただ、試合展開としてはあまり変わらないのかなという感じもする。仙台としてはチャンスを確実に得点につなげる事が大事になりそうだ。

今シーズン限りでチームを去る両監督にタイトルをというのは両チームにあるだろうし、おもしろい試合にはなるだろう。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。