Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > ジェフ千葉はJ1に上がれるのか!?
« GWにジェフ千葉の練習見学@ユナパ | メイン | 2013年版 Jリーグへ行こう - ジェフ千葉・フクアリ編 »

ジェフ千葉はJ1に上がれるのか!?

2013年5月10日

ジェフユナイテッド市原・千葉

偶然なのかどうかはわからないが、ジェフ千葉に関するコラムが立て続けに公開されてました。

一つは、今年エルゴラで千葉担当でもある菊池正典さんのコラムがスポナビに。もう一つは、これまたお馴染みな西部謙司さんが、フットボールチャンネルでコラムを書いてました。

名門再建へ、J2千葉が抱えるジレンマ|コラム|サッカー|スポーツナビ
そして12年は自動昇格の2位まで勝ち点3差の5位でプレーオフに進出し、決勝まで進みながら、レギュラーシーズンでは順位が下だった大分トリニータに0−1で敗れ、J1昇格を逃した。 ...

まずは、こちらのコラム。昨年のチームに比べて、得点力は上がったものの失点が増えていると言っています。さらに、昨年の同時期よりも成績が悪くなっているとも。

スポンサードリンク

得点力のある、ジャイール、ケンペスが加入した事により得点は増えたが、逆に守備ではハマっていないと。前線からの守備をしてくれていた藤田がいた昨年は、後ろも守り安かったようだが、今年はどうしても前でプレッシャーがかからない分、後ろの負担が大きくなってるとの事。

まだ、ケンペスは前から追ってくれる方だとは思うが、ジャイールは持ち場を離れがちで、カバーリングに入る谷澤や、ナムといったところの負担も大きい。当初は、守備能力の高いキムがジャイールの後ろにいたが、攻撃面ではマイナス面が大きく、CBでありながらもSBとしてはキムよりもなれている大岩がスタメンを勝ち取ってる。もっとも、前にジャイールがいるときの大岩は相当に苦労している印象だが。

なぜジェフ千葉はJ2で苦戦を続けるのか? 方向性なきクラブが持つ不安材料 | フットボールチャンネル


ジェフ千葉は昇格できるか? これが本稿のテーマなのだが、実はこちらが聞きたいぐらいである(笑)。昨季はプレーオフでつかみかけていた昇格の切符を落としてしまった。ただ、プレーオフが導入されていなければ自 ...

続いて、西部さんのコラム。過去3シーズンのコンプセプトはバラバラだったとまず言っています。今年は、鈴木監督が昨年の土台の上にチームを作っているようだとも。

ドワイトが率いた2011年を除くと、日本人3人の監督はいずれも”J1っぽいサッカー”をしているという。

ドワイト監督のシーズンを除くと、千葉を率いた日本人監督(江尻、木山、鈴木)には共通点がある。いずれも“J1っぽいサッカー”をしている。

ただ、これは読み違えてはいけないのは、残念ながら”J1レベルのサッカー”をしていた訳ではないという事だ。
悪く言えば、劣化J1型のサッカーと言ってもいい。J2では大負けはしないが、競り負けるゲームが多かった。

結局のところ、質の伴っていないJ1型のサッカーはJ2では1シーズン通しては通用しないというところだろう。

これは、菊池さんのコラムとも似ているが、ここまでの成績では昨年よりむしろ悪くなっていて、鈴木監督のサッカーはまだ浸透していないとの評価だ。

冒頭にある、「魔の30節」と言っている、30節前後を境に成績が落ち込むのを今年は乗り越えられるのかといったところだが。
これまた、被るがジャイール問題を上げている。ここ数シーズン外国人選手にハズレが多かったジェフにとって当たりといっていい能力をもっているジャイールだが、守備面では穴を開ける事が多い。

もうひとつは”米倉問題”としているが、SBにコンバートされた米倉が開花するかと言ったところ。

西部さんは鍵になる選手は、谷澤とナムと言っている。

質の向上でカギを握っているのは、谷澤達也とナム・スンウではないかと思う。狭いスペースでパスを受けて、崩しにかかるクオリティを持っているからだ。
彼らの活躍でチームのやり方が軌道に乗ってくれば、ベテランの多さは強みに転換できる 。

結構、こうやって見ると指摘としては似通っている部分が多いといった気もしている。

ジャイールという武器をどう使い切るか!?そして、30節の壁を乗り越えられるのか!?

この点に関しては誰もが考えるところだろう。現状、首位のヴィッセル神戸とは勝ち点差9と水を開けられているが、ここ数年序盤戦で首位争いをしていても終盤失速していたことを考えれば、大きな問題ではない。

後半戦に向けてどれだけ伸びしろを多く作れるか!?というところだろう。
ヨネのSBも、ハマれば大きな武器になるし。ここが、途中で頓挫するとシーズン途中でやりなおすのが苦しくなる。

西部さんも言っている通り、ベテラン勢が夏場を通り超えての伸びしろは大きく期待は出来ないだろう。そういう意味では、若手には現レギュラー陣を脅かす存在になってほしいところ。

今季、なかなか試合に出れていない、町田や大塚といったところはシーズンを終える頃には先発に定着しているくらいになってほしいが・・・。

まずは夏場までに上位2チームを狙える順位でいられるか、そして終盤戦でグッと力をつけて最後まで失速せずにシーズンを乗りきれるかというのがJ1昇格に関わってきそうだ。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。