Top > 話題別 > 女子サッカー > 第36回 皇后杯 準決勝 日テレベレーザvsベガルタ仙台レディース
« 2015年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定 | メイン | 第36回 皇后杯 準決勝 浦和レッズレディースvsジェフ千葉レディース 魔の10分間 »

第36回 皇后杯 準決勝 日テレベレーザvsベガルタ仙台レディース

2014年12月29日

2014年皇后杯

第36回 皇后杯 準決勝の観戦で味の素フィールド西が丘まで行ってきました。
ジェフレディースの試合観戦目的でしたが、第一試合から観戦してきました。

日テレベレーザvsベガルタ仙台レディースの対戦となりました。

気温がかなり低く寒さが予想されましたが、日差しがあって思ったよりは寒くなかったですね。

スポンサードリンク

ベガルタ仙台レディース 記念撮影

試合展開

序盤、試合のペースを掴んだのはベガルタレディースでした。チャンスはあったものの、得点を奪う事が出来ず。

すると、徐々にベレーザも押し返してきました。前半30分に、ゴール前でボールを繋ぐと最後は長谷川が決めてベレーザが先制します。

ベガルタレディースは、浜田のクロスから決定機をつかむもののゴールならず。

前半は1-0で折り返します。

後半に入ると、ベレーザが完全にペースをつかみます。それでもベガルタレディースがなんとか追加点を与えずに粘っていました。

後半24分、DFが頭でボールをGKに返そうとしたところ、GKが前に飛び出してきていてそのままゴールに吸い込まれてしまいます。オウンゴールで、ベレーザが追加点をあげます。

結局、ベガルタレディースは攻め手がなく、このままスコアは動かず。

ベレーザが2-0で勝利し決勝進出を決めました。

戦評

試合終了後の整列

ベガルタレディースは準々決勝での大勝もあり、序盤は押し込んでいたのですが、ここで得点出来なかったのが痛かったですね。

前線の浜田は体が強く、ここで起点は作れていたのですが、ゴールに結び着きませんでした。

得点できずに、鮫島のクロスでなんとか打開を図りたいところでしたが、結局得点に結びつかなかったです。

やはり、ベレーザの方が自力が上でしたね。後半の失点は、ミスによるものだったのですが、力の差はあったようにも思います。

ベレーザも優勝を狙うのは久しぶりのようですね。今のベレーザならおもしろい試合になりそうです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。