Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2014年 J2 第41節 ジェフ千葉vsカターレ富山 負けられない一戦での勝利
« 2014年 J2ラスト2 | メイン | 日本vsオーストラリア 後半の2得点で競り勝ち2連勝 »

2014年 J2 第41節 ジェフ千葉vsカターレ富山 負けられない一戦での勝利

2014年11月16日

FUN

2014年 J2 第41節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsカターレ富山の試合をフクダ電子アリーナまで観戦してきました。

この日は、天気がよくて観戦日和となりました。

泣いても笑っても、のこり2節となりました。ジェフの相手はボトム2ではりますが、簡単に勝てる相手ではありません。この2戦でしっかり勝ちきりプレーオフ進出を決めたいところです。

スポンサードリンク

試合前の握手をする選手たち

試合展開

それでは、試合です。ジェフの先発は、GKに高木、CBに智とキム、右SBに慶、左SBに太亮、ボランチに健太郎と兵藤、右SHに井出、左SHに谷澤、トップ下に町田、トップに森本という布陣でした。

健太郎と兵藤というボランチの組み合わせになりました。井出が先発に復帰しています。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第41節 vsカターレ富山 先発フォーメーション
11.森本
28.町田
26.井出
10.兵藤
16.佐藤健
8.谷澤
13.山口慶
20.キム
5.山口智
17.中村
24.高木

序盤から、ジェフが攻勢に出るものの、富山のプレッシャーが厳しくなかなかチャンスが作れません。

前半4分には、状況を打開すべく兵藤がミドルシュートを放つものの枠を外れます。

前半9分、ジェフが左サイドでFKのチャンスも、ボールは大きくラインを割ってしまいます。

富山のプレッシャーが徐々に薄れていくと、少しづつチャンスの数がふえてきます。

前半14分には、町田がミドルシュートも、枠を外れます。

前半17分、ジェフのCKは、跳ね返されたボールをひろって町田がミドルシュートも枠を外れます。

さらに、前半21分にもCKのチャンスも、相手GKのパンチングで逃げられてしまいます。

ジェフのCKのチャンス

前半23分、兵藤のミドルシュートはバーの上を越えてしまいます。

ここから、富山にも、チャンスを作られる場面が増えてきます。
前半23分、富山にシュートを打たれるものの高木の正面となります。

逆に前半29分、ジェフがボールを回して、最後は町田がシュートも枠を外れてしまいます。

前半31分、富山のFKは、直接高木がキャッチします。

その後、谷澤や森本がミドルで狙うもののゴールは生まれず。

前半42分、谷澤がゴールライン沿いを切れこんで折り返すもクリアされてしまいます。

さらに、ジェフのCKのチャンス。ここは、ショートCKから始めるものの、相手に潰されてFKとなります。
FKはクリアされるものの、拾いなおして再度攻め込んだところで相手のハンドでゴール正面でのFKのチャンスとなります。
このFKは、直接狙うものの、壁にあたってしまいます。

前半はスコアレスのまま折り返します。

後半3分、ジェフは左サイドからのFK。森本が頭で合わせるものの枠を外れます。

後半7分、慶の上げたクロスは、合わせきれず。

すると、後半8分、富山がカウンターから、最後はシュートを高木が手に当てて防ぐものの、ボールはゴール方向へ。そのまま吸い込まれて、富山に先制されてしまいます。

さらに、後半10分、富山のカウンターは、同じ形となるものの、今度は高木が抑えて失点を許しません。

すると、後半13分、町田が切れ込んでクロスをあげると森本が頭で合わせてゴールを奪い、同点に追いつきます。

逆転を狙うジェフは、後半15分兵藤のスルーパスに町田が反応するものの追いつけずゴールラインを割ってしまいます。

後半17分、兵藤に代えてケンペスを投入します。町田がボランチに入って、森本とケンペスの2トップとなります。

後半18分、ジェフが左サイドのFK。ヘディングで合わせるもののバーに当ってしまいます。
このボールをひろって、左からのクロスにケンペスが頭で合わせてゴールを奪い、逆転に成功します。

ケンペスのゴール直後

追加点を奪って試合を決めたいジェフでしたが、逆に富山の攻撃に押し込まれる展開が続きます。

後半24分、森本に代えて大岩を投入します。慶がボランチに回って、大岩が右SBに入ります。ケンペスの1トップに戻します。

富山の攻勢が続くものの、なんとか凌ぎ切ります。

後半31分、左サイドからのクロスに谷澤が飛び込むものの、ゴールならず。
このCKからの攻撃は、最後はシュートが枠を外れてしまいます。

富山の攻撃は、相手のシュートの精度もあって無失点で切り抜けます。

後半43分、井出に代えて幸野を投入します。

その後、富山の攻撃を凌ぎ切り、2-1での逆転勝利となりました。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第41節 vsカターレ富山 試合終了時フォーメーション
9.ケンペス
28.町田
33.幸野
13.山口慶
16.佐藤健
8.谷澤
2.大岩
20.キム
5.山口智
17.中村
24.高木

 

戦評

試合後の場内一周

簡単ではないのは、わかっていたでしょうが、やはり苦しい試合となりました。

富山は、引いて守るような形ではなく、前からプレッシャーをかけてくる形でしたが、前半はなかなか前を向かせてもらえずにチャンスがなかなかつくれませんでした。

少しづつ、ボールが回せるようになって、チャンスが増えてきたものの、ミドルシュートで終わる形が多く、決定機はあまり作れませんでした。

ただ、富山の攻撃は精度を欠いていた事もあり、そこまでの怖さはなく、あとは先制すれば楽になるという展開ではありました。

しかし、後半、一発のカウンターで失点を喫してしまいました。簡単に裏を取られてしまいました。しかも、その直後にも同じ形から、あわや失点という場面がありました。

その後、森本、ケンペスのゴールで逆転したものの、富山の攻撃にその後も苦しめられました。

トドメの3点目が取れればよかったのですが、逆転してからはあまりチャンスも作れず。最後までヒヤヒヤしながらの勝利でした。

結局のところ、森本とケンペスの決定力に助けられた形での勝利となりました。後半、ケンペスが出てきて2トップになれば、押しきれるかなというのはありましたが、失点してからの出番となってしまいました。

この日は、山形、大分も勝っており、負ければプレーオフ圏外だっただけに、勝ってよかったというゲームでした。
磐田が山形に負けて、勝ち点差1となっています。

最終節は、21位でJ3との入れ替え戦に臨むカマタマーレ讃岐との対戦です。昨年も、同じくアウェイで鳥取戦でしたが、同じ轍を踏まないようにしなければいけません。

まだ、プレーオフ進出は決定しておらず、最終節の結果次第ではプレーオフ圏外もありえます。その変わり、勝てば3位浮上のチャンスという試合でもあります。

選手評価
GK 高木 6.5
DF 智 5.5
DF キム 6.5
DF 慶 5.5
DF  大岩 6.0
DF 中村 5.5
MF 健太郎 6.0
MF 兵藤 6.0
MF 井出 6.0 
MF 幸野 -
MF 谷澤 6.0
MF 町田 6.0
FW 森本 6.5
FW ケンペス 6.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。