Top > 話題別 > 国際試合ワールドカップ > 2014年W杯 準決勝 オランダvsアルゼンチン 守り合いの120分
« 2014年W杯 準決勝 ブラジルvsドイツ 歴史的惨劇 | メイン | 2014年W杯 3位決定戦 ブラジルvsオランダ オランダが有終3位 »

2014年W杯 準決勝 オランダvsアルゼンチン 守り合いの120分

2014年7月11日

ブラジル ワールドカップ

ブラジルW杯 準決勝 オランダvsアルゼンチンの試合をテレビ観戦しました。
後半のみリアルタイムで観戦。前半は、録画で観戦しました。

前日の、ブラジルvsドイツの影響か、どちらも先制点を許したくないという戦い方でした。

スポンサードリンク
オランダvsアルゼンチン

前半、両チームとも守備で厳しくいく展開です。

お互いに先制点は許したくないという事で手堅い立ち上がりとなりました。

オランダは、ロッペンを軸に素早い攻撃を狙いたいところでしたが、なかなかアルゼンチンがスペースを作らせてくれずに攻撃がハマりません。

アルゼンチンの方も、ボールを奪ってから速い攻撃という感じではなかったので、遅攻ではなかなかオランダの守備を崩せません。

頼みのメッシも、しっかりとデヨングを中心に封じられてしまいます。

それでも、アルゼンチンは、セットプレーからチャンスを作ります。
メッシのFKは、GKがファインセーブでゴールならず。

守備では互角ながらも、攻撃の糸口の見えないオランダに対してアルゼンチンの方がうまくハメている事もありペースを握っている展開となります。

後半に入って、選手を入れ替えながらも、両チームとも一歩も譲りません。

アルゼンチンはペースを握りながらもメッシを封じられ、クロスも跳ね返されてゴールを奪う事が出来ません。

オランダも、シュートまで持ち込む事が出来ず。終了間際のロッペンの突破も止められてしまいます。

延長にもつれ込んだ試合は、決着がつかずPK戦となります。

PK戦では、アルゼンチンが、オランダの1人目、3人目を止めます。
それに対して、アルゼンチンが4人連続でPKを成功させます。

この結果、アルゼンチンが1990年大会以来の決勝進出を決めました。

相手は、その1990年イタリアW杯決勝で敗れたドイツ(当時は西ドイツ)です。

勢いにのるドイツは、試合間隔も1日多く90分で試合を終えているだけに、体力的には有利です。

アルゼンチンは120分戦った上に得点が奪えずPK戦で勝ちあがりました。

アルゼンチンがドイツ相手に雪辱を果たすのか、ドイツがアルゼンチンを粉砕するのか楽しみな決勝になりそうです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。