Top > 話題別 > 日本代表 > 2014年W杯 コートジボワール代表vs日本代表 痛恨の逆転劇で黒星スタート
« 2014年 J2 第18節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 3-0快勝!! | メイン | 2014年W杯 グループリーグ 一巡目 グループA-D »

2014年W杯 コートジボワール代表vs日本代表 痛恨の逆転劇で黒星スタート

2014年6月15日

ブラジル ワールドカップ

2014年ブラジルW杯 日本の初戦コートジボワール戦を迎えました。

NHK総合での生中継を自宅でテレビ観戦しました。完全に寝起きだったので、緊張感自体はありませんでしたが、すぐに代表モードには入れました。

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と森重、右SBに内田、左SBに長友、ボランチに長谷部と山口螢、右SHに岡崎、左SHに香川、トップ下に本田、トップに大迫という布陣でした。

スポンサードリンク
日本代表
vsコートジボワール代表 先発フォーメーション
18.大迫
4.本田
9.岡崎
17.長谷部
16.山口
10.香川
2.内田
6.森重
22.吉田
5.長友
1.川島

日本は幸先良くCKのチャンスを得ますが、ショートコーナーから繋げずチャンスを潰してしまいます。

逆に、コートジボワールが攻勢にでます。セットプレーやカウンターからチャンスを作られますが、ここは凌ぎ切ります。

前半10分を回って、少しづつ日本がチャンスを作りかけるようになります。

前半15分、サイドチェンジから香川に渡り、長友へパス。長友の突破からCKを得ます。
このCKは、岡崎がニアですらすものの、相手がクリアしてスローインとなります。

前半16分、このスローインから中央の本田にボールが渡ると、シュートに持ち込みます。強烈なシュートが決まり日本が先制に成功します。

勢いにのる日本がペースをつかみ始めます。

前半20分、吉田がボールをカットして、そのまま上がっていきます。吉田がクロスボールを頭に当て、こぼれたボールを本田がひろい右サイドをあがってきた内田に預けます。内田が右サイドを突破してシュートも止められてしまいます。

いい流れだった日本ですが、コートジボワールが徐々に攻勢に出始めます。

日本は、ボールロストが多くなかなかチャンスが作れません。

コートジボワールに多くのチャンスを作られるものの、得点は許さず。1点をリードして前半を折り返します。

後半、香川と本田がからんでチャンスになりかかるものの攻め切れません。

逆に、ヤヤ・トゥーレにヘディングを打たれるなどピンチを迎えます。

後半5分、長谷部がサイドからシュートを狙いますが枠の外に外れます。
さらに、山口がミドルシュートを狙うものの、バーの上を越えてしまいます。

後半8分、長谷部に代えて遠藤を投入します。

後半11分、ゴールやや右からのFKのチャンスに本田が蹴るものの跳ね返されます。

後半10分を過ぎると、コートジボワールに立て続けにチャンスをつくられます。

積極的にどんどんしかけてこられて後手に回る場面が多くなります。

後半17分、コートジボワールは温存していたドログバを投入します。

すると、後半19分、コートジボワールは右サイドからクロスを入れると、ボニーが頭で合わせてゴール。同点に追いつかれてしまいます。

さらに、後半21分には、同じく右サイドからのクロスにジェルビーノが頭で合わせます。川島が反応するもののはじききれずゴールに吸い込まれます。これでコートジボワールが逆転され2-1となります。

後半22分、大迫に代えて大久保を投入します。

日本が反撃するものの、なかなか決定機が作れません。

大久保が左サイドにまわり、本田がトップに、香川がトップ下にまわります。

後半35分、日本がボールを回して組み立てると、最後は大久保がシュートも相手に当ってしまいます。

後半36分には、コートジボワールのFK。ドログバがシュートも川島がはじき出します。

後半41分、香川に代えて柿谷を投入します。柿谷がトップ、本田がトップ下、大久保がそのまま左SHにまわります。

日本は吉田を前線に上げてパワープレーにでますが、チャンスを作る事が出来ません。

最後まで、チャンスらしいチャンスを作れず、日本は大事な初戦を落としてしまいました。

 

日本代表
vsコートジボワール代表 試合終了時フォーメーション
11.柿谷
4.本田
9.岡崎
7.遠藤
16.山口
13.大久保
6.内田
6.森重
22.吉田
5.長友
12.西川

戦評

非常にショックの残る敗戦ではありましたが、力のある国との対戦で初戦黒星は想定外ではありません。

立ち上がり、両チームとも慎重に入ったというのはありますが、日本はなかなかスイッチが入りませんでした。

本来ならば、高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪って、どんどんボールを動かしていきたかったはずですが、それが出来ませんでした。

初戦という事で慎重に入ったというのはあるでしょうが、相手にボールを持たれる場面が増えてしまった事で、日本らしいサッカーは鳴りを潜めました。

それでも前半は、本田のシュートで先制点を奪って、悪い流れではなかったと思います。

後半、チャンス自体はありましたが、追加点が奪えませんでした。

相手にボールを持たれる時間が長くなり、いつもなら相手のほうがバテてくるのに、この試合では日本の方に疲労感が目立ちました。

ドログバを入れてギアチェンジをしてきた相手に対応しきれませんでした。立て続けに2失点は非常に悔やまれます。

その後の攻撃もちぐはぐでした。大久保がシュートを打った場面こそ日本がボールを回して、いい流れでしたが、それ意外はなかなからしい攻撃とはなりませんでした。

最後は、慣れないパワープレーでチャンスを作れずに敗戦となりました。

この試合、意図的だったのか、暑さによるものなのかはわかりませんが、いつもの運動量がなかったように思います。

ボールを回しながら組み立てるいつものスタイルが維持出来ませんでした。

結局、相手も日本のパス回しで疲弊する事がなく、後半日本が逆転を許してから反撃する力が残っていませんでした。

親善試合で調子があがってきてた香川の出来があまりよくなく、本田も後半はボールロストが多くなりました。

ただ、この2人だけではなく、全体的にいつもより動けてなかった事を考えると、コンディショニングがうまくいかなかったのかな!?という気もします。

日本が普段やっているサッカーはコンディショイングが第一というところがあるので、このゲームでは動きが重くいつものサッカーではなかったですね。

日本は初戦を落としましたが、次のギリシャ戦がすぐに来ます。ギリシャはコロンビアに3-0で敗れており、日本に勝たないと敗退となります。

得失点差を考えると、出来るだけ多くの得点を奪ってギリシャに勝ちたいところです。

理想としては、コロンビアにはコートジボワールに勝ってもらってグループリーグ突破を決めてもらいたいところです。

日本がギリシャに勝って、コロンビアに勝てれば逆転でのグループリーグ突破は十分にありえます。

ギリシャも3戦全敗は避けたいでしょうから、コートジボワール戦で奮闘してもらって勝ち点を奪えれば、日本にもさらにチャンスが広がるケースもありえます。

まずは、コンディションを整えて、日本の本来のサッカーをやりきってもらいたいところです。まだまだ出来るはずです。

コンディションが整っていつもどおりの戦いが出来る事がまずは大前提です。それが一番勝利に近づく道だと思います。

 

選手評価
GK 川島 5.5
DF 吉田 5.5
DF 森重 6.0
DF 内田 6.0
DF 長友 5.5
MF 長谷部 6.0
MF 山口 6.0
MF 遠藤 5.5
MF 香川 5.0
MF 本田 6.0
FW 岡崎 5.5
FW 大迫 5.5
FW 大久保 5.5
FW 柿谷 -

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。