Topサッカー話 > おめでとうオシム ボスニア・ヘルツェゴヴィナがW杯初出場
« フクアリで結婚式開催に一平くん現る | メイン | 2013年 J2 第37節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 ケンペスハット、森本初ゴールで6発大勝 »

おめでとうオシム ボスニア・ヘルツェゴヴィナがW杯初出場

2013年10月19日

ボスニア・ヘルツェゴヴィナW杯出場

イビツァ・オシム御大の祖国でもあるボスニア・ヘルツェゴヴィナが、W杯初出場を決めたそうです。

クロアチア在住のサッカージャーナリスト長束恭行さんが、写真付きでオシムさんの様子をツイートしていました。

オシムさんは、試合後感涙のあまり目頭をハンカチでおさえていたそうです。

スポンサードリンク

さらにスポーツナビのコラムに、長束さんの記事が掲載されていました。

オシムの目に涙! 悲願達成したボスニア|コラム|サッカー|スポーツナビ
紅葉に色づくカウナスの街は、青色と黄色、そしてサポーターの歌声があふれていた。念願のワールドカップ(W杯)初出場まであと一歩。 ...

そうですね、一時オシムさんは、ボスニアのサッカー協会の体制の3頭体制を解決するための「正常化委員」の委員長に就任し、ボスニアサッカー協会の処分解除に尽力をつくしていました。
そういった苦労もあってのW杯初出場だけに、感激もひとしおだったのかもしれません。

出来れば、ブラジルW杯本大会では、日本とは別のグループに入ってもらいたいところですね。
もし、グループリーグに入ったならば、何か運命的なものを感じてしまいますが、日本ともにグループリーグ突破を目指してもらいところです。

Osim Čestitke(オシムおめでとう)

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。