Top > 話題別 > 日本代表 > コンフェデレーションズカップ2013 日本vsメキシコ 強かったメキシコ!!3戦全敗でブラジルを去る
« 2013年 J2 第20節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 圧倒した前半と停滞した後半 | メイン | イングランド女子vsなでしこジャパン リベンジならずも収穫あり »

コンフェデレーションズカップ2013 日本vsメキシコ 強かったメキシコ!!3戦全敗でブラジルを去る

2013年6月23日

コンフェデレーションズカップ 日本代表vsメキシコ代表

コンフェデレーションズカップ2013 日本代表vsメキシコ代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

ともに2連敗して、決勝トーナメント進出はならなかった日本とメキシコだが、ここで勝ってしっかりとしたインパクトを残したいと思っているはず。

イタリア戦で見せたサッカーが継続できるのか、W杯までの1年間を考えると重要な一戦です。

試合経過

日本の先発は、GKに川島、CBに今野と栗原、右SBに酒井宏樹、左SBに長友、ボランチに遠藤と細貝、右SHに岡崎、左SHに香川、トップ下に本田、トップに前田という布陣だった。

出場停止の長谷部の他に、栗原、酒井を入れ替えてきた。

日本代表
コンフェデレーションズカップ vsメキシコ代表 先発フォーメーション
18.前田
4.本田
9.岡崎
13.細貝
7.遠藤
10.香川
21.酒井宏
16.栗原
15.今野
5.長友
1.川島
スポンサードリンク

序盤は、日本がペースを握る展開となる。

開始4分、ボールを繋いだ日本は、遠藤からのパスを受けた香川が抜け出し、GKの股下を狙うシュート。これは、相手GKが反応しCKとなる。

さらに前半9分のビッグチャンス。右サイドの酒井から本田が中央でボールを受け、岡崎へ。岡崎のボールは相手につつかれて戻されるが、こぼれたボールに遠藤がミドルシュートを狙う。このボールを岡崎がわずかにコースを変えてゴールに吸い込まれる。だが、岡崎がオフサイドと判定されノーゴールに。

日本がボール回してペースを握る展開が続くが、20分を過ぎると徐々にメキシコもボールをつなげるようになる。
エルナンデスがフリーになりかける場面もあり、メキシコにもチャンスが増え始める。

前半36分、ボールをつないで左サイドから入れたボールに本田がダイレクトボレーを狙うが当てきらず。

この辺りからメキシコが完全に主導権を握り始める。日本は素早くロングボールを狙うなどチャンスを作ろうとするが、ゴールには繋がらず。
ボールを繋ぐ事が出来ずにペースを引き戻せない。

メキシコの攻勢をしのいで前半は0-0で終える。

後半に入ってもメキシコの攻勢は変わらず。日本はペースを握れない。

後半9分、メキシコは酒井のブロックを外してクロスを入れる。これに走りこんできた得るんだんですが合わせてゴール。メキシコが先制点を上げる。

後半12分、酒井に代えて内田を投入する。

メキシコの攻撃が続く中、後半15分には前田がシュートに持ち込むが、わずかに枠を捉えきれず。

後半19分、前田に代えて吉田を投入する。トップに本田が入って3バックの形になる。

直後のメキシコのCK。メキシコがボールをすらして、エルナンデスがヘディングで押しこむ。0-2とリードを広げられる。

中々、反撃の糸口が見えない日本。後半31分、長友が負傷の為、中村憲剛と交代する。
今野が左SBに入り、憲剛がトップ下になり、4バックに戻る。

リードを広げたメキシコが引いてブロックを固めた事もあり、日本がボールを回せる時間が増えてくる。日本の攻撃はメキシコが対応していて、中々シュートに持ち込めない。

後半41分、香川が引きつけて逆サイドにクロス。右サイドにひらいていた遠藤からのパスを受けた岡崎がシュート。これがGKが反応するがボールはゴールに吸い込まれる。1-2と1点差となる。

だが、後半45分、内田がエルナンデスを倒したとされPKに。
このPKは川島が気迫のセーブ。こぼれ球もエルナンデスが上に外しゴールを許さない。

アディショナルタイム5分だったが、日本の反撃もゴールには繋がらず。1-2の敗戦となってしまった。

日本代表
コンフェデレーションズカップ vsメキシコ代表 試合終了時フォーメーション
4.本田
14.中村
9.岡崎
13.細貝
7.遠藤
10.香川
6.内田
22.吉田
16.栗原
15.今野
1.川島

戦評

またしてもメキシコの壁を打ち破れなかった。

2005年大会のコンフェデレーションズカップでは1-2で敗戦。
昨年のロンドン五輪では1-3で敗戦。

タイプとしては似たようなタイプで日本にも勝機があると思われていただけに、この差が意外と大きいことを思い知らされる。

序盤、日本がペースを握っている時間帯に先制点が欲しいところだった。あの時間帯、メキシコも日本のボール回しには対応しきれていなかった。

だが、メキシコは試合巧者だった。徐々にボールをつなげるようになったメキシコだったが無理には攻めこまない。じっくりとパスを回しながら自分たちのペースにしていった。
メキシコにボールを回される事で、日本としても守備に回る時間が長くなる。イタリアのときほど前から追いかけてはいなかったが、相手にボールを持たれている状態が長くなると疲労も大きくなる。

日本は、なんとかペースを取り戻そうとするが、結果として攻め急いでしまい簡単に相手にボールを渡す事になってしまった。テレビの解説で福西さんが言っていたように、一旦ボールを回して自分たちのペースに引き戻す必要があったと思う。自陣でもボールをつないで、自分たちがボールを持つ時間を作っておく事も大事だった。

結果として3戦全敗、勝ち点0と厳しい現実を突きつけられ、数字の上で得るものは何もなかった。ただ、チームとして、個々人として出来た事、出来ない事がはっきりとわかったと思う。

コンディションを理由にするのが言い訳がましいようにも思えてしまうが、実際イタリア戦のようなサッカーをするならコンディションがよくないと難しいだろう。
この時期のブラジルは南アフリカとは違って、思ったより暑そうだし、来年のW杯本戦ではグループリーグ3戦+決勝トーナメントを見据えた万全のコンディション作りをしてもらいたい。

7月の東アジアカップはJリーグ勢が中心のメンバーになると言われている。実質的に、今大会のメンバーとはガラリと変わる事になるだろうが、チームとして今後どれだけ底上げ出来るのかが見えてくるだろう。

ちなみに次の国際Aマッチデーは8/14で、宮城スタジアムでのウルグアイ戦となる。コンフェデレーションズカップを戦ったメンバーと東アジアカップを戦ったメンバーが融合を目指す最初の試合になるだろう。この試合、7年ぶりに日本代表の試合を生観戦する事になっており楽しみになってきた。

選手評価
GK 川島 6.5
DF 今野 6.0
DF 栗原 6.0
DF 吉田 5.5
DF 長友 5.5
DF 酒井宏 5.5
DF 内田 5.0
MF 遠藤 6.0
MF 細貝 6.0
MF 中村 -
MF 本田 6.0
FW 香川 5.5
FW 岡崎 6.5
FW 前田 6.0

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。