サッカログ

ホーム
Top > 話題別 > Jリーグ
Topサッカー話

2012年 J1リーグ終了 ガンバ大阪がJ2降格!! 【J特】

J.LEAGUE 20thロゴ

J1リーグ最終節が終わり、J2降格チームとACL出場の3位が決定した。

残留争い

最終節前に、降格の可能性があったのは4チーム、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪、アルビレックス新潟だった。

最終節の結果は以下のとおり。

新潟 4-1 札幌
磐田 2-1 G大阪
C大阪 2-2 川崎
神戸 0-1 広島

スポンサードリンク

この結果、J2に降格したのはヴィッセル神戸とガンバ大阪。アルビレックス新潟は逆転でJ1残留を果たした。

新潟の相手は最下位札幌だったという事もあり、神戸の結果に関わらずガンバとしても勝たないといけない状況だった。

磐田に先制されたものの後半、倉田のゴールで追いついたが、最後は突き放されてまさかの敗戦。

結局、J1最多得点、得失点差でもプラスながらもJ2降格という事になってしまった。

ただ、16位の神戸とともに過去にJ2に降格したクラブの中では最多勝ち点だったとか。J1残留を果たした新潟が勝ち点40と、これまでにないレベルでの残留争いだった。

過去に降格したチームをみても、年間で得点60なんてチームは存在しないし、多くても40点台という事で、ガンバはどうして降格したのか不思議でしょうがないところがある。

ただ、実際に勝ち星を拾えない試合が多かったというのは、失点の多さが原因だろう。勝ちきれなかったゲームが多いのは、どかかしらに問題があるという事で、やはりJ2に降格するのは致し方ないのかなと。

来年、どれだけのメンバーが残るのかはわからないが、J2でも圧倒的な得点力となるかもしれないが、今のままの守備力ではJ2でも通用しないだろう。

ACL出場権

1位 サンフレッチェ広島、2位 ベガルタ仙台が確定していて、残り3位でのACL出場枠がどうなるかというところだったが、前節3位のサガン鳥栖、4位の柏レイソルが敗れ、5位の浦和レッズが勝利した為、逆転で3位になったレッズがACL出場となった。

レッズは、昨年15位からの躍進で3位になったというところで、ペトロビッチ体制が一応の成功を収めたという事だろう。

4位にはこれも逆転で横浜Fマリノスに。天皇杯優勝チームが、レッズだった場合はACL出場権が与えられる。

5位の鳥栖はJ2昇格初昇格の初年度での成績としては過去最高だった(昨年のレイソルは2度目のJ1昇格)。

前の記事へ 次の記事へ