Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 J2 第16節 北海道コンサドーレ札幌vsジェフ千葉 首位札幌を追い詰めるも引き分けに終わる
« キリンカップ2016日本vsブルガリア 7発大勝で初勝利 | メイン | キリンカップ2016日本vsボスニア・ヘルツェゴヴィナ 痛恨の2失点で優勝逃す »

2016年 J2 第16節 北海道コンサドーレ札幌vsジェフ千葉 首位札幌を追い詰めるも引き分けに終わる

2016年6月 6日

REVOLUTION NEXT 25

2016年J2第16節 北海道コンサドーレ札幌vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合を観戦しに札幌ドームまで行ってきました。

初の札幌遠征。札幌ドームも初めての来場となりました。ドームでのサッカー観戦というのはまた、なんとも言えないものがあります。

スポンサードリンク

ジェフは、2連勝を含む無敗で5月を乗り切りましたが、まだ順位的には下の方になっています。首位を走る札幌は6連勝。1試合少ないながらも、勝ち点で抜けています。ジェフとしては、首位独走を防ぐためにも勝ちたい試合です。ただ、札幌ドームは相性が悪く、これまで勝ちがないという場所。勝ち点1でも持ち帰りればというのはあります。

円陣ダッシュ

試合経過

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤とイ、右SBに多々良、左SBに阿部、ボランチにアランダと長澤、右SHに山本、左SHに船山、トップ下に町田、トップにエウトンという布陣でした。井出がベンチ外となり、山本がSHでの出場となっています。

vs北海道コンサドーレ札幌 先発メンバー

前半2分、ジェフのFK。船山が狙うが壁に当たって上に外れます。このCKは、跳ね返したボールを山本が狙うが上に外れる。

前半4分、長澤が持ち上がって、左サイドの船山へ。船山のクロスは、跳ね返されるが。これを山本がひろって右サイドへ展開する。多々良が受けてクロスをあげるが、これはラインを割ってしまう。前半6分、ジェフのCK。エウトンが頭に当てるが、ボールは枠に飛ばず。

前半8分、札幌のCK。内村がヘディングで合わせるが上に外れる。その後、札幌が押し気味に試合を進めるが、稲本が町田へタックルしたさいに脚を痛めてピッチを離れてしまう。

前半16分、ジェフは長澤が右サイドの多々良へぱす。多々良が前にボールをおくってアランダが折り返す。これは相手にあたってはねかえされるが、この浮き球を町田がボレーシュート。これが決まってジェフが先制する。

町田のゴール直後

前半20分、エウトンが右サイドで粘っておりかえす。これには中で合わせられず。流れてきたボールを阿部がダイレクトでミドルシュート。これが決まってジェフが2-0とします。

前半25分、札幌は左からのクロスは流れるが、これをひろって右サイドからクロス。これは、ジェフがはねかえす。さらに、ボールを放り込んでくるが、これも跳ね返す。前半27分、内村がこぼれだまをミドルシュートも上に外れる。

前半28分、阿部が左サイドからアウトサイドでボールを入れるが、エウトンは足に当てるだけとなる。

前半30分、札幌はジュリーニョがワンタッチでシュートも優也がキャッチする。

前半32分、町田、エウトンとつないで、船山が持ち上がってミドルシュートも右に外れる。さらに、前半33分、山本が裏に浮き球をいれるが、町田は当てきれず。

前半35分、札幌のFKは上に外れる。前半38分、札幌が右サイドからクロス。ジュヨンが頭にあてるが、こぼれたボールが内村へ。内村が、ワンフェイクでかわしてシュート。これが決まって2-1とされる。

その後、札幌の攻撃が続くが、なんとかしのぎ切り前半を終える。

後半1分、札幌が左サイドからのクロスを都倉が折り返すが、内村は合わせられず。

後半4分、長澤から右サイドに展開。多々良が右サイドからクロス。町田が狙うが、こぼれたところを山本がシュートも上に外れる。これはオフサイドとなる。

後半6分、札幌のCKは、なんとかクリアする。

後半7分、町田に代えて吉田を投入する。山本がトップ下に入って、吉田が右SHに回る。

後半11分、船山から前にやわらかいボールを送って、吉田がぬけ出すがハンドとなる。後半14分、船山のシュートは相手に当たって上に外れる。ジェフのCKとなる。ニアで近藤がすらすが、吉田は押し込めず。

後半16分、札幌がクロスからのけだすが、これはオフサイドとなる。後半19分、札幌が左サイドからクロス。都倉が頭で合わせるが優也がキャッチする。さらに、後半20分、札幌が右サイドからのクロスに都倉があ合わせるが上に外れる。

後半21分、船山からの折り返しをエウトンが入れる。吉田が頭で合わせるが、枠を外れる。これをひろった船山が折り返す。これはシュートにもっていけず。それでも、こぼれたボールを長澤がシュートもポストに当ててしまう。

後半22分、札幌が左サイドからクロスも優也がキャッチする。後半26分、札幌が右サイドからクロスも、そのままラインを割る。

後半27分、札幌が左サイドから都倉がボールを入れるとヘイスが合わせてゴールを奪う。札幌が同点に追いつく。

後半28分、ゴール前の混戦からこぼれたボールを山本が船山へパス。船山がシュートも相手に当たってGKがキャッチする。

後半31分、エウトンに代えて大久保を投入する。船山がトップに上がって、山本がトップ下、大久保が左SB、阿部が左SHとなる。

後半34分、札幌のFK。優也がパンチングではねかえす。

後半39分、山本に代えて阿道を投入する。

後半40分、阿道が相手と競り合いながらもシュートも、ブロックされる。後半41分、札幌のシュートは優也の正面となる。

後半44分、多々良のクロスに吉田が競るがシュートは打てず。後半46分、ジェフのCKは、ファウルとなる。

後半47分、札幌のFK。ヘイスがヘディングで合わせるが上に外れる。後半49分、阿道が落として船山が受けるがオフサイドに。

試合はこのままゴールは生まれず。2-2の引き分けに終わる。

vs北海道コンサドーレ札幌 試合終了時メンバー

選評

試合終了後の握手をする選手たち

前半の出だしはジェフが好調でした。うまくボールを奪えていました。ジェフが主導権を握る展開だったと思います。そこでゴールが奪えずに、少し札幌が持ち直したかなとおもったところで稲本が負傷しました。丁度、札幌が10人という時間帯ではありましたが、町田がゴールを決めました。DFに当たって浮き球となったところを見事に狙いすましました。やはり、町田のところでゴールを取れるようになると大きいですね。

さらにジェフが畳み掛けます。これまでも、こぼれ球をミドルシュートという場面があった阿部ですが、ドフリーだった上にうまく抑えが効いていました。なんとなく入りそうな気がしましたが、見事に決まりました。

ただ、さすがにこのままでは終わらせてくれませんでした。その後は、札幌に攻め込まれる時間が長くなりました。札幌の攻撃の時間が長くなる中で、ジェフもチャンスは作れていたのですが。札幌に1点を返されてしまいます。ジェフにとっては天敵ともいえる内村でした。ジュヨンのクリアが内村の足元に収まってしまったのが悔やまれます。

後半も札幌ペースでしたが、吉田を投入して、前への推進力はジェフにもありました。ポストに当たる惜しいシュート。あれが決まっていれば、試合をものにできていたと思うともったいないですね。

札幌の同点ゴールは、左サイドからのボールを押し込まれました。中に入れさせたくなかったですね。最後は、お互いに1点を取りたいという展開で、どちらにもチャンスはありましたが、決めきれず。引き分けに終わりました。

試合展開としては残念な展開ではあったのですが、札幌ドームではこれまでまったく勝てていなかったので、勝ち点1でも儲けものといったところでしょう。なにしろ、首位相手に、勝利出来るかもというところまでいった訳ですから。一時期の連敗した頃よりはチーム状態はよくなっているんじゃないでしょうか。

ボランチ全滅の自体から、山本、アランダが復帰。急遽ボランチ起用だった長澤がハマって、町田のトップ下起用にもつながりました。トップで結果が出てきなかった船山のSH起用もここまでは当たっているといっていいでしょう。思わぬ形でチーム状況がよくなってきています。

やはり後は、FW陣に点を決めてもらいたいですね。エウトン、船山、吉田のところが点を量産しないと上位進出は厳しいままです。

ジェフは水曜日にホームで山形と対戦。さらに、日曜日に東京ヴェルディとホームで連戦となります。札幌ドームでの引き分けを意味あるものにするためにもホームでは勝ち続けて欲しいところです。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 近藤 5.5
DF イ 5.5
DF 多々良 6.0 
DF 大久保 5.5
DF 阿部 6.5
MF 町田 6.5 
MF 長澤 6.0
FW 吉田 5.5
FW エウトン 5.5
FW 船山 6.0
FW 阿道 -

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。