TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第31回 「虎松の命」 ネタバレあり感想
« 大人も楽しい「夏休み子ども科学電話相談」まとめのまとめ | メイン | 夏休み仙台巡りは「仙台コニュニティサイクル DATE BIKE」を利用しようかな »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第31回 「虎松の命」 ネタバレあり感想

2017年8月 8日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第31回の感想です。

第31回 「虎松の命」

あらすじ

今川より徳政令を出すように迫られていた直虎(柴咲コウ)。かつて出した徳政令の嘆願を取り消すべく百姓たちが多数今川家臣・関口氏経(矢島健一)の元にやって来たのだった。

スポンサードリンク

この事態にやって来た直虎に対して、政次(高橋一生)は突如刃を向ける。百姓たちが騒ぎ出したのは、直虎がけしかけたからではと。百姓たちは、直虎は関係ないとするが、政次はこの騒ぎの責任もあり徳政令を受け入れるように直虎に迫るのだった。直虎は、政次の「俺を信じろおとわ」の言葉を信じて、徳政令を受け入れるのだった。

直虎は、政次と共に関口の前にでて徳政令を受け入れる事に著名・花押を入れるのだった。一方、政次はこの事態をこれまで聞かされていなかったことを関口に問うのだった。関口は、寿桂尼からの命だと答える。政次は、信用されてなかったのだとするが、これまでどおり今川に仕えるとするのだった。

徳政令を受け入れた、井伊家は取り潰しとなった。この後の事はわからぬとするが、政次らが現れて井伊家の屋敷から追い出される事となるのだった。直虎は、皆を川名の隠れ里へ逃がす事とし、急ぎ虎松(寺田心)たちを向かえに行くのだった。

隠れ里の屋敷に集まった皆を前に直虎はこれからの事を話すのだった。一旦、取り潰しになったが、数ヶ月後には徳川が攻めてくるであろうとし、井伊は徳川とともに関口の首をとり徳川に差し出すと。そして、もう1度井伊をよみがえらせるのだと告げる。
さらに、政次が井伊のために、あえて今川よりの立場にいるとし、今回の事政次はわかっているとするのだった。

駿府へ戻った関口は、氏真(尾上松也)にこの事を報告し、政次を井伊谷の城代へ推薦する。だが、氏真はこれだけでは足らぬとし、井伊家を断絶すべく虎松の首を差し出すようにと申し付けるのだった。関口は、政次に対し城代にする代わりに、虎松の首を差し出すように申し付けるのだった。

一方、直虎は、虎松の命が狙われるのを察知して、虎松を逃がす事とした。傑山(市原隼人)を護衛に、六左衛門(田中美央)を虎松の守りとして三河の地へ虎松は旅立っていくのだった。

一段段落した直虎は、尼姿となり龍潭寺へ井伊の様子を見に出かけるのだった。そこへ虎松の首を差し出す命を受けた政次らがやってくるのだった。政次は虎松の身代わりに子を一人殺めてその首を差し出す事とするのだった。「地獄へは俺が行く」だけ言い残し。
翌日、直虎は首実検のために呼び出される。そこにあった首には厚い化粧がされていた。疱瘡を患っていたために化粧を施したという政次。直虎は泣き崩れて、お経を読み始めるのだった。

井伊での事が気になり南渓(小林薫)の元へやって来ていた龍雲丸(柳楽優弥)。政次が名もなき子を殺めて虎松の身代わりにした事を話すのだった。直虎は、身代わりとなった子を埋葬するため穴をほっていた。龍雲丸は、その子は病気で後がなかったとし、身代わりとなる事で親にはお金が入り喜んでいるだろうと。

虎松の首を差出し井伊谷の城代へとなった政次であった。

感想

既に、直虎には政次は井伊のために今川についている事がしれていた訳で、政次がどういう形で井伊谷を乗っ取るのかという思われていましたが、こういう形に落ち着いたようです。直虎も、一旦井伊を取り潰した後に、関口の首を差し出す事で徳川の配下となり井伊谷を奪還するという事を考えていました。その事は、ほぼ政次も同じように考えていたと思いますが、政次の行動は一切の相談もなく行った事であり、直虎も政次が考えている事を測りかねる事となりました。

虎松の首を差し出すという事は、政次もそこまで考えていたのかどうか!?直虎も、そこまでは及んではいなかったと思いますが、虎松の命が狙われるという事態を想定して逃していた事は大正解でした。政次は、身代わりの子の首を差出して、まんまと井伊谷の城代へと付いた訳です。まさしく、一旦は取り潰された井伊家に代わって、政次が再び井伊家が戻ってくるまでの間守るという意味だったのでしょう。

予告で「地獄へは俺が行く」のセリフがどういう事なのか戦々恐々としていましたが、身代わりの子を殺めた事によるものでした。ただし、その事の報いはいずれ受けるのだろうと、政次も覚悟はしていたのでしょうね。直虎案では、徳川と共に攻め込み関口の首を取るという手はずでしたが、井伊谷に入ったのは関口ではなく政次。これによって、井伊は政次の首を取らねばならぬという事態になるのでしょうか!?

次回には武田の今川領侵攻が始まります。徳川も遠江へ攻め込む事になります。ここで、のちの井伊谷3人衆が徳川方へ寝返る訳ですが、井伊家が政次が実は味方だと知っている事とは関係なく、井伊谷3人衆が味方になってしまうのは政次に取っては誤算だったかもしれません。いよいよ、政次退場まであと僅かとなってきました。そして、井伊谷奪還後には徳川による気賀攻めもあり、龍雲丸たちの動向も気になるところです

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。